logo

タタ コンサルタンシー サービシズ 2013年度 第2四半期決算結果

タタ コンサルタンシー サービシズジャパン株式会社 2013年10月16日 17時00分
From Digital PR Platform


報道関係各位

2013年10月16日
タタ コンサルタンシー サービシズジャパン株式会社
==================================
この9四半期で最大の受注量増加により、第2四半期の売上高が急増
売上高:前年度比17%増の33億 4000万ドル
純利益:前年度比16.4%増の7億4,800万ドル
==================================

第2四半期の財務ハイライト
• 営業利益:前年同期比31.9%増の10億700万ドル
• 受注量:前年同期比7.3%増

第2四半期の業務ハイライト
• 新規採用総数:17,362人
• 総従業員数:285,250人
• 稼働率(トレイニーを除く): 83.4%の高水準を維持
• 1億ドル規模の新規クライアント:19社から22社に増加

2013年10月15日、インド・ムンバイ発-ITサービス、コンサルティングおよびビジネスソリューション企業のタタコンサルタンシー サービシズ(本社:インド・ムンバイ、以下「TCS」)は、2013年9月30日を末日とする2013年度第2四半期の連結決算を発表しました。

TSCの代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)N.チャンドラセカランは第2四半期の業績について、次のように述べています。「TCSは当四半期にも再び優れた業績を達成しました。効率的かつ精力的に業務を遂行し、それぞれの市場と業界にわたり大きな成長を遂げました。業界主導のソリューションへの継続的な投資に加え、企業にインサイトとデジタル革命によるメリットを提供するための取り組みは、お客様の間にTCSへの認識を高めると共に市場においてTCSブランドを差別化することに貢献しました。」

さらに今後について以下のようにコメントしています。「さまざまな市場において案件の引き合いが数多く続いており、またお客様のさまざまな分野にわたる将来的な事業構築への戦略的連携と参加という、他には見られない機会が生じてしています。」

TCSのCFO(最高財務責任者)ラジェシュ・ゴピナサンは、「受注量の堅調な増加、通貨変動による押し上げ効果、および着実な業務遂行が、今四半期に計上した業界をリードする利益率に貢献しました。高度な規律に基づく業務管理能力は、成長を維持し、株主にさらに優れたリターンを提供するため必要な投資ペースの維持を支えました」と述べています。

第2四半期には特にライフサイエンス、メディア、エネルギーとユーティリティ、および金融関連(BFSI:バンキング・ファイナンシャル&インシュランス)が牽引役となり、すべての業界で成長を達成、業績に貢献しました。欧州、北米、および英国が成長を主導し、全ての主要な地域において成長を達成しました。アセット・レバレッジド・ソリューションズ、アシュアランスサービス、エンタープライズ・ソリューションズ、エンジニアリング&インダストリアルサービス(EiS)、およびインフラストラクチャが貢献し、ITとその他のサービス分野でもバランスのとれた成長を達成しました。

第2四半期の主な契約案件
• 世界的な金融機関から、世界全体へのアプリケーション展開を保証するアシュアランスサービスの多年度契約を獲得しました。
• 北米の大手製薬会社との間に、世界中のデータセンターを対象としたエンドツーエンドのマネージドサービス提供を目的とする数百万ドル規模の契約を締結しました。
• 北米の大手ユーティリティ企業から、カスタマーサービスシステム維持と変革のための数百億ドル規模の多年度契約を獲得しました。
• 世界的な大手通信企業から、サプライチェーンを含む複数の主要業務に関するコアアプリケーション管理を受注しました。
• 世界的なプロフェッショナルサービス企業から数百億ドル規模の多年度契約を獲得しました。
• 大規模なグローバル・ユニバーサルバンクから、世界全体でのアプリケーション開発およびメンテナンスサービスの戦略的パートナーに選ばれました。
• 世界的な飲料メーカーから、サービス統合を含むエンドツーエンドのマネージドインフラストラクチャサービスを受注しました。
• 南アフリカの大手通信会社から、多年度にわたる変革およびERPプラットフォーム上でのマネージドサービス提供業務を獲得しました。

デジタルサービス及びソリューションでの主な契約案件
• 北米の大手エンジンメーカーから、クラウド上においてビッグデータ技術を使ったテレマティクスプラットフォーム導入案件を受注しました。
• 大手ハイテク企業から、ビッグデータプラットフォームを使ったマーケティングアナリティクスシステムの導入と管理を目的とする多年度契約を獲得しました。
• 北米の大手製薬企業から、アナリティクスのためのホステッド臨床データプラットフォーム構築案件を受注しました。
• アフリカ最大の銀行のひとつから、顧客に対して360度の視認性を構築するマスターデータ管理戦略確立業務を受注しました。
• 世界的な航空宇宙企業からマスターデータ管理戦略構築案件を受注しました。
• 北米の大手多角化企業から、エンタープライズデータを対象としたデータ品質保証のフレームワーク作成案件を受注しました。
• 欧州を拠点とする世界的な大手銀行業務および金融サービス企業との間に、ビッグデータ技術を使った財務情報ハブ構築案件を獲得しました。
• アジア太平洋地域に拠点を置く世界的な大手エンジニアリング、電気機器、および電子製品企業からマスターデータ資産改善の案件を受注しました。
• インドの小売企業から社有のAndroid機器を管理するため、クラウドベースのTCS Hy5 Presidio(TM) 携帯機器管理製品が選ばれました。
• 北米の大手医薬品サービス企業からすべての主要モバイルプラットフォーム上でのイベント管理のためににTCS Event Maestrot(TM)製品が選ばれました。
• 北米の保険会社から、安全な運転を促進し、リスク管理を改善するスマートフォンベースのテレマティクス製品であるTCS GoSafe(TM)が選ばれました。
• インドの保険会社から代理店向けにTCS iAgent(TM)モバイルソリューションが選ばれました。
• アジア太平洋地域に拠点を置く世界的な航空会社から、モバイル機器を使った客室乗務員のサービスデジタル化プラットフォーム開発案件を受注しました。
• 北米の保険会社から、外交員向けのマルチプラットフォームタブレット開発案件を受注しました。
• 欧州の世界的な銀行から、世界中の個人および企業クライアントを対象とした、多国籍対応のモバイルアプリケーション開発案件を獲得しました。
• 北米の大規模地銀から、モバイルアプリケーション開発サービスの戦略パートナーに選ばれました。
• 北米の世界的な消費財企業から、デジタルによる変革を製造、エンジニアリング、および世界中のサプライチェーン関連のビジネスプロセスに導入する、モバイルアプリケーション構築のための主要パートナーに選ばれました。
• 欧州の世界的な半導体機器メーカーから、現場担当者の業務オーダーに基づくビジネスプロセスを文脈的サービスによって変革する、複数のプラットフォームを対象とした現場担当者向けアプリケーション開発案件を受注しました。

製品/プラットフォームの主な契約案件:
• 中東の大規模な銀行から、コアシステムのアップグレードおよび最高のデジタルバンクへの変革業務を受注しました。
• 中南米有数の銀行からTCS BaNCSに基づく業務を受注しました。アジア太平洋地域の有数のリージョナルバンクからTCS BaNCSによるコアバンキングプラットフォームの導入案件を受注しました。
• アフリカ有数の銀行からホールセールおよびカストディ業務のクライアント向けに、TCS BaNCSチャンネルソフトウェアが採用されました。
• 欧州の2つの手形交換所からTCS BaNCS Market Infrastructureプラットフォームが選ばれました

イノベーションと知的財産:
2013年9月30日現在、TCSは今当四半期に申請した101件を含めて1,441件の特許を申請中で、これまでに98件の特許を取得しています。

人材関連
TCSは事業拡大をサポートするため、引き続き人材を雇用しました。採用した人数は17,362人(純増加人数7,664人)で、連結ベースの総数は285,250人となりました。稼働率(トレイニーを除く)は、83.4%で、トレイニーを入れて75%でした。離職率(LTM)は従来と変わらずBPOを含めて10.9%になりました。ITでの離職率は9.9%で、一方BPOの離職率はそれよりも高く16.3%でした。

TCSはこの四半期に、New York Road Runnersとの提携の一環として、5つの区での通年コミュニティプログラムと従来からの主要な競技を含め、8年間にわたりニューヨークマラソンのタイトルスポンサーとなることを発表しました。TCSニューヨークマラソンは2014年から開始されます。

グローバル人事部門最高責任者のアジョイ・ムカージーは次のように述べています。「業界リーダーとしてのTCSのステータス、および積極的な従業員関与プログラムに基づき、最高水準の従業員の定着率および稼働率を持続することができました。今四半期にはトレイニーを含む稼働率がさらに改善されたことに勇気づけられています。」

受賞と認定: ビジネスリーダーシップ:
• インド「Most Respected Company」賞 - Business Worldより 
• 「2013 Information Week 500」の上位50社にランクイン – 米国最高の技術イノベーション企業リスト
• 「World’s Most Innovative Companies」の1社に選ばれる – Forbesより
• 「Best Performing IT Vendor of the Year」賞 – シンガポール航空より
• 英国での顧客満足度調査において1位 – Whitelane Researchによる調査
• 「Asia’s Best Employer Brand Awards 2013」にて複数の賞を獲得
o 「BPO Organisation of the Year」賞
o 「Operational Excellence & Quality in the BPO Industry」賞
o 「Talent Management, Excellence in HR through Technology」賞
o 「Best HR Strategy in Line With Business」賞
o 「Innovation in Recruitment and Excellence in Training」賞
• 「2013 Top 10 Global Service Provider in China」に入賞
• 「Top Employer in South Africa」に選ばれる – Top Employers Instituteより
• 「Citi International Award」にて「Highly Commended」を獲得 – 「Business in the Community Responsible Business Awards 2013」賞

パートナー:
• アシュアランスサービス部門が「COE of the year」を獲得 – HPより
• 「Technology Partner」に選ばれる – Manufacturing Leadership Communityによる「Manufacturing Leadership 100 Awards」賞
• TCS Passport Seva Project & APOnline’s MeeSevaに対して「eIndia Governance」賞を受賞
• 「Partner Excellence」賞 – Pegasystems, Incより
• 「Cloud Partner of the Year」賞 – NetAppより
• 「Microsoft IT –Innovator of the Year」賞 – Microsoftより

持続可能性:
• 「Excellence in Energy Management」賞を受賞 – CIIより
• グリーンビルイニシアティブに対する特別賞 - Confederation of Indian Industry (CII)より
• 「Global 500 Carbon Performance Leadership Index 2013」に選ばれる
• 「Global Leaders in 2013」の1社に選ばれる - Dow Jones Sustainability World Indexより
• 「Singapore HR Awards 2013」にて複数の賞を受賞 - Singapore Human Resources Institute (SHRI) より
• 「Best Mobile Learning Program」にて金賞を受賞 – TISS-LeapVault CLO Awardsより

リーダーシップ:
• N.チャンドラセカランCEOは以下の賞を受賞しました。
o 「Best CEO」を受賞- Institutional Investor's 2013 Annual All-Asia Executive Team Rankingsより
o 名誉博士号を授与 - オランダ最高の民間ビジネススクールであるNyenrode Business Universiteitより
o 名誉科学博士号(Honoris Causa)を授与 -  KIIT大学より  

※原文はこちらからご覧いただけます:
リンク

タタ コンサルタンシー サービシズ(TCS)について
タタ コンサルタンシー サービシズは、世界の企業を顧客として他の企業では匹敵することのできない確実さをもって真の結果を提供する、ITサービス、コンサルティング、およびビジネスソリューション企業です。TCSはコンサルティングを基盤とし、IT、BPO、インフラストラクチャ、エンジニアリング、およびアシュアランスサービスを総合的に提供しています。これらは卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS独自のグローバル・ネットワーク・デリバリー・モデル(Global Network Delivery Model(TM))を通じ、ITとITによって可能になるサービスを総合的に提供しています。TCSはインド最大の工業コングロマリット(複合企業体)であるタタグループに属し、285,000人を超える最高のトレーニングを受けた人材を世界44か国に展開しています。2012年3月31日を末日とする会計年度の売上高は116億米ドルに達し、またインドの国立証券取引所とボンベイ証券取引所に上場しています。TCSの詳細についてはwww.tcs.comをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。