logo

~認知症と生活習慣病の特性と予防について~ 第3回「アマニセミナー」を開催

日本製粉株式会社 2013年11月26日 09時23分
From 共同通信PRワイヤー

2013年11月15日

日本製粉株式会社

~認知症と生活習慣病の特性と予防について~
   第3回「アマニセミナー」を開催
~日時:12月5日(木)、会場:東京国際フォーラム~

日本製粉(株)(社長 小寺春樹)は、12月5日(木)に東京国際フォーラムで、認知症と生活習慣病の関連性と、その予防で注目を集めているオメガ3脂肪酸を摂取できるアマニ油の情報をお伝えする第3回『アマニセミナー』を開催いたします。

<認知症と生活習慣病の関連性、そしてその予防とは?>
 日本人は65歳以上の4人に1人が認知症をひき起こす可能性があるといわれており、認知症と生活習慣病との関連性についても様々な研究が進み、生活習慣病患者は認知症を発症するリスクが高くなっていることも証明されています。
 今回のセミナーでは、生活習慣病や認知症予防に必要とされ近年注目を浴びている栄養素・オメガ3脂肪酸について、日常の食生活からできる生活習慣病予防、そのための食事法などを   東京都リハビリテーション病院院長の林泰史氏、管理栄養士の小山浩子氏、ハルヤマシタ東京エグゼクティブオーナーシェフの山下春幸氏をお招きしお届けいたします。

【開催概要】
■開催日時:2013年12月5日(金) ※昼と夜の2回開催
(1)13:00~15:00  (2)18:00~20:00
■場所:東京国際フォーラム ガラス棟4階409
■登壇者:林 泰史 氏(医師/東京都リハビリテーション病院院長)
     小山 浩子 氏(料理家/管理栄養士)
     山下 春幸 氏(ハルヤマシタ東京エグゼクティブオーナーシェフ)
     川久保 誠(日本製粉(株)アマニプロジェクトチーム)
■内容:第1部:「認知症とは」 林 泰史 氏
    第2部:「生活習慣病予防の生活、栄養について(オメガ3を含む)」 小山 浩子 氏
    第3部:「『油をもっと取れ! 』 美味しく健康になる油調理」 山下 春幸 氏
    第4部:「アマニの研究成果について」 川久保 誠
■申込み方法:当社ホームページの申込みフォームより受付いたします。
       リンク 



《ご参考資料》登壇者プロフィール
1.林 泰史 氏
 京都府立医科大学卒業。東京大学整形学科入局後、米国テキサス大学留学。東京都リハビリテーション病院副院長を経て、東京都多摩老人医療センター院長。平成14年東京都老人医療センター院長。平成18年東京都リハビリテーション病院院長。高齢者医学の第一人者として『骨の健康額』(岩波新書)などの著書がある。   


2.小山 浩子 氏
 大手食品メーカー勤務を経て、2003年フリーに。出張スタイルの料理教室を立ち上げ、コーディネーター兼講師として活躍。これまでに1000会場、3万人以上に教授。また、『料理を料理する』をモットーに生活者視点でメニュー開発に取り組み、徹底的に調理、食材の無駄を見直したオリジナルメニューは1000レシピ以上。これらのレシピはおいしくて、おしゃれで誰でも簡単に作れるという評判を得ており、日本経済新聞をはじめ、多くのマスコミでこれまでに多数取り上げられている。また、食育をテーマにした講演会も全国で実施。著名人や大学教授と一緒にパネリストとして出演。現在は年間100会場以上の講演と出張料理教室をこなしながら企業のメニュー開発や雑誌へのレシピ、栄養コラム執筆、テレビ出演等幅広く活動。食の自立の支援を目的にした食育教室も小学校等で実施。親子クッキングのレシピも多数手がける。最近では、節電、メタボ、アンチエイジング等時代を先取りしたイベントも全国各地で開催。


3.山下 春幸 氏
独自の視点、とらわれない料理技法、素材の生産から、料理にいたる一環のプロセスでその素材の持ち味を最大に引き出す料理法を得意とする。近年、奇才の和食料理人として称され、テレビ・雑誌等、各方面のメディアで活躍中。
国連世界給食機構WFPを通じてシェフの視点から、自身のレストランを中心に幅広く幼い子供たちに給食に特化した国際支援活動を行い世界飢餓の撲滅に努めている。
2010年シンガポールワールドグルメサミット日本代表になり、世界のマスターシェフの最高峰と称賛されている。

・国際連合世界食糧計画WFP協会 顧問
・料理ボランティアの会 理事
・岐阜県食観光特使



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事