logo

◎Markenのアジア太平洋地域担当副社長にM・カルメセイモア氏

Marken 2013年10月04日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Markenのアジア太平洋地域担当副社長にM・カルメセイモア氏

AsiaNet 54504
共同JBN 1146 (2013.10.4)

【リサーチトライアングルパーク(米ノースカロライナ州)2013年10月3日PRN=共同JBN】Markenは3日、マイケル・カルメセイモア(Michael Culme-Seymour)氏を10月14日付で新ポストであるアジア太平洋地域担当の副社長に指名したと発表した。カルメセイモア氏は、臨床物流および同地域のシンガポール、オーストラリア、インド、中国、日本、香港、韓国の7支社に責任を持つ。

(Logo:  リンク

カルメセイモア氏は、シンガポール、チューリヒ、ロンドンにある航空会社、宅配便、大手郵便会社で22年の物流経験を持っている。彼は最近まで、生命保険関係の物流を専門にする非上場企業、Fischer Express Pte Ltd.のオーナーだった。それ以前は、シンガポールを本社とするコンサルティング企業、Deutsche Post Global Mail、DHL Global Mail、Swiss Cargo、DHL Express、International Bonded Couriersを含むさまざまな企業で上級管理職を務めた。同氏は英国人で、16年間の海外兵役があり、6年間英海軍下士官を務めた。

Markenのウェス・ウィーラー最高経営責任者(CEO)は「マイケル・カルメセイモア氏をMarkenに迎えることができ喜んでいる。カルメセイモア氏は当社が成長しているアジア太平洋地域に広範で実践的経験とリーダーシップをもたらしてくれる。当社は過去2年間、重要な投資をこの地域、特にインド、中国、日本、韓国で行ってきており、シンガポール、香港、オーストラリアですでに強固になっている当社のポジションにこれらの国が加わった。当社として、臨床試験のための患者募集の変化、治療未経験者の継続的な募集、患者が多い中国の登場、これらの国から供給されるバイオ後続薬品の爆発的成長よって、アジア太平洋地域の潜在的成長力が大きいと考えている。カルメセイモア氏は、この地域における当社のプレゼンスを拡大することに取り組み、当社の戦略計画に大いに寄与する」と語った。

▽Markenについて
Markenは150カ国余で4万9000人以上の臨床責任医師を支援し、医薬品やライフサイエンス業界に貢献している世界的な臨床サプライチェーン・ソリューションの大手プロバイダーである。Markenのデポと流通サービスは、最も隔絶された未開地にも臨床試験をもたらすソリューションとして統合されている。

▽問い合わせ先
Christine Noble
info@marken.com
+1-919-474-6890

ソース:Marken

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事