logo

早稲田大学ビジネススクール、オックスフォード大学と共同授業実施

早稲田大学 2013年10月30日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2013-10-30

早稲田大学広報室広報課

オックスフォード大学のプラットフォームを利用したプロジェクト授業
早稲田ビジネススクール オックスフォード大学と共同授業実施

早稲田大学ビジネススクール(以下:WBS)はこの秋学期から、オックスフォード大学サイード・ビジネススクールが2012年から進めているGOTO(Global Opportunities & Threats: Oxford)というウェブプラットフォームを使用したプロジェクト教育に日本から初参加します。

オックスフォード大学のMBAプログラムでは、修了生が世界レベルの様々な課題に挑戦できるように育成することを目的として、ビジネススクールだけでなく、学内他学部の教員・ MBA修了生・スポンサー企業も巻き込むプロジェクト教育のプラットフォームを構築しています。このプラットフォームは、GOTO(Global Opportunities & Threats: Oxford)と呼ばれ、フレキシブルな学習を支援するオンデマンド資源と教育体系から成り立っています。WBSは、世界最初のパートナー校として、このGOTOプラットフォームを活用したプロジェクト授業を2013年度秋学期より実施することになりました。受講生は、GOTOプラットフォーム上に用意されている教材(読み物やビデオクリップ)だけでなく、オックスフォード大学MBA学生が作成したレポートやプレゼンテーション、さらにはこれらに対して他のGOTO参加者(ビジネススクール教員・他学部教員・修了生・スポンサー企業)からのコメントや応答を見ることができます。また受講生もオックスフォード学生のレポートにコメントを付けたり、自分達のレポートなどをアップロードしてGOTOコミュニティーからコメントを得ることも出来、グローバルでインターラクティヴな環境下でのプロジェクト学習に参加することになります。

■早稲田大学ビジネススクール(WBS)とは

早稲田大学ビジネススクールは、1973年にシステム科学研究所の1年制プログラム(ノンディグリー)として発足、1998年に大学院アジア太平洋研究科国際経営学専攻として専門職学位課程であるMBAプログラムを設置しました。2003年には、技術経営に対する社会的要請の高まりに応えてMOTプログラムを開設し、2006年にはシンガポールの南洋理工大学ビジネススクールと共同で現地におけるダブルMBAプログラムをスタートさせています。2007年4月には、商学研究科プロフェショナルコースのMBA夜間主プログラムとの統合を経て「商学研究科ビジネス専攻」として新たな体制の早稲田大学ビジネススクールが誕生しました。

2012年度からは、全日制/夜間主、日本語履修/英語履修と、既存の各プログラムのユニークネスと相互シナジーを追求し、再編・強化された以下の新プログラムをスタートしています。
・グローバル・ビジネスリーダーを養成する『全日制グローバル』
・ジェネラルマネジメント+αを修得する『夜間主総合』・『1年制総合』
・専門領域別のモジュールに属して学ぶ『夜間主プロフェッショナル』

【内容に関するお問合せ先】
早稲田大学ビジネススクール(WBS) リンク
TEL:03-3202-4369  FAX:03-5273-4371  Email: wbs@list.waseda.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事