logo

鳥取県と東京の実行委員会が手を組んで、鹿肉の普及キャンペーンを展開!

鳥取県 2014年01月21日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年1月21日

鳥取県鳥取県商工労働部兼農林水産部
市場開拓局食のみやこ推進課

鳥取県と東京の実行委員会が手を組んで、鹿肉の普及キャンペーンを展開!

東京の実行委員会事務局(NPO法人ビーグッドカフェ:代表理事 シキタ純)が、鳥取県市場開拓局食のみやこ推進課と共同で鹿肉の普及キャンペーンをスタート!

日本に於けるジビエ料理の普及と、中山間地域の活性化を目的とした「旨いぞ!ニッポン」実行委員会が、2014年1月24日から『ジビエ2014冬』と題し、鹿肉キャンペーンを展開します。東京ミッドタウンの有力レストラン他が参加し、旨い鹿肉料理をご提供します。

鹿や猪を食すジビエ料理は、ヨーロッパでは広く愛される食文化です。特にワインに合う贅沢な味わいは愛好家を魅了しつづけています。一方、日本ではまだまだジビエ料理は普及しておらず、野山を荒らす鹿や猪は単に悪者扱いされているに過ぎません。実際、全国の野生動物による農作物の被害はここ数年200億円前後を推移しており、捕獲頭数は年間45万頭以上で増加の一途をたどっています。

キャンペーン名:  鹿肉普及キャンペーン『ジビエ2014 冬』
目   的  : 鳥取県産鹿肉を使ったジビエ料理を参加各店にて提供することを通して、野生鳥獣
         料理『ジビエ』の定着を図り、同時に鳥取県産ジビエ食材の普及を図る。
主   催  : 旨いぞ!ニッポン実行委員会事務局(NPO法人ビーグッドカフェ)
共   催  : 鳥取県市場開拓局食のみやこ推進課
期   間  : 2014年1月24日(金)~2月16日(日) ※参加各店で異なります。
U R L   :リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。