logo

電子書籍(ePub)生成機能などを搭載したコンテンツマーケティング管理システム「Terminal CMS」を提供開始

株式会社アドコードは、既存及び潜在的な顧客と関わり合うためにコンテンツを作成または共有するマーケティング手法「コンテンツマーケティング」支援事業で得たノウハウをパッケージ化したコンテンツマーケティング専用のサイト管理システム「Terminal CMS(Content Marketing System)」の提供を開始致しました。



企業のマーケティング活動を支援する株式会社アドコード(本社:東京都新宿区、代表取締役:古川 大輔、以下アドコード)は、既存及び潜在的な顧客と関わり合うためにコンテンツを作成または共有するマーケティング手法「コンテンツマーケティング」支援事業で得たノウハウをパッケージ化したコンテンツマーケティング専用のサイト管理システム「Terminal CMS(Content Marketing System)」の提供を開始致しました。

Terminal CMSは、アドコードが手掛けたコンテンツマーケティングプロジェクトで培ったノウハウを手軽に活用できるように開発したWebアプリケーションで、一般的なサイト管理ソフトが持つ機能に加え、「コンテンツ管理機能」「コンテンツリコメンド機能」「ソーシャルメディア連動機能」「見込客育成機能」「ePub生成機能」などの多くの機能を搭載しています。

Terminal CMSは、専用サーバを使用した「占有タイプ」とIaaS型クラウドを活用した「クラウドタイプ」の2タイプからなり、サイト規模にあったタイプを選択することが可能です。

アドコードでは、Terminal CMS並びにコンテンツマーケティング導入支援サービスを自社のオウンドメディア開発を検討している企業、社内報などの紙資産のWeb化を検討している企業などのこれからコンテンツマーケティングを始めたい企業や、顧客向けにコンテンツマーケティングを活用したい企業向けに積極的に提供を行ってまいります。


■Terminal CMS 紹介URL
リンク


【株式会社アドコードについて】
設立: 2006年10月24日
代表者: 代表取締役 古川 大輔
所在地: 東京都新宿区西新宿7-11-3 平田ビル3階
事業内容: ソーシャルメディアマーケティング支援 
      コンテンツマーケティング支援
      Webサイト/スマートフォンアプリ制作
自社サイト: リンク
Facebook : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。