logo

ヒートテック「世界応援」プロジェクト 11月1日(金)よりスタート!

株式会社ファーストリテイリング 2013年10月25日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2013年10月25日

株式会社ユニクロ

ヒートテック「世界応援」プロジェクト 11月1日(金)よりスタート!
今年も寒さの中頑張る皆様へ、10万枚のヒートテックを無料でお届けします

 ユニクロは、寒さの中で頑張る皆様にヒートテックを無料でお届けする、『ヒートテック「世界応援」プロジェクト』を11月1日(金)より、世界14の国と地域で実施いたします。2011年にスタートし、今回で3年目となる「ヒートテック10万人応援プロジェクト」では、寒さの中で頑張る皆様へヒートテックを無料でお届けし、その活動を応援。看護師、警備員、医師、学校のサークルや保育園など、厳しい寒さの中で頑張っている幅広い職種や団体の方々へヒートテックをお届けしてまいりました。
 今年は『ヒートテック「世界応援」プロジェクト』とプロジェクト名を変え、日本国内だけでなく、活動範囲を世界へ拡げ、「寒さの中頑張っている人」へ、最大10万人にヒートテックを無料でお届けいたします。肌に一番近い場所でお客様に寄り添い、ストレスを感じさせない快適な着心地を実現するため、「もうひとつの肌」を目指して進化を続けてきたヒートテック。寒さの中、世界中で頑張る人々のすぐそばで、「今までも」そして「これからも」、人々の心と身体をあたため続けます。


【ヒートテック「世界応援」プロジェクトの目的】

 冬の寒さの中で頑張る皆様へ合計10万着のヒートテックを無料でお届けし、頑張る原動力にしていただくことで、日本を元気にしていきたいというユニクロのおもいから始まり、今年で3回目の実施となります。今年は、世界でのヒートテックの認知率が約6割に対して、購入経験率は約2割と、まだまだヒートテックの暖かさを体験いただいていないお客様がいらっしゃることから、日本国内だけではなく世界14の国と地域までプロジェクトの範囲を拡げました。冬の寒さの中、ヒートテックを着て「自分が頑張りたい!」または、「この人に頑張ってほしい!」という声を募集。集まった声の中から選出された、本当に必要としている皆様のもとへ、ユニクロがヒートテックを必要な数だけ無料でお届けします。


【ヒートテック「世界応援」プロジェクトへの参加方法】

 この冬「ヒートテックが必要な理由」「ヒートテックを着て頑張りたいこと」「ヒートテックをお渡しすることで応援したい人」を紹介する文章を添え、オフィシャルサイトからご応募いただきます。集まった声の中から選出したお届け先へ、ユニクロが必要な分だけ合計10万着のヒートテックをお届けします。

・応募期間 : 2013年11月1日(金)~11月10日(日)
・募集要項 : 2013年11月1日(金)より下記のURLで公開いたします
        リンク
・お問合せ先: ヒートテック「世界応援」プロジェクト事務局
        TEL:0120‐021‐647
        ※11月1日(金)9:00より開設

【昨年の反響】

 昨年は「日本一寒い町」として知られる北海道陸別町へ、町民全員分にあたる約3,000着のヒートテックを贈呈。「始めてヒートテックを着ましたが、この暖かさで元気に寒さを乗り切れそう!」など町民から様々な声が寄せられました。その他、プロジェクトにご応募いただいた、寒さの中様々な形で頑張られている方々からも、多くの反響をいただきました。

・冬に仕事する際にはたくさん着込むため、体が動かしにくく困っていました。でもヒートテックのおかげで薄着で頑張れそうです!従業員一同ヒートテックを着て寒い冬を乗り切ります!!(左官業)
・仕事がら汗と雨や雪で寒さも増し、手もかじかんで山の作業(枝打ち・間伐)も困難になります。とても暖かいと好評で、地元の店舗でも別途購入させていただきました。(林業)
・「人を喜ばせる、喜んでもらう」ことがこんなにも自分の胸を温めるものだということを知りました。(教師)
・常に水を扱う鮮魚スーパーで、職場は大変冷えますので、社員一同感謝感激しております。(スーパーマーケット従業員)
・病院のスタッフ・患者様等に順次配らせていただきました。新年早々のお年玉に皆驚き大変喜んでおられました。(医師)


【海外でのヒートテック着用の反響】

 ヒートテックは日本の繊維技術の粋を結集して開発され、その認知率は6割を超え、世界の生活にも浸透してきました(※)。ヒートテックによって、寒い季節も薄着で過ごせるなど服の着こなしが変わりつつあります。また、シンガポールなど、常に暑さの厳しい国でも、冷房による冷え対策やトラベルアイテムとして活用されるなど、新しい需要も生まれています。一方で購入経験率は2割(※)とまだまだヒートテックの暖かさを体験いただいていないお客様がいらっしゃることから、ヒートテックを着ることで少しでも日常生活を快適に過ごしていただきたいとのおもいから、今年より応援プロジェクトの対象を世界へも拡げ、寒さの中頑張る方々を応援してまいります。

・寒い仕事場でも、薄手のシャツの下にヒートテックを1枚着るだけで十分です。とってもくつろげます!(イギリス/ 20代女性)
・家の中でも外でもヒートテックを脱ぐことができません。薄くて動きやすいので、 冬の間、ヒートテック中毒になりそうです!(韓国/ 40代女性)
・北京の冬は寒いので、家でも外でも、必ずヒートテックを着ています。暖かさに感動してます。(中国  / 30代男性)

※2012年当社調べ(ユニクロを展開する10の国と地域でネット調査を実施 N数:日本=413 世界=3986)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。