logo

平成25 年度産油国技術者研修等事業「第五期探鉱地質コース」を開講

JOGMEC 2013年10月23日 18時36分
From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、9月30日(月)から12月6日(金)の期間で、平成25年度産油国技術者研修等事業「第五期探鉱地質コース」を開講しました。本コースには、東南アジア、中央アジア、中東、アフリカ、中南米の20カ国から22名の技術者が参加しています。

 産油国技術者研修は、産油ガス国との人的交流及び協力関係の強化を目的に、各国政府機関や国営石油会社などから石油・天然ガス開発技術者等を日本に招聘し、技術センターを中心に実施しています。

 コースは「探鉱地質」「物理探鉱」「掘削マネジメント」「油層工学」の4コースで、それぞれ10週間にわたり開講しています。各コースは、それぞれの分野の技術講義やワークショップにより、実践的なスキルの習得を目指したものであり、研修旅行などを通じて日本の文化や社会なども紹介しています。また、これら
通常コースの他に短期の特別研修として、政府間協定に基づくイラク特別研修などを実施しています。

 JOGMECは、1989年に本事業を開始してからこれまで24年間にわたり、46カ国2,847名に及ぶ技術者などの研修を行ってきました。研修事業による産油国の人材育成が明日の日本の資源安定供給に寄与するよう、今後も研修の強化・充実に努めてまいります。

■ コース概要
1)名称
平成25年度海外技術者研修事業「第五期探鉱地質コース」
2)実施期間
9月30日(月)~12月6日(金)(10週間)
3)対象
産油ガス国の石油・天然ガス関連の政府機関、国営石油ガス会社等に属する中堅石油開発技術者等
(東南アジア、中央アジア、中東、アフリカ、中南米の20カ国、22名)

<参考>

●探鉱地質コース:
地質データの評価、解釈のための各種技術の習得を目的とし、一般講義、ワークショップ
(実践的講義)、地質巡検を実施する。

●物理探鉱コース:
三次元物理探査技術の活用による油ガス探査技術の習得を主たる目的とし、最新技術
の講義、ワークショップ(地震探査データの処理・解釈の演習)を行う。

●掘削マネジメントコース:
坑井掘削の計画・立案能力及び実践的技術の習得を目的とし、基礎的知識・安全管理
等の講義、掘削シミュレータを用いた訓練を行う。
(IADCによるWellCap Certificate取得※)

●油層工学コース:
油層の総合評価及び油層工学全般にわたる技術の習得を目的とし、油層解析等の講
義、ワークショップ(油層シミュレーション)を行う。

※IADC (International Association of Drilling Contractors)による掘削現場における国際的資格。日本国内では、
JOGMECのみが発行を認められている。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。