logo

スマートタウン「SMA×ECO TOWN(スマ・エコ タウン)晴美台」「2013年都市住宅学会賞・業績賞」受賞

大和ハウス工業株式会社 2013年11月29日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

2013/11/29

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

スマートタウン「SMA×ECO TOWN(スマ・エコ タウン)晴美台」
「2013年都市住宅学会賞・業績賞」受賞

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、公益社団法人都市住宅学会が主催する「2013年都市住宅学会賞・業績賞」において、当社開発のスマートタウン「SMA×ECO TOWN(スマ・エコ タウン)晴美台」が受賞しました。

■「 SMA×ECO TOWN晴美台」の受賞評価コメント 
 本事業は、低炭素な街づくりを、最先端の環境技術導入と環境に優しいライフスタイル確立との両面から推進するものである。個々の住宅はもとより住宅地全体でのエネルギー供給と消費の見える化をすすめるとともに、団地管理組合を法人化し、管理費以外の事業収入(共用部太陽光発電売電料・カーシェアリング利用料)をも確保しながら、エネルギー管理、景観、防犯、防災などのタウンマネジメントに取り組む点は高く評価できる。カーシェアリング、売電、節電のためのインセンティブ(ポイント制導入)など、個人の環境保全行動を触発する仕組みを工夫する点も注目される。今後継続的に収集されるエネルギー消費データおよびアンケート調査からは、スマートタウン運営のための様々な分析が可能である。また本事業は、泉北ニュータウンの小学校廃校跡で堺市初の景観協定を締結して実施されており、ニュータウン再生のモデル事業としても評価できる。
 以上より、本事業は、当学会の業績賞に相応しいと認められる。


■「SMA×ECO TOWN晴美台」について
 「SMA×ECO TOWN晴美台」(建設開始:2012年12月、販売開始:2013年3月)は、当社が大阪府堺市のプロポーザル「晴美台エコモデルタウン創出事業」において選定された分譲戸建住宅地です。国土交通省が公募した「平成24年度(第1回)住宅・建築物省CO2先導事業」の住宅・建築物の新築事業(戸建住宅部門)にも採択されました。
 当分譲地は、65区画全ての住戸に家庭用リチウムイオン蓄電池(6.2kWh)※1や当社オリジナルのエネルギーマネジメントシステム「D-HEMS II(ディー・ヘムス ツー)」、太陽光発電システムを搭載するとともに、街全体のエネルギーの見える化や集会場の屋根や地下式の調整池上にも太陽光発電システムを設置したパーフェクトスマートタウンです。
 今後も当社は、街全体のエネルギーを自給自足に進化させるためのプロジェクト「SMA×ECO PROJECT(スマ・エコ プロジェクト)」を展開し、全国でエネルギーを自給自足できる街づくりを目指すことで、低炭素社会の実現に寄与していきます。
  ※1.エリーパワー株式会社製。

■大阪府堺市のプロポーザル「晴美台エコモデルタウン創出事業」について
    リンク

■国土交通省が公募した「平成24年度(第1回)住宅・建築物省CO2先導事業」について
    リンク

■「SMA×ECO TOWN晴美台」のホームページ
    リンク

●「社団法人都市住宅学会賞・業績賞」について
都市住宅学会では、2006年より、都市住宅学、都市住宅計画・事業、都市住宅政策等に関する優れた業績を、「社団法人都市住宅学会賞・業績賞」として表彰。2013年の選考においても、2011・2012年度に引き続き、従来からの表彰対象としてきた単体事業だけでなく、複数事業の集合体に関しても、都市住宅学、都市住宅計画・事業、都市住宅政策等に関する優れた業績を、選考・表彰。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。