logo

新・お台場Running ミラソン お台場チャリティランフェスタ2014

NPO法人ホープワールドワイド・ジャパン 2014年01月23日 19時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年1月23日

認定NPO法人ホープワールドワイド・ジャパン

新・お台場Running ミラソン
未来に向かってみんなで走ろう、防ごう精神疾患、増やそう就労支援!
お台場チャリティランフェスタ2014
公式サポーター 千葉真子

いっしょに走ろうと、あの娘はいった。

ミラソンとは、未来に向かって走る人たちのためのチャリティマラソンです。

認定NPO法人ホープワールドワイド・ジャパン(東京都渋谷区 代表 加藤敦)は、今年5月24日(土)に、お台場にあるシンボルプロムナード公園にて、ミラソン・お台場チャリティランフェスタ2014と題してチャリティマラソン大会を開催することを決定しました。大会の目的は、精神疾患の予防と障がいを抱えた方のための就労支援で、ランニングイベントで行われるのは、国内で初めて(※1)の試みになります。大会の規模は、参加予定者数3,400名を見込んでいます。後援は東京商工会議所、臨海副都心まちづくり協議会他が決まっており、ゲストに千葉真子さんを招聘し、当日の会場では福祉施設の出店を始め、トークショーやチャリティオークションなどを行い、大会を盛り上げます。

※1 精神疾患の予防や精神障害者就労を支援するランニングイベントでは国内初となります。

< 大会の目的 >
全国の障がいを抱えた方の雇用対象者数は、320万人以上。そのうち精神障がいを抱えた方は180万人を超えました(厚生労働省調べ)。実に、障がいを抱えた雇用対象者の10人のうち6人が、なんらかの精神障がいを抱えた方になります。
この大会は、社会人の中で近年急増している精神疾患の予防と一般企業への就職が難しい精神障がいを抱えた方の就労を応援するためのランニングイベントになります。この大会によって、うつ病やパニック障害、統合失調症などの精神疾患に対する理解が広まること、また精神障がいを抱えた方の就労支援のニーズを知ってもらうことで、社会に新しいアクションを促すことを狙いにしています。また、ランナーの参加費から生まれた収益金の一部は、都内の就労支援施設の開設に役立てられます。

< 大会の概要 >
大会の種目は、親子2km、5km,10kmの3種目になります。また、ランニングと同時に会場内のセンター広場では、ウェルフェアーマーケットが開催されます。これは、障がいを抱えた方が働く福祉施設の商品の購入やプレゼンテーションを楽しむことができます。特設ステージでは、トークショーやパフォーマンスなども行われ、ランナーの仲間や家族と一緒に楽しめるイベントを盛り込んでいます。
参加希望者は、ランネット、スポーツエントリー、スポーツワン、JTBスポーツステーションの各エントリーサイトから申し込みが可能です。先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

なお、大会の内容については予告なく変更する場合はございます。最新情報は、大会公式ホームページでご確認ください。
詳しくは、公式HP www.charityrun.jp リンク

< NPO法人ホープワールドワイド・ジャパンについて >
 ホープワールドワイド・ジャパンは、1999年6月に東京都から特定非営利活動法人(NPO)として認められた慈善活動団体です。 アメリカ合衆国ペンシルベニア州に本部を置く【 HOPE worldwide 】(※国連の特別諮問機関として公認されている)と協力して、「隣人を愛する」という精神を基に、国内外で幅広く活動を行っています。また、2013年03月14日に「認定NPO法人」として認定を受けました。
現在、日本国内では、主に、障がい者就労支援事業、東日本大震災の被災地支援活動、チャリティーコンサートを通じてカンボジア・シアヌーク病院ホープ医療センターへの経済支援などに取り組んでいます。

< お問い合わせ >
取材、協賛、ブース出店、エントリーに関してのお問い合わせ

お台場チャリティランフェスタ大会実行委員会 担当 平山
認定NPO法人ホープワールドワイド・ジャパン事務局
東京都渋谷区富ヶ谷1-30-17
TEL: 03-3460-4430
(祝祭日を除く月曜~金曜10:00-17:00)
e-mail:  info@hopewwj.org mailto:info@hopewwj.org



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事