logo

エヌシーアイ、セキュリティ認証サービス「ZETA Security Auth」をリリース「不正アクセス防御」「ログイン時の利便性向上」を実現するOTP認証/SSOサービスを提供開始

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河村 八弘)のグループ会社であるエヌシーアイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本 晃秀、以下、エヌシーアイ)は、同社の提供するプライベートクラウドサービス「ZETA Cloud Private」や他社サービス(IaaS/SaaS)の管理ポータル画面へアクセスする際のセキュリティ強度を高めるため、OTPを用いた認証サービス「ZETA Security Auth」の提供を2014年1月22日から開始します。悪意のある第三者が各管理ポータル画面へ不正にアクセスし、仮想サーバやユーザの作成、削除、編集などの作業を実行されてしまう脅威を未然に防ぎます。
Webコンテンツなど、インターネットに公開されているデータをレンタルサーバやクラウドに預ける場合は、管理ポータル画面へのアクセスをIDとパスワードのみで制御することに大きな不安はありません。しかし、企業の基幹システムや個人情報データベースなど秘匿性の高いデータを預けるプライベートクラウドの場合、上記と同様のセキュリティレベルでは足りないと考える企業は少なくありません。

エヌシーアイは、こうした世情やお客様の懸念点を払拭するべく企業の重要なデータが保存されるプライベートクラウド「ZETA Cloud Private」の管理ポータル画面へアクセスする際はIDとパスワードのみでログイン認証を行うのではなく、OTPを加えた二要素認証を必要とするセキュリティサービスを提供開始します。また、SSO機能も実装しているため、同社の提供する複数のサービスや仮想サーバ上で稼働している複数のアプリケーションへのログインを一つのID、パスワードで実行できます。これにより、お客様は、セキュリティと利便性の2つを手に入れることができます。さらに、ZETA Security Authは他社のサービス(IaaS/SaaS)やオンプレミスで管理している物理サーバへのアクセスにも対応しています(一部将来対応予定)。
※OTPとは、ワンタイムパスワードの略でコンピュータにアクセスする人が正規のユーザがどうかを検証する認証技術のうちの一つで、一度利用したパスワードは再び利用することができないので「使い捨てパスワード」とも呼ばれます。
※SSOとは、シングルサインオンの略で一度の認証によって複数のコンピュータ上のサービス、アプリケーションが利用可能になる認証機能です。
■導入決定企業
 正式リリース前に数社のエンタープライズ企業が導入を決定
 ・大手デジタルマーケティング事業者が従業員の認証基盤として社内インフラへ採用
 ・大手電気通信機器系商社がOffice 365、Google Apps他、クラウド型サービスの認証強化およびSSOとして採用
 他数社
 
■販売パートナー企業
 本サービスの販売パートナーとしてOTPハードウェア提供事業者である大手印刷事業者と提携。また販売パートナーとして以下の数社が販売代理契約締結を決定
 ・EC事業者支援(SEO、広告運営、ECシステム構築)サービス事業者
 ・日本、アジアを中心にクラウドサービス、海外進出支援を行う事業者
 他数社

■ZETA Security Auth特長
 ・セーフネット社の技術を採用
ZETA Security Authは米国において30年の実績を持ち、二要素認証ソリューションのリーディングカンパニーであるセーフネットの技術に支えられています。

本発表に際し、日本セーフネット株式会社の酒匂潔代表取締役社長より以下のコメントをいただいております。

「セーフネット社は、ガートナー・マジック・クアドラントのユーザ認証部門において3年連続でリーダーとして位置付けられ、2014年のレポートにおいては先進性と実行力の総合力において最も高い評価を得ています。セーフネットの認証ソリューションは、クラウドサービスだけではなく、企業内部の認証も同時に管理できる革新的なクラウド型認証ソリューションです。ZETA Cloudと組み合わせることで、更に日本のクラウド市場に融合しやすいソリューションとなり、ZETA Security Authの立ち上げを心より歓迎申し上げます。また、引き続き先進性の高いソリューションをご提供できるよう注力してまいります。」

・エヌシーアイが提供するサービスの管理ポータル画面へセキュアなアクセス
プライベートクラウド、バックアップサービスで提供される管理ポータル画面へアクセスする際に、OTPを発行し、セキュアな接続を実現します。
 
・他社が提供するサービスへセキュアなアクセスも可能
   エヌシーアイが提供するサービスのみならず他社のIaaSやSaaSでも認証サービスを利用可能です。

・SSO機能実装による利便性向上
ZETA Security Authに接続した複数の各種ポータル、サービスへのログインを一つのID、パスワードで実行可能。それぞれへアクセスする度にID、パスワードを入力する手間を省きます。

・トークンはハードウェア、ソフトウェアの両方に対応
トークンの提供形態にはキーホルダー型の物理トークンとアプリケーション形式のソフトウェアトークンがありますが、ZETA Security Authはいずれも利用可能です。

・既設のActive DirectoryやLDAPとの連携も可能
本サービスを利用し、企業が既設のディレクトリサービスと連携することも可能です。


■エヌシーアイ利用者限定無料サービス

エヌシーアイのサービスをご利用の方限定に本認証サービスを無料で提供します(1契約につき3名のシステム管理者まで)。これにより、お客様はセキュリティ強化のために新たな投資の必要はありません。4名以上のシステム管理者、またはシステムや仮想サーバ上のアプリケーションのユーザがOTPやSSO機能の利用を希望する方には有償にて提供します。



■ZETA Security Auth詳細
 URL:リンク



以上
【エヌシーアイ株式会社 会社概要】
商号 : エヌシーアイ株式会社
設立 : 1997年1月9日
代 表 者 : 代表取締役社長 橋本 晃秀
所 在 地 : 東京都千代田区二番町3番地5
資 本 金 : 100,000千円(2013年12月末現在)
Webサイト : リンク
事業内容 : 日商エレクトロニクスグループにて、クラウド/データセンター、システムマネジメント事業を担う、サービス事業者です。システムマネジメントサービスにおいては1999年よりサービスを開始しており、現在までに5,000ノード以上のシステム運用実績を保有しております。2012年に石狩データセンターの開所とプライベートクラウド『ZETA Cloud』の立ち上げを行い、クラウド事業に本格参入し、現在までにエンタープライズのお客様を中心に各種サービスをご利用いただいております。

【本件に関するお問い合わせ先】

◆エヌシーアイ株式会社 
サービス企画部 西村/下野
TEL  :03-6272-3494
E-mail:pr@nisshoci.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。