logo

ウルシステムズ、業務向けNoSQLクラウドサービスBlueRabbit事業を本格開始

~トランザクション機能と自動運用機能を国内主要クラウド上で実現~

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、高速でスケーラブルなNoSQLデータベースにトランザクション機能と自動運用機能を付加し、国内の主要なクラウド上で利用できるサービス「BlueRabbitTM」を開発し、本日より販売を開始したことを発表します。高価なRDBMSは必要なく、安価で高速なNoSQL上に業務システムを構築し、任意のクラウド上で自動運用できます。

これまでの商用のRDBMSは価格が高い上にスケールアウトしづらい問題がありました。この点NoSQLはスケーラビリティが高いもののトランザクション処理に不向きなため、在庫やポイント計算などの業務処理ができない課題がありました。そこでウルシステムズは、スケーラブルなNoSQL上にトランザクション処理機能を実装し、業務向けの分散処理システムとして利用できる「BlueRabbit」を開発しました。国内の主要なクラウドに対応、自動運用や監視機能も付加することで、24時間365日の運用にも耐えられます。

「BlueRabbit」はNanaHoshiTM(データベース)とRabbitScopeTM(運用監視)から構成され、主な機能は以下の通りです(詳細はリンク)。
(1)NanaHoshiデータベース
・NoSQL上でのトランザクション処理機能
・NoSQLデータの高速検索やソート機能
・スケーラブルな更新処理
・マルチデータセンター対応(災害対策、冗長化)
(2)RabbitScope
・サーバの自動運用監視
・電話でのアラート、電話のみでの自動運用指示(PhoneHook機能)
・障害・対応履歴管理

「BlueRabbit」が現在対応しているNoSQLデータベースはApache Cassandraで、今後ニーズに応じて順次追加していく予定です。導入環境はクラウドに加え、オンプレミスにも対応しています。既にM2Mなどのビッグデータ処理やECシステム等での先行導入実績があります。

今回の「BlueRabbit」販売開始にあたり、株式会社オールブルー 代表取締役社長 助野太祐様は次のように述べています。「株式会社オールブルーのTokyo Girls’ Update WEB storeは、BlueRabbit技術を全面採用しています。突然の高負荷にも耐えられる商用クラウドサービスに加え、越境ECも可能になるなど大変満足しています。これからもウルシステムズの技術に期待しています。」

ウルシステムズは今後も、お客様側を支援する戦略的ITコンサルティングで、お客様の事業に貢献してまいります。

用語解説

※各社の会社名、製品名およびサービス名等は、それぞれ各社の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。