logo

クエステトラ: クラウド型ワークフロー、マッシュアップ機能を強化

~Force.com 等の OAuth 2.0 リソースにもアクセス可能に~

SaaSベンダーの株式会社クエステトラ(京都市、代表執行役CEO今村元一)は1月20日、クラウド型ワークフロー製品である 『Questetra BPM Suite』 の新バージョン9.8を公開しました。新バージョンでは「アクセス権を要するAPI」との通信も自動化できる様になります。例えば、ワークフロー内で承認された原稿が外部Blogシステムに自動投稿される仕組みを簡単に構築できるようになります。

サンプル画像⇒ リンク

【Questetra BPM Suite とは】
『Questetra BPM Suite』 は、業務データをクラウド上で受け渡しできるワークフロー製品です。業務効率化と内部統制強化に貢献します。業務ルールや業務の流れをDrag&Dropの簡単操作で設定変更できるという大きな特徴があり、稟議フロー・翻訳フロー・クレーム対応フローと言った複雑な業務プロセスを、継続的に改善し続けることが出来るようになります。

【新機能「OAuth 2.0 クライアント機能」について】
ワークフロー工程の途中にイベントアイコンを配置すると、外部システムとのREST通信が自動化される様になります。例えばForce.com API や Google APIと言った外部システムとの接続設定を行うことで、人手を介さない業務データの送受信が可能となります。これまでも「アクセス制限のないAPIとの接続機能」や「Google Drive へのファイル出力等の用途限定的な接続機能」は利用可能でしたが、今回の「OAuth 2.0 クライアント機能」により様々な「OAuth 2.0 リソースサーバ」にアクセスすることが可能となり、更に柔軟なシステム連携(マッシュアップ)を実現できる様になりました。具体的な接続設定方法や活用事例については、今後無料サンプルとして順次公開する予定です。 リンク

【その他の改良について】
新バージョン9.8では、「OAuth 2.0 クライアント機能」以外にも様々な改良を行っております。

<フォーム開始機能のファイル添付対応>
ホームページ等に「申込フォーム」や「問合フォーム」を埋め込み、その入力内容を直接ワークフローに取り込むことができる 『フォーム開始機能』 (v9.7)が、ファイル添付にも対応しました。ファイル添付が必要な公募等にも活用できるようになります。

<正規表現による入力チェック>
文字列型の入力項目において、「正規表現」 を用いた入力チェックが可能となりました。必須設定や文字数制限などと組み合わせる事で、正確なデータ入力が必要な業務システムを簡単に構築できるようになります。

<データ自動編集機能のスクリプトチェック>
複雑なデータ加工ができる自動処理工程 『スクリプトタスク』 において、スクリプト設定時に 「ECMAスクリプト」 の文法エラーを検知できるようになりました。自動処理工程の改善サイクルを効率よく実施できるようになります。

<社内SNS機能の折り畳み表示>
ワークフロー内の業務データと連携できる社内SNS機能 『タスクフィード』 において、長文投稿が自動的に折りたたまれる様になりました。チーム内の業務コミュニケーションが、より俯瞰しやすくなります。

★新機能の詳細については、リリースノートを御参照ください。
Ver. 9.8 リリースノート: リンク

【今後の機能改良について】
「クラウド・コンピューティング」は国内外ともにその普及期に入ったと言えます。特にSaaS分野では、電子メール・グループウェア・CRM(顧客管理)など多くのコンピュータシステムにおいて、「所有から利用へ」のシフトが加速しています。100か国4000社(無料版含む)のお客様にご利用して頂くまでに成長したクラウド型ワークフロー『Questetra BPM Suite』は、次期メジャーバージョン「Ver10」において、業務進捗や処理実績をより簡単に把握できる機能を強化していく計画です。

【クエステトラ社について】
株式会社クエステトラは京都にある SaaS BPM ベンダーです。世界中のビジネスプロセスを最適化します。
商号: 株式会社クエステトラ (Questetra, Inc.)
代表: 代表執行役CEO 今村 元一
所在地: 京都市中京区御池通間之町東入高宮町206 御池ビル4階
設立: 2008年4月
資本金: 1億8250万円
URL: リンク

本プレスリリースに関する問い合わせ: pr@questetra.com or 075-205-5007

このプレスリリースの付帯情報

業務データ送受信の自動化

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事