logo

【12月27日まで】受験生応援セールスタート! 赤本アプリ「センター赤本 - 英語リスニング過去問」 

株式会社 世界思想社教学社 2013年12月13日 21時08分
From PR TIMES

倍速機能を使ったトレーニングで本番に備えよう!



 「大学入試シリーズ」(通称“赤本”)でおなじみの図書出版・教学社(京都市左京区)は、スマートフォンアプリ『センター赤本 - 英語リスニング過去問』をリリースいたしました( iOS版:2013年11月18日/Android版:2013年12月13日 )。
 これまでに実施されたセンター試験リスニングの問題がすべて解けるほか、4段階の再生スピード調整機能つきで、ナチュラルスピードの英語が確実に聞き取れるレベルまで鍛え上げます。


■センター試験直前、受験生応援セールを実施します!
 2014年1月のセンター試験まであと1カ月ちょっと。そこでラストスパートをかける受験生のため「受験生応援セール」を実施いたします。アプリ内の有料コンテンツがすべて半額に。このお得な機会にぜひセンターリスニングの過去問をダウンロードしてください。

■セール内容
 アプリ内で有料のすべての試験が、半額となります。

・2013年度本試験 無料→無料
・2013年度追試験 200円→100円
・2012年度本試験 200円→100円
・2012年度追試験 200円→100円
・2011年度本試験 200円→100円
・2011年度追試験 200円→100円
・2010年度本試験 200円→100円
・2010年度追試験 200円→100円
・2009年度本試験 200円→100円
・2009年度追試験 200円→100円
・2008年度本試験 200円→100円
・2008年度追試験 200円→100円
・2007年度本試験 200円→100円
・2007年度追試験 200円→100円
・2006年度本試験 200円→100円
・2006年度追試験 200円→100円
・試行テスト    200円→100円
・全ての試験をまとめて購入 2,000円→1,000円


実施期間:2013年12月13日21時から27日13時まで
対象アプリ:「センター赤本 - 英語リスニング過去問」
App Store : リンク
Playストア:リンク


商品紹介

■ついに登場!アプリで赤本
センター試験“リスニング”の過去問がアプリになりました。
リスニングの学習でいちばん大切なのは、とにかくたくさん聞いて、英語に耳を慣らすこと。赤本アプリは臨場感たっぷりの過去問演習が行えるだけでなく、再生スピード調整機能や放送内容を目で追える機能など、アプリだからできた充実の機能でリスニング力を徹底的に鍛えます。

■全17回(425問) 実施されたすべての問題が解ける!
これまで「リスニングの過去問をもっとたくさん解きたいのに手に入らない!」という声が多くありました。このアプリでは、リスニングテストが導入された 2006年度から最新の2013年度まで、すべての問題(本試験・追試験+試行テスト)をアドオンで購入することができます。2013年度の本試験はまるごと無料です!

■4段階の再生スピードで耳を鍛える! ― 1.5倍速に慣れたら本番は簡単!?
 0.8倍速から1.5倍速まで、4段階のスピード調整が可能です。耳が慣れないうちは、「×0.8」のスピードで確実に聞き取る練習をしましょう。「×1.0」「×1.2」と徐々にスピードに慣らしていき、「×1.5」が聞き取れるようになったら、実際の試験のスピードがとてもゆっくりに聞こえるはずです。

■成績管理もばっちり
毎日の勉強時間や本番モードの成績が記録されます。また、大問ごとに正答率が出るので、苦手な出題形式が把握できます。


   


【商品概要】
スマートフォンアプリ『センター赤本 - 英語リスニング過去問』 
価格:無料(2013年度本試験つき)
アドオン:試験1回分ごとに購入。通常価格200円
※一度購入した試験は、何度でも勉強することができます

Webページ:リンク

制作:株式会社 世界思想社教学社
開発:株式会社 アイエンター


【会社概要】
法人名:株式会社 世界思想社教学社
創 業:1948年(昭和23年)
代表者:代表取締役社長 高島照子
所在地:〒606-0031 京都市左京区岩倉南桑原町56
事業内容:学術専門書・教養書の出版および大学受験参考書・問題集を中心とする教育図書の出版

【本件に関するお問い合わせ】
電話:075-721-6506(営業部)
e-mail:eigyo@akahon.net

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。