logo

◎エイズ募金で(RED)、U2、バンク・オブ・アメリカが提携 スーパーボウルでキックオフ

(RED) 2014年01月24日 16時05分
From 共同通信PRワイヤー

◎エイズ募金で(RED)、U2、バンク・オブ・アメリカが提携 スーパーボウルでキックオフ

AsiaNet 55624
共同JBN 0094 (2014.1.24)

【ニューヨーク2014年1月24日PRN=共同JBN】
*パートナーシップで1000万ドル以上のエイズ募金を目指し、スーパーボウルでU2の新曲ダウンロードを無料提供。

(RED)、ロックグループのU2、バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)は24日、エイズと闘うために1000万ドル以上を集める提携関係を結んだと発表した。詳細はウェブサイト、www.bankofamerica.com/REDを参照。

(Photo: リンク
(Logo: リンク

提携関係は2月2日開催のスーパーボウルで、U2が新曲「Invisible」を披露するコマーシャルでキックオフされる。新曲はiTunes限定版として、試合中とその後の24時間、無料でにダウンロードできる。バンク・オブ・アメリカはこの間、最高200万ドルに達するまでダウンロード1回ごとに1ドルずつ、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria)に寄付する。同基金は最貧国の数千万人のために、命を救うHIV/エイズ治療、検査、予防サービスを提供している。

(RED)は2006年、エイズと闘う企業の寄付を募るためU2のリードシンガー、ボーノ氏とボビー・シュライバー氏が創設して以来、同基金のためすでに2億4000万ドル以上を調達した。バンク・オブ・アメリカの追加拠出は、(RED)募金の2億5000万ドル超えに寄与する。

ボーノ氏は「バンク・オブ・アメリカがエイズ撲滅に取り組む基金を支援する(RED)のパートナーになるというのは素晴らしいニュース。数百万ドル生み出すだけでなく、これまで3500万人の命を奪った悲惨な世界的流行病を終わらせるために、意識を高めて世論の圧力を保ち、形勢を一変させる。同行の1000万ドル拠出表明はゲイツ財団(Gates Foundation)、SAP、モツェペ財団(Africa's Motsepe Family)の計2200万ドルに匹敵する。大変なことだ」と語った。

このイニシアチブ成功の決め手は、バンク・オブ・アメリカの膨大な顧客基盤と24万人以上の従業員の意識を高め、2015年までにHIV母子感染を撲滅する国際的取り組みの重大な局面で彼らに行動を起こす機会を与えることである。銀行営業の約5100店とATM1万6300台のネットワークにより米国の2世帯中1世帯にサービスを提供しているバンク・オブ・アメリカは世界最大級の閲覧者がいるウェブサイトを持っており、オンラインバンキングの顧客3000万人以上、モバイル顧客1400万人を抱えている。

バンク・オブ・アメリカのブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は「すべてのリソースを米国と世界中の顧客サービスにささげるように、その能力をエイズと闘う(RED)と世界の保健社会に使う。最も重要なことは、顧客と従業員の戦列参加を奨励していることだ」と語った。

(RED)基金はガーナ、ケニア、レソト、ルワンダ、南アフリカ、スワジランド、タンザニア、ザンビアのアフリカの8カ国でエイズと闘っており、HIV母子感染の撲滅と「エイズのない世代」実現に焦点を当てて治療、検査、予防を与えるHIV/エイズ助成を支援している。(RED)が集めた2億4000万ドル余の100%が直接、現場サービス向けに世界基金に渡され、(RED)は一切経費を取らない。(RED)とバンク・オブ・アメリカはじめスターバックス(Starbucks)、Appleなどのパートナーは国連ミレニアム開発目標(UN Millennium Development Goals、リンク)に従い、2015年までに致死性HIVウイルスの母子感染を撲滅する国際運動で団結している。

世界エイズ・結核・マラリア対策基金のマーク・ダイブル事務局長は「エイズ撲滅の闘いに切望されていた資金と啓発をもたらす革新的提携について、バンク・オブ・アメリカ、(RED)、U2に感謝したい。この提携は今後数年にわたり多大な影響を与えるだろう」と語った。

▽(RED)(商標)について
(RED)は2006年、ボーノ氏とボビー・シュライバー氏によって創設され、エイズ撲滅に向けた闘いに企業や人々の参加を促している。(RED)は、(RED)ブランドを付けた商品・サービス収益の最大50%を世界基金に寄付する世界で最もアイコニックなブランドと提携している。パートナーはApple、スターバックス(Starbucks)、コカ・コーラ(The Coca-Cola Company)、Beats by Dr. Dre、ベルベデール(Belvedere)、Claro、SAP、Telcel、Live Nation Entertainmentなどである。(RED) Special Editionパートナーには、Jonathan Adler、Theory、 HEAD、Kidrobot、Mophie、FEED、Sir Richard's Condom Company、Shazam、Girl Skateboards、ナンダホム(Nanda Home)、Bottletop、ファットボーイ(Fatboy USA)、Bed Bath & BeyondShazamが含まれている。

(RED)は現時点で、世界エイズ・結核・マラリア対策基金のために2億4000万ドル以上を集め、ガーナ、ケニア、レソト、ルワンダ、南アフリカ、スワジランド、タンザニア、ザンビアのHIV/エイズ援助資金をサポートしている。その全額が現場の作業に拠出され、経費は計上していない。(RED)がサポートする世界基金は、予防、治療、カウンセリング、HIV検査、看護サービスに使用され、4000万人以上の人々が恩恵を受けている。

(RED)はThe ONE Campaignの一部門。詳細は公式ウェブサイト、リンクを参照。

▽世界エイズ・結核・マラリア対策基金(The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria)について
同基金は国際的な資金提供機関であり、HIV、エイズ、結核、マラリアを予防、治療するために必要な財源を集め、分配することを目的としている。基金は、困窮する人々に手を差し伸べるうえで最も効果的な方法として、政府、市民社会、民間部門、被災地域が協調関係を築くことを推進する。この革新的な取り組みは、国家のオーナーシップと実績ベースの資金提供に依存しており、支援を必要とする国の人々が自らの優先度に基づくプログラムを実行、基金は検証可能な成果が上がるところに資金を提供している。

基金は2002年の創設以来、140カ国以上の1000を超えるプログラムを支援、610万人のエイズ治療、1120万人の結核治療、3億6000万人のマラリア予防防虫処理を実施した。基金はこれらの疾病に対処する現在の取り組みを補完するため、他の組織と双務、多角的に緊密な協力を進めている。

▽バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)について
バンク・オブ・アメリカは世界最大級の金融機関で、個人顧客、中小企業、大企業に対し銀行、投資、資産管理、その他の金融・リスク管理各分野の商品・サービスを提供している。同社は米国で比類のない便宜を図り、銀行営業の約5100店、ATM約1万6300カ所を通じて約5000万人の顧客、小企業にサービスしている。また、受賞歴あるオンラインバンキングに3000万人のアクティブユーザー、加えて1400万人以上のモバイルユーザーを擁している。バンク・オブ・アメリカは世界の大手資産管理会社で、各国企業、政府、組織、個人に対する企業金融、投資銀行業務、広範な資産区分取引のグローバルリーダーである。バンク・オブ・アメリカは革新的で使いやすい一連のオンライン製品・サービスを通じて、小企業主約300万人に業界トップ級のサポートを提供している。同行は40カ国以上で営業を展開、顧客に仕えている。バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション(Bank of America Corporation)の株式(NYSE: BAC)はニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されている。

ソース:(RED)

▽問い合わせ先
T.J. Crawford, Bank of America
+1-646-855-3301

Huw Davies, (RED)
+1-914-217-9179

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。