logo

第18回ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト開催

優勝は小峰 直さん(小学6年生、山梨県)の「笑顔しっかり、元気な朝ごはん」

服部栄養専門学校(校長:服部 幸應)では、小学生を対象とした料理コンテスト『第18回ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト』を2013年7月30日(火)、同校において開催しました。
“一日の始まりは朝ごはんから”。このテーマに基づいた、料理レシピが全国から202通届き、厳正な書類選考を通過した10名が本選大会に出場し、腕を競い合いました。

「第18回ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト」は、北海道、青森県、秋田県、福島県、栃木県、東京都、埼玉県、山梨県、大阪府、兵庫県から各1名参加という全国的規模で実施されました。技術を競う規定競技部門と、ユニークな発想、創意工夫、味付け等を採点基準とするオリジナルレシピ調理部門、この2つの部門の総合点が審査のポイントです。

親の力に頼らず、子供たちが一人で調理するのがこのコンテストの基本。子供たちの熱意に対して、審査する先生方も真剣そのもの。
その熱戦を制し優勝したのは、小峰 直さん(こみね なお、小学6年生、山梨県都留市)の「笑顔しっかり、元気な朝ごはん」。A:地産地消ご飯、B:トマトと卵炒め、C:手作り塩麹ナゲット、D:たまらん・とまらんきんぴら、E:豆腐とわかめのすまし汁という内容。

準優勝は、丸山 楓佳さん(まるやま ふうか、小学3 年、栃木県小山市)の「夏にぴったり!!元気モリモリ朝ごはん」と、小田 楓香さん(おだ ふうか、小学6年生、青森県五所川原市)の「おばあちゃんの味☆津軽の朝ごはん」。
今回はさらに、上田 彩奈さん(うえだ あやな、小学6年生、兵庫県川西市)に「技術賞」、永井 綺愛さん(ながい きりあ、小学6年生、秋田県男鹿市)に「特別賞」が贈られました。

服部校長は、総評として「皆さん素材のうま味をとてもよく活かしていて感心しました。それとメモ帳も見ずに料理に真剣に取り組んでくれました。そうした努力がいい結果に結びついたコンテストでした。」と出場者に向けて語りました。
また特別審査員として天才料理少女として人気のこごまちゃんが参加。ちなみに彼女は第15回目の優勝者です。

このプレスリリースの付帯情報

優勝者(小峰 直さん)と服部幸應校長

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。