logo

天才・織田信長の判断を狂わせた 義弟との戦い 『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』

株式会社ブックウォーカー 2013年12月12日 08時00分
From PR TIMES

戦国武将のエピソードを電子書籍で手軽に楽しめます

20~30分で読み切れる手軽な電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】の人気シリーズ「英傑の日本史」の最新刊は、織田信長の盟友から一転して敵対した浅野長政をテーマにした『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』。
そして、信長の知られざる兄や甥にスポットを当てた『英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信行・津田信澄・津田信広』の2冊です。



NEWS RELEASE
2013年12月12日
株式会社ブックウォーカー

天才・織田信長の判断を狂わせた
義弟との戦い
『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】から、2013年12月12日に以下の2冊が配信されます。
1.『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』
2.『英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信行・津田信澄・津田信広』

■破竹の勢いだった信長を一転して窮地に陥れた男

織田信長と本能寺の変を軸に、戦国武将たちのパーソナリティと人間関係をビジネス目線で紹介して好評の『英傑の日本史 激闘織田軍団編』シリーズ。その最新刊は、織田信長にとって妹・お市の嫁ぎ先であり、大切な盟友だった浅井長政との決別と戦いの原因を探る『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』です。

浅井家を一代で大名家とした名君で、信長の信頼も厚かった浅井長政は、なぜ信長を裏切って敵に回ったのか? 敵を容赦しない信長の冷酷さはなにが原因だったのか? 通説に切り込み、歴史の隠れた真実に迫ります。


■織田と津田を名乗った男たち

もう1冊の新刊は、信長と同じ織田家に生まれながらも、運命のいたずらで歴史の波間に消えてしまった3人の武将にスポットをあてた『英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信行・津田信澄・津田信広』です。

嫡男であった織田信長の幼名が「三郎」だったのはなぜか? 織田家の正統に生まれながら、傍系の津田を名乗った男たちの宿命とはなんだったのか? 歴史の細部に宿った人生のエピソードをお楽しみください。


『英傑の日本史 激闘織田軍団編 浅井長政』
井沢元彦・著
想定読了時間30分。希望小売価格100円。
公式サイト:リンク


『英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信行・津田信澄・津田信広』
井沢元彦・著
想定読了時間17分。希望小売価格100円。
公式サイト:リンク


■スマホ時代のライフスタイルにベストマッチの電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】

「カドカワ・ミニッツブック」は30分前後で読み切れる手頃な分量と100~350円を中心とした価格帯の電子書籍専用レーベルです。現在、KADOKAWAグループの多彩なジャンルから60タイトルを発売中です。
 ミニッツブックというレーベル名には「分単位で読める本」という意味が込められ、表紙の右上には「○○min」と想定読了時間の目安が明記されています。通勤・通学の「スキマ時間」に手軽に読めて、満足感のある内容をお届けします。KADOKAWAグループの直営ストアBOOK☆WALKERをはじめとするスマートフォンや電子書籍端末に対応している各電子書籍ストアで絶賛発売中です。

また、一部のミニッツブックは公式サイトでWebブラウザでそのまま電子書籍の立ち読み体験ができるWeb立ち読み機能を提供しています。

カドカワ・ミニッツブック公式サイト: リンク
カドカワ・ミニッツブックCM動画:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事