logo

OpenBiz社がオープンソースERP「iDempiere」のグローバル・コミュニティを支援

~公式ドキュメントの作成・公開や、品質保証フレームワークを提供~

株式会社オープンソース・ビジネスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:谷川真一、以下「OpenBiz」)は、オープンソースERP「iDempiere」のグローバル・コミュニティに対する支援内容について、コミュニティのリーダーであるRedhuan D.Oon氏と意見交換を行い、コミュニティと合意致しました。

株式会社オープンソース・ビジネスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:谷川真一、以下「OpenBiz」)は、オープンソースERP「iDempiere」のグローバル・コミュニティに対する支援内容について、コミュニティのリーダーであるRedhuan D.Oon氏と意見交換を行い、コミュニティと合意致しました。

■iDempiereとは
iDempiere(アイデンピエレ)は、オープンソースのERPパッケージ(統合業務パッケージ)ソフトウェアです。受注から在庫、出荷までの一連のサプライチェーンマネージメント(SCM)と管理会計、財務会計を含めた企業の基幹業務をサポートします。iDempiere(アイデンピエレ)は、オープンソースのERPパッケージであるADempiere(アデンピエレ)に、OSGi(※1)などの新機能を追加した最新の後継製品です。
詳細は以下を参照願います。
リンク
リンク

■グローバル・コミュニティでの課題
iDempiereはERPパッケージとして優れたソフトウェアですが、企業での利用に際しては以下の課題がありました。
・マニュアルなどのドキュメントが不足している。(英語のドキュメントも不足している)
・バージョンアップ時のレグレッションテスト等、品質保証のための仕組みが不足している。
また、日本での利用については以下のような課題がありました。
・日本の法律、制度への対応が行われていない。
・ワークフローなど、日本独自の業務への対応が行われていない。

■OpenBizによる支援
このような課題に対応するため、OpenBizはiDempiereのグローバル・コミュニティの一員として、以下を担当致します。
・既に先行して日本語で作成しているドキュメントを英訳し、グローバル・コミュニティに提供します。
・バージョンアップ時のレグレッションテストや、負荷テストなどを行う環境を構築し、継続的にテストを実施、結果を公開します。
・日本の法律、制度への対応のための開発や、ワークフロー機能の改善などを行い、iDempiereの本体のリポジトリに反映します。

OpenBizはユーザ企業やシステムインテグレーター向けに、iDempiereの導入、保守サポート、及び運用サービスを提供しております。(リンク) 今後はこれらのサービスをより強化するとともに、今後もiDempiereグローバル・コミュニティの一員として、iDempiereの普及、発展に貢献致します。

(ご参考)
※1 OSGiについて
OSGiは、オープンソースのIDE(ソフトウェア開発ツール)として有名なEclipseでも採用されているプラグイン構造を実現するための仕様です。
リンク
iDempiere(アイデンピエレ)は、EquinoxというOSGi実装を使ってプラグイン構造を実現しています。

※2 iDempiereの機能
添付の画像をご確認ください。

このプレスリリースの付帯情報

iDempiereの機能

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。