logo

最新バージョンFileMaker 13プラットフォームを発表

【報道発表資料】
2013年12月4日

最新バージョンFileMaker 13プラットフォームを発表
ワークグループで使うiPad、iPhone、Windows、Mac、Web向けの
カスタム・ビジネスソリューションを簡単に作成

Webブラウザでカスタム・ビジネスソリューションを運用可能となる
革新的なテクノロジー: FileMaker Web Direct を新搭載


ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は本日、ビジネスの効率を上げるため次世代プラットフォーム、FileMaker 13製品ライン リンク を、本日より日本国内で販売開始すると発表しました。新バージョンFileMaker 13は、部課単位などのワークグループで使うビジネスソリューションをiPad、iPhone、Windows、Mac、Web向けにテーラーメードで素早く簡単に構築して生産性を上げることを可能にします。

FileMaker Pro 13の価格は 38,000円(希望小売価格、税別)です。FileMaker Store リンク 、Apple Store、ソフトウェア販売店など全国のFileMaker製品取扱店で購入が可能です。

FileMaker, Inc. のマーケティング&サービス担当バイスプレジデントの Ryan Rosenberg(ライアン・ローゼンバーグ)は次のように述べています。「FileMaker 13を使えば、どのようなビジネスユニットのワークグループでも、ソリューションのデザインにかける時間を最小化し、簡単にビジネスを合理化することができるカスタムソリューションを構築することができます。新しいiOSとデスクトップ向けの素晴らしいデザインツールや革新的なWebテクノロジーを備え、企業にこれまでよりもパワフルで使いやすいソリューションを提供します。」

FileMaker 13は50を超える新機能を搭載しており、代表的なものは以下の通りです。

・FileMaker WebDirectは、HTML5ブラウザ・ベースの全く新しいテクノロジーです。プログラミングのスキルが無くても、部課単位のワークグループで使うデスクトップスタイルのソリューションを作成してWebブラウザに展開できます。

・スライドコントロール、ポップオーバー、ジェスチャーを使ったレコード間の移動など、iOSらしい操作性をサポートしたiPadやiPhone向けのソリューションを作成するためのツールが揃っています。
iPadやiPhoneのレイアウトを一工程で作成できるので、シングルクリックで内蔵カメラを使ったバーコードのスキャンをしたり、データの入力をスピードアップさせるカスタムキーボードを表示させたりするiOSソリューションが作れます。

・デザイン機能に大きな改良が加えられ、カスタムテーマとスタイルの共有、データフィールドをデザインレイアウトにドラッグ&ドロップできる機能などがサポートされました。

・AES 256ビット暗号化技術によってより堅牢なセキュリティを実現しました。iPad、iPhone、デスクトップからサーバーまで、どこにデータがあっても保護します。暗号化を有効にするにはFileMaker Pro 13 Advancedを使用します。

・ソリューション開発技術者のための機能強化が図られました。ビジネスロジックに従って画面上のオブジェクトを表示/非表示する機能や、Webアプリケーションとの簡単な統合など、多くの機能拡張が新しく追加されています。

・FileMaker Server 13では、まったく新しくHTML5で再構築された管理画面(Admin Console)を使って、ビジネスソリューションをどこからでも管理することができるなど、サーバー管理が簡単です。


【価格と販売について】
下記FileMaker 13製品ラインのすべてのソフトウェアが、本日より発売されます。
FileMaker Pro 13 :38,000円
FileMaker Pro 13 Advanced :63,000円
FileMaker Server 13 :99,000円(ボリュームライセンスのみ)

また、年間利用契約のAVLA(アニュアル ボリューム ライセンス アグリーメント)の場合は、FileMaker Pro 13が11,400円、FileMaker Pro 13 Advancedが18,900円、FileMaker Server 13が33,000円で利用できます(年払いのみ、最低購入数制限あり)。上記価格はすべて税別の希望小売価格です。

iPadおよびiPhone用ユニバーサルアプリのFileMaker Go 13 リンク も、本日よりiTunes App Storeにて無料で利用可能になりました。なお、FileMaker GoもしくはFileMaker WebDirectからFileMaker Serverにアクセスするには、有償の“同時接続” リンク が必要で、FileMaker直販またはFileMaker製品取扱店 リンク でお求めいただけます。

参考資料:
FileMakerソフトウェアを利用して、iPad、iPhone、Windows、Mac、Web向けの素晴らしいビジネスソリューションを素早く、しかも高い費用効率で開発できる理由を知るために、以下の資料をご利用ください。

•FileMaker Pro 13リソースセンター リンク では、FileMakerソリューションの作成に役立つツールや資料が見つかります。

•幅広い業種の企業や組織における実際のFileMaker導入事例を紹介する事例ビデオやカスタマ・ストーリー記事 リンク をご覧いただけます。

•開発技術者向けの無料プログラムFileMaker TechNet リンク に参加するとさまざまな技術情報を入手できます。


【ファイルメーカー社について】
ファイルメーカー社は、iPad、iPhone、Windows、Mac、Webに対応したカスタム・ビジネスソリューションを簡単に作成するための革新的なソフトウェアを提供しています。個人から世界最大の組織まで、世界中で何百万もの人々がビジネスプロセスを合理化するためにFileMakerプラットフォームを使って重要な情報を管理し、全体的な生産性を向上させています。米国本社のFileMaker, Inc.はApple Inc.の子会社です。日本法人のファイルメーカー株式会社はFileMaker, Inc.の子会社です。

# # #

【 この件に関する報道関係の方のお問い合わせ先 】
FileMaker Press Information 担当:
Tel: (03) 5445-1281 Fax: (03) 5427-7322
E-mail: filemaker_japan_pr@filemaker.com
読者からの資料請求への対応が必要な場合には、「FileMaker Press Information」までご連絡ください。

【 この件に関する報道関係者以外の一般の方のための情報提供/お問い合わせ先 】
ファイルメーカー株式会社 www.filemaker.co.jp
FileMaker カスタマサポート
TEL : 0120 - 983 - 850 FAX : 03-5977-7213
受付時間 : 9:00 - 12:00 / 13:00 - 17:30
(祝祭日を除く月曜日から金曜日)


(c) 2013 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker、FileMaker Goおよびファイルメーカーは米国及びその他の国々で登録されたFileMaker, Inc.の商標です。ファイルフォルダロゴは、FileMaker, Inc.の商標です。その他記載された会社名及びロゴ、製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。