logo

脆弱な回線の不安解消、ビッグデータ活用に対応したインフラ提供

海外拠点や遠隔地との大容量データの受渡しに、高コストパフォーマンスなサービス開始

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏木 茂、以下 シーイーシー)は、 このほど株式会社Skeed(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:明石 昌也、以下Skeed)と協業、シーイーシーが提供する大容量ストレージサービス「BizVision U-Storage(ビズビジョン ユーストレージ)」と、Skeedが開発・販売する高速転送ソフトウェア「SilverBullet(シルバーバレット)」を組み合わせた、BizVision U-Storage高速転送パックを本日より提供開始いたします。


ビッグデータの活用を模索する企業の増加とともにデータ転送の大容量化が加速、距離や場所に関係なく、安全にそ
して迅速に情報を伝達、共有、そして活用されることが求められています。しかしながら、国や地域によってはネットワークのインフラが脆弱で、回線の安全性・安定性に課題を抱えている企業も少なくありません。シーイーシーではこのような企業の不安を解消するために、自社の堅牢なデータセンターと大容量ネットワーク、高品質なITサービスを活用したストレージサービスを立ち上げました。

シーイーシーが提供するサービスは、現在提供しているスケールアウト型の、コストパフォーマンスの高い企業向け大容量ストレージサービスBizVision U-Storageと、独自技術により最大でファイル転送速度を70倍まで高速化した実績を持つSkeedのSilverBulletを組み合わせ、両サービスのメリットを活かしたビッグデータ対応のストレージサービスです。これにより、海外や遠隔地に拠点を展開しネットワークの不安定さやセキュリティに不満を持つ企業や、動画など大容量のコンテンツを全国の拠点に配信・共有する流通業や通信業の企業、そしてビッグデータ活用を検討中の企業に、速く、安く、安全なデータ転送環境を提供いたします。

シーイーシーは、データコミュニケーションの活性化に伴い増加している、企業の安全で安定した高速データ転送環境の需要に応えるため、ストレージサービス事業を拡大し3年間で売上高3億円を目指します。


■特長
1.セキュアな高速転送
FTPと比較し4倍以上の高速転送が可能です。また、暗号化アルゴリズムの世界標準である「Diffie-Hellman 鍵合意」および「AES」アルゴリズムを採用し、高いセキュリティを実現しました。
2.整合性の確保とレジューム機能
アメリカ標準のハッシュアルゴリズム「SHA-1」を採用、大容量ファイル送信時にネットワークが切断されても、ネットワークが復旧後に中断地点から自動的に送信を再開します。
3.高機能ソリューションのお買い得パック
BizVision U-Storage 1TBと、SilverBulletクライアント 3ライセンスのパック化により、基本的な機能に特化することで、パッケージ製品を購入するより格安でご利用可能です。


■BizVision U-Storage高速転送パックの内容
1.初期費用 無料
2.月額費用 48,000円 (最短契約期間は 12か月)
※パックのご利用で、個別のご導入価格より84,000円(年間)費用を抑えることができます。
※さらに初年度は最初の2ヵ月を無料で提供いたします。


■この資料に関する問合せ先
【取扱事業部門・照会先】
株式会社シーイーシー 【担当:クラウドサービス事業部 営業部 武川(タケカワ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
Tel: 03-5789-2510 / e-mail: marketing@cec-ltd.co.jp

【報道関係者問合せ先】
株式会社 シーイーシー 【担当:企画部 広報グループ 稲垣(イナガキ)】
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル
Tel: 03-5789-2442 / e-mail: kouhou@cec-ltd.co.jp

※ 記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標又は登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

BizVision U-Storage高速転送パックの概念図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事