logo

クラウドサービス事業に特化した子会社を設立

株式会社富士通システムズ・イースト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:石川 享)はクラウドビジネスが拡大する時代を見据え、お客様へ完成度の高いサービスをワンストップで提供するため、当該業務を担うクラウドサービス関連部門を分社化し、2013年12月2日付けで新会社「株式会社富士通システムズアプリケーション&サポート」を設立します。

当社では、7,000社以上への業種ソリューション導入で培ったノウハウをもとに、完成度の高いクラウドサービスとして構築、育成する取り組みを進めてきました。合わせてクラウド時代を見据えて、お客様のシステム運用を支えるサポートセンターの充実と自社データセンターの最適化を図ってきました。
 今般、データセンター、サポートサービス業務に加え、当社で構築、育成された業務アプリケーションをクラウドサービスとして垂直統合し、事業会社として分社化します。これにより、より広く、より多くのお客様へ最適なサービスをワンストップで提供します。
 新会社においては、業務アプリケーションの第一弾として、12月2日より図書館クラウドサービスを提供します。さらに今後は、当社で培ったノウハウを専門分野に特化したクラウドサービスとして順次提供していきます。


【富士通システムズアプリケーション&サポートについて】
(1)商号 株式会社富士通システムズアプリケーション&サポート
(2)本社所在地 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4-2-3 仙台MT ビル
(3)代表者 代表取締役社長 八田 信 (はった まこと)
       (株式会社富士通システムズ・イースト 取締役執行役員常務と兼務)
(4)主な事業内容 IDC サービス、サポートサービス、特化アプリケーションサービス
(5)設立年月日 2013 年12 月2 日
(6)資本金 1 億円
(7)株主構成 当社全額出資
(8)従業員数 170 名 (2013 年12 月現在)
(9)ホームページ リンク


===================================
◆本件に関するお問い合わせ
===================================
富士通システムズ・イースト
経営企画部 小倉
電話: 03-5977-7852(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。