logo

株式会社JALUXフレッシュフーズ開業

株式会社JALUX 2013年07月01日 15時43分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月1日

株式会社JALUX

株式会社JALUXフレッシュフーズ開業
M&Aにより農産事業拡充へ!!

株式会社JALUX(代表取締役社長 横尾 昭信 東証1部:コード2729)は、2013年7月1日、農産事業を展開する(株)アグリ・サン(以下、アグリ・サン)の農産事業を譲受し、同社グループ海外子会社2社のM&Aにより、当社農産事業の拡充を図ります。

当該中核事業領域のひとつ「食品」における当社農産事業は、生鮮パプリカを主力に世界15ヵ国から約30種類の生鮮野菜・果物等を海外から輸入し国内の青果会社・量販店・外食産業等に卸販売をしています。アグリ・サンは、タイとラオスの同社グループ海外子会社を通じ、現地アスパラガスやオクラ等の生産・加工・輸出を手掛け、日本国内における輸入アスパラガス・オクラ流通市場での一定のシェア(タイからの輸入量1位)を確保していました。

当社は、2013年5月23日、アグリ・サンと事業譲渡契約を締結し、同年7月1日、同社の農産事業を当社100%出資の販売会社*(株)JALUXフレッシュフーズが譲受し、また同社グループ海外子会社2社(タイ王国のTaniyama Siam Co., Ltd.(以下、TS社)とラオス人民民主共和国のAdvance Agriculture Co., Ltd.(TS社100%出資)の株式取得(M&A)により**当社の子会社といたしました。
**当社より海外連結子会社であるタイ王国のJALUX ASIA Ltd.にTS社株式を譲渡。

これらにより、タイ・ラオスなどのASEAN 地域における農産品の生産・加工(供給)拠点を確保し日本国内での販売に至るサプライチェーンを強化します。当社の主力商材であるパプリカ等の生鮮野菜に加え、当社グループで生産・加工されるアスパラガス・オクラを第2・第3の柱とし、取扱商材の拡充を図り、農産市場での競争優位性を確保してまいります。

JALUXは、今回のM&A等による戦略的な展開により、農産市場における中長期的な事業成長と共に当社「食品」事業全体の成長を促進し、企業価値の一層の向上を目指してまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。