logo

「ECHONET Liteミドルウェアアダプタ 汎用モジュール」を受注開始

~ 家電などのネットワーク収容を容易に実現 ~

NECエンジニアリング(代表取締役 執行役員社長:上河 深、本社:東京都品川区)は、ECHONET Liteレディ機器をECHONET Liteネットワークに接続するための、「ECHONET Liteミドルウェアアダプタ 汎用モジュール」の受注を本日から開始します。
本汎用モジュールのECHONET Liteインタフェースは、有線LANと無線LANの2種類があり、有線LANタイプは2014年1月、無線LANタイプは2014年3月からの出荷を予定しています。



ECHONET Liteは、エコーネットコンソーシアムが策定したスマートハウス向けの通信規格であり、2011年には経済産業省よりHEMS(Home Energy Management System)標準インタフェースとして推奨されました。HEMSでは、エアコンや照明をはじめとする白物家電や給湯器、蓄電装置、太陽光発電装置などの住宅設備機器がネットワーク接続され、電力の見える化や、機器制御による省電力化が実現できます。

近年、スマートハウス、スマートマンションの広がりにより、家電機器メーカや住宅設備機器メーカではHEMSに対応した製品の開発が求められており、ECHONET Liteに対応可能な汎用モジュールへの要求が高まっていました。
このためNECエンジニアリングでは、各機器メーカのECHONET Lite規格適合製品との相互接続に対応した「ECHONET Liteミドルウェアアダプタ 汎用モジュール」の製品化を行いました。

NECエンジニアリングは本汎用モジュールを、HEMSに対応した製品の開発を考えている企業や家電、住宅設備、創エネ・蓄エネをはじめとするさまざまな分野の機器メーカに拡販し、ソリューションも含め今後2年間で5億円の販売を目指します。

「ECHONET Liteミドルウェアアダプタ 汎用モジュール」の主な特長は次のとおりです。

・ECHONET Liteネットワークとの接続が容易
 ECHONET Lite通信ミドルウェアを機器本体に持たない「レディ機器」を対象とした汎用モジュールです。
 各種機器メーカにてECHONET Lite機器認証取得作業を行うことなく(注)、本汎用モジュールを機器内に
 組み込んだり外付けアダプタとして用いたりすることで、ECHONET Liteネットワークへ容易に接続する
 ことができます。

・機器への組込みが可能な小型サイズ
 56mm×42mmと小型サイズであるため、機器内への組み込みが容易です。
 さらに、本汎用モジュールをケースに収容することで外付けアダプタとしても製品化ができるため、
 機器本体の価格を抑制するためにオプションとして外付けアダプタを販売するメーカにも適しています。

・有線LAN/無線LANをラインナップ
 装置の用途に応じて、有線LAN/無線LANの選択が可能です。
 無線LANタイプについては、カスタマイズにてZigBeeや920MHzなどのインタフェース対応を予定しています。

・Webアプリ機能を有しスマホ連携を実現(カスタマイズ対応)
 本汎用モジュールは簡易サーバ機能を搭載可能であり、カスタマイズにてWebアプリケーションを実装
 することで、スマートフォンやタブレットとの連携が可能です。
 これにより、機器状態の見える化やリモート制御機能が実現できます。

NECエンジニアリングは、本汎用モジュールの提供および受託開発によりHEMS市場の拡大に貢献するとともに、今後も、エネルギーの見える化・省電力によりエネルギー・環境問題へ取り組んで行きます。

なお、NECエンジニアリングは本汎用モジュールを「CEATEC JAPAN 2013」(2013年10月1日(火)~5日(土)、幕張メッセにて展示します。

新製品の写真および基本仕様については、以下のURLをご参照ください。
リンク

以上


(注)有線LANタイプは、ECHONET Lite規格(Ver.1.01)適合性認証申請中です。
   無線LANタイプについては、2014年3月の製品出荷までに認証を取得する予定です。


<新商品に関する情報>
 リンク

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
 NECエンジニアリング 営業本部 プロダクト営業部
 電話:(044)435-9419

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。