logo

解熱鎮痛薬『イブA錠』 新TV-CM  

エスエス製薬株式会社 2013年11月14日 00時00分
From 共同通信PRワイヤー

2013年11月14日

エスエス製薬株式会社


~ 解熱鎮痛薬『イブA錠』 新TV-CM ~
「痛みにイブA、小粒でちゃんと効くよ!」
ドキドキするぐらい“超ドアップ”のローラさんが
クリスマスの恋を逃さない、とっておきの方法を伝授!?
『ローラのおまじない/ローラのX’mas』篇
2013年11月18日(月)から全国で順次オンエア開始
ローラさんがデザインプロデュースした限定パッケージ第2弾も出荷開始


 エスエス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋 利哉)は、生理痛・頭痛に高い効果を発揮する解熱鎮痛薬『イブA錠』(第(2)類医薬品)のイメージキャラクターに、タレントのローラさんを起用し、新TV-CM『ローラのおまじない』篇、「ローラのX’mas』篇(各15秒)を、2013年11月18日(月)から全国で順次オンエアを開始いたします。
 また、ローラさんがデザインプロデュースした限定パッケージ第2弾(CUTE版・COOL版の2種類)を11月14日(木)から出荷開始致します。

■TV-CMについて                                                            
 イブA錠のイメージキャラクターには今春より、「生理痛や頭痛などの痛みをしっかりセルフケアし、『いつでもポジティブ』に過ごしていきたい女性を応援する」というブランドコンセプトを、ポジティブな生き方で体現している女性として人気タレントのローラさんを起用。この度、ローラさん出演のTV-CM第1弾が完成しました。イブA錠のパッケージと小粒の錠剤を掲げたカメラ目線のローラさんが、“超ドアップ”の距離から、痛みに悩む女性たちに応援メッセージを届ける新CMは、クリスマスシーズンに向けて目の前の恋を逃さないよう、イブA錠でつらい痛みに対処してと呼びかける「ローラのX’mas」篇、痛みを治すおまじない“イタイのイタイのとんでいけ~”というフレーズをモチーフにした「ローラのおまじない」篇の2バージョンです。
 
 今回の作品では、ローラさんの魅力のひとつである、くるくる変わる豊かな表情を、超ドアップで撮影。今まで見たことがないローラさんを描くことで、CMとしての驚きと強いインパクトを演出するとともに、痛みに悩む女性たちと目線を合わせることで、イブA錠の「小粒でちゃんと効く」という製品特徴と応援メッセージを印象的に訴求していきます。また、「ローラのおまじない」篇では、ローラさんがデザインプロデュースした「イブA錠」限定パッケージ第2弾も登場します。
 
 なお、今回の新CMに引き続き、季節に合わせた続篇CMも順次放映予定です。ハッピーオーラを振りまく、生き生きとした表情のローラさんから目が離せない、インパクト抜群のCMシリーズに、今後もご期待ください。


■撮影エピソード                                                         
◇本番開始前から早くもローラ節全開!
 大人っぽいネイビーカラーのワンピースを身にまとい、「ローラです、よろしくお願いしまーす!」と元気よく登場したローラさん。今回は、イブA錠のパッケージや錠剤の小ささを強調するポーズのアップを、カット割りせず、長回し(ワンカット)で収録しました。決められた秒数内に言うべきせりふやアクションもたくさんある、かなり難易度の高い演技に挑戦することになったローラさんですが、「まとめて全部やっちゃうんだね。わかったーオッケー!」とさっそくおなじみのローラ節が炸裂。「ウフフ♪」と屈託のない笑顔を浮かべ、瞬く間に現場を和やかムードに包み込んでいました。

◇チャーミングな演技の連続に視線釘付け
 撮影前、ローラさんはせりふを普段の自分らしい言い回しに替えて、ひと息でテンポ良く言い切る練習を何度も繰り返していました。本番では「パッケージを出すタイミングを早く」「画面の中に収まるよう、アクションはもっと小さめに」といったリクエストにも、抜群の勘の良さで応え、時にはアドリブのポーズも織り交ぜながら的確な演技を披露したローラさん。スタッフからは幾度となく「かわいい」という声が聞こえてきました。それでも一連の演技を終えた後は、「どうかなぁ」とやや不安そうな表情。監督からOKのサインが出ると、思わず出た言葉はおなじみの「オッケー!」。ほっぺに指で丸を作る自らの決めポーズを真似してみせた監督と、ローラさんは嬉しそうに視線を交わし、「やったー、良かったー」と無邪気に喜んでいました。

◇今まで経験したことがない“超ドアップ”の撮影
今回のCMでは、ドキドキするぐらい近過ぎるローラさんの、生き生きとした表情のインパクトを狙って、顔のドアップをメインに撮影。最初はやや照れくさそうにしていたローラさんですが、監督やスタッフとのやりとりを通じて、痛みに悩む女性が「私を励ましてくれるメッセージだな」と共感してもらえるような作品にしたい、という制作サイドの想いをしっかりくみ取り、終始ノリノリのテンションで、可愛らしさ満点で演じていただきました。

◇「少しでもいい作品にしたい」という思いから、積極的に意見も
 途中でせりふを間違えていることが分かり、無意識に「あっ!」という声が漏れてしまったローラさんは、一瞬照れながらも、「ごめーん、間違えちゃった。もう一回やるね」とすぐに気を取り直し、再び演技に集中。少しでも納得が行かないシーンでは、カットの直後に「もっかいやろう!」と自らリテイクを求めては、演技の些細なジェスチャーにもこだわり、「どんなのがいいかなぁ」と真剣な表情で考え、納得いくまで繰り返し練習する姿が見られました。このことについて、撮影後のローラさんに尋ねると、「少しでもいい作品になったらいいなと思って」とコメント。普段の無邪気で天真爛漫なキャラクターとは違った、演技に取り組む真摯な姿勢が垣間見え、その場にいた全員が改めてローラさんのファンになっていました。

■ローラさんインタビューより                                                        
Q. 撮影の感想とCMの見どころは?
「こんなにドアップの撮影って、あんまり経験がなかったからちょっと恥ずかしかったけど、あっという間に終わって、すっごくいい感じ。シンプルだけど、みんなに応援メッセージが伝わったらいいなってところを見てほしいな」。

Q. せりふの一つ一つにこだわって、ご自身が納得行くまで撮影していましたね。
「あー、そうかも。今のは眉毛がいっぱい動いてたからやり直したいなーとか、ちょっとまぶしそうな目をしてたからもう一回って言っちゃった。少しでも良い作品になったらと思って」。

Q. 今回ローラさんがデザインした「イブA錠」のパッケージについて、こだわったところは?
「薬ってシンプルな色が多いでしょ。こうやって派手にできることってなかなかないから、女の子がバッグに入れても、かわいいデザインにしたいなと思って、柄とかはすごいこだわった。あと、『EVE』の文字も、ここだけ光る色にしたいなーとか。すっごくお気に入り。かわいいでしょ」。

Q. 2種類のパッケージにキャッチコピーを付けるとしたら?
「なんだろなぁ。かわいい系がハッピージュエリーで、かっこいい系がスタイリッシュイブ。どう? いいよね!」。

Q. 2種類のパッケージをどんな人に持ってほしいですか?
「かわいいものが好きな人とか、オシャレが好きな人とか。やっぱり、頭が痛くなることって、あるでしょ。でも、おじいちゃん、おばあちゃんにも持ってほしい。みんなだ!」。

Q. ローラさんが、今年の冬に流行ると思うファッションは?
「黒のショートブーツかな。くるぶしから上ぐらいのショートブーツが絶対はやるよ!」。

Q. クリスマスのイルミネーションが始まる頃にオンエアされるCMということで、今年のクリスマスに好きな男子に告白しようかどうか悩んでいる女子に、アドバイスをお願いします。
「やっぱりクリスマスに一人って、ちょっと悲しいじゃん。私もやだなーって思ってるの。だから、フラれてもいいから、絶対告白した方がいいと思う。頑張って!」。

Q. どんな風に告白したらいいと思いますか?
「えーと、『ねーねー、今年のクリスマスは何するの?』って聞いて、相手が『うーん、一人かな』って言ってたら、『一緒に過ごそうよ』ってストレートに告白しちゃうかな」。

Q. 恋の痛みに効く、ローラ流回復術はありますか?
「恋の痛みって、あんまり経験ないからなー。でも、ちょっとだけあった。回復術は、新しい恋を探すこと。あとは、外に出ること。シンプルでしょ。友達と会って、ご飯食べてワイワイ女子会をするの。そうしたらすぐ忘れちゃうから」。

Q. 最後に視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
「みんなーローラだよー。今回はイブA錠の新しいCMを撮影したよー。パッケージもまた新しくデザインしたから、ぜひチェックしてみてね。イブA錠は小粒でちゃーんと効くからオススメ。痛い時は我慢しないで使ってみてね!」。

■ローラさんプロフィール                                        
1990年3月30日生まれ、東京都出身。
モデルとして様々な雑誌の表紙に登場するなどファッションアイコンとして知られている。
その他にフジテレビ系『笑っていいとも!』の火曜レギュラーとして出演するなど、モデルの枠に収まらず様々なジャンルで活動中。
公式ブログ( リンク
公式ツイッター( リンク
2012年8月発売『THE ROLA!!』(講談社)

■CM概要                                               
タイトル:イブA錠 新TV-CM
『ローラのおまじない』篇(15秒)
『ローラのX’mas』篇(15秒)
出演:ローラ
撮影時期:2013年10月
撮影場所:都内近郊スタジオ
放映開始日:「ローラのおまじない」篇=2013年11月18日(月)
「ローラのX’mas」篇=2013年12月中旬予定
放送地域:全国

■制作スタッフ                                            
シニアクリエイティブディレクター:弦田英明
制作ディレクター:大島 直
プランナー/コピーライター:宇野 元基
コピーライター:飯塚 浩一郎
アートディレクター:田中 義人
プロデューサー:黛 卓宏
プロダクションマネージャー:徳永 亜希子
ディレクター:高村 剛(二番工房)
カメラマン:石田 東(DOSCA)
ライティング:藤井 稔恭
美術:花崎 綾子
スタイリスト:今村 仁美
ヘアメイク:相場 清志(roraima)
CGプロデューサー:貞原 能文(MARK)
音楽:山田 勝也(愛印)

■ローラさんプロデュース「イブA錠」限定パッケージ第2弾について
◇限定パッケージ第2弾開発の目的
 限定パッケージ第2弾には、生理痛や頭痛などの痛みが現れたらすぐに対処できるように手軽に持ち歩いて欲しい、痛みでつらい時もデザイン性のあるパッケージで少しでも前向きな気持ちになってもらいたい、そのような願いが込められています。第1弾の限定パッケージが大変多くの皆様にご好評をいただいたため、引き続きより多くの方にイブA錠をご愛用いただきたいと考えています。

◇デザインコンセプト
 女性のスタイルや好みの多様性を考慮し、第1弾同様、2つの方向性(かわいい系:CUTE版=カラフルなジュエリーモチーフ/かっこいい系:COOL版=メタリックな光沢モチーフ)をデザインしました。制作に当たり、撮りためていた洋服の写真などを見本にしつつ、ロゴの色の光らせ方など、細部にまでこだわっていたローラさん。いずれも今季のファッショントレンドを意識したデザインで、
バッグの中に入れていて嬉しくなるパッケージに仕上がっています。

*CUTE版・COOL版ともに容量は24錠のみの限定となります。


■EVE(イブ)について                                        
 「イブ」は解熱・鎮痛・抗炎症作用に優れ、世界中で使用されているイブプロフェンを主成分とした解熱鎮痛薬シリーズ。イブA錠はイブプロフェンに加え、イブプロフェンの鎮痛効果を高めてくれるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合し、生理痛・頭痛に高い効果を発揮します。また特に女性のことを意識し、小粒の錠剤にするとともに、フィルムコーティング錠にすることで飲みやすくしました。発売以来、女性を中心とする多くのお客様に愛用され、高いシェアを獲得している解熱鎮痛薬です。頭痛・熱に素早い効果を発揮するイブクイック頭痛薬もあります。
これらの医薬品は「使用上の注意」をよく読んでお使いください。アレルギー体質の方は、必ず薬剤師、登録販売者にご相談ください。

■イブA錠 製品概要                                        
製品名:「イブA錠」(第(2)類医薬品)
成 分:2錠(成人1回量)中
イブプロフェン 150mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 60mg
無水カフェイン 80mg
効能・効果:月経痛(生理痛)・頭痛・歯痛・咽喉痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・腰痛・肩こり痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・耳痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛、悪寒・発熱時の解熱
価 格:24錠 788円 /36錠 1,155円 /48錠 1,365円 /60錠 1,680円
(希望小売価格/消費税込)

■エスエス製薬について                                              
 エスエス製薬は、すべての人々の健康を願うOTC医薬品(一般用医薬品)をお届けする製薬会社で、1765年の創設以来、健康へのニーズに応えるさまざまな製品をご提供しています。
 現在は、世界の製薬企業トップ20のひとつであるベーリンガーインゲルハイムグループの一員としてコンシューマーヘルスケア事業の一翼を担い、生活者の視点に立った新しい価値の提案に取り組んでいます。今後も製品を通じ、セルフメディケーションを支え、ひとりひとりの笑顔あふれる生活に貢献してまいります。詳しい情報は当社ホームページ リンク をご覧ください。







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。