logo

アクロニス、倉庫管理システム企業の 混在環境のバックアップやP2V向けに採用

アクロニス・ジャパン株式会社 2013年06月27日 14時00分
From DreamNews

物理環境、仮想環境、クラウド環境に対応し使いやすさを追求したバックアップと復元のソリューションを提供するリーディングカンパニーであるアクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州 / 日本:東京都港区、代表取締役 村上督、以下: アクロニス)は、株式会社シーネット(本社: 千葉県船橋市 / 代表取締役社長 小野崎 伸彦、以下: シーネット)が物理、仮想が混在する環境におけるP2Vおよび包括的なバックアップを実施するため、アクロニス製品を導入したことを本日発表します。

<導入背景と課題: 事業の拡大、データ量の増加により、仮想化を推進。しかし、物理、仮想が混在する環境での包括的なバックアップに課題>
1992年に設立されたシーネットは、WMS(倉庫管理システム) 市場においては、No.1の実績を持ち、倉庫管理に、ITの力を導入したシステム&サービスを提供しています。同社は、国内で8件、米国でも1件の特許を取得し、音声認識や物流システムのクラウドサービスやスマートデバイスにもいち早く対応しました。2013年には中国事務所をオープンし、東南アジア、中国に進出する日系企業向けのサポートも開始しました。シーネットは、昨今のクラウド型サービスの需要の拡大、また、情報セキュリティーの意識の高まりを受けて、2009年、ISMS(ISO27001:情報セキュリティー管理システム)を取得しました。同社は、同規格取得に向けて、バックアップソリューションとして、アクロニス製品を採用し、その後もお客様のご要望に応じて、個別にバックアップを行ってきました。さらに、近年の事業の拡大、データ量の増加に伴い仮想化を推進してきました。しかしながら、仮想化導入によってもたらされた物理、仮想が混在するIT環境では、今までのバックアップ手法が有効ではないため、シーネットは、異種IT環境を包括的に網羅するバックアップ製品を導入する必要がありました。

<ソリューション: 混在環境のバックアップに加え、P2Vにもアクロニス製品を活用。簡単、シンプルな設計により、設定、導入まですべて自社で完結>
シーネットは、上記記載の課題を解決するため、Acronis Backup & Recovery 11 Virtual Editionを導入しました。データ量の増加により、アプリケーションやWebサーバを仮想環境に移行することとなり、まずは、アクロニス製品を使ってP2Vを実施しました。これにより、無制限にP2Vができ、かつ異種環境へも復元が可能となりました。

また、同社では、仮想化の推進に伴う物理と仮想環境が混在するIT環境に対応するため、これらの異種環境を横断的、包括的に網羅するバックアップが必要となっていました。シーネットは、アクロニス製品を採用することで、異種環境をまるごと簡単にバックアップできるようになりました。

シーネットでは、わかりやすい管理インターフェース、シンプルな画面の提供、また簡単な操作性を実現するアクロニス製品を選択することで、システムインテグレーター企業の専門的な知識・経験に依存することなく、設定から導入、運用に至るまで自社で完了することができました。

現在、シーネットでは、物理10台、仮想20台、合わせて550GBの規模のバックアップが実行されていますが、今後さらに仮想化を推進し、より包括的なバックアップを実施していく予定です。


<導入評価ポイント>
1. Windows/Linux、さらに物理や仮想も混在する環境でもバックアップ&復元が自由自在
仮想、物理、またWindows、Linuxが混在するサーバ環境でもバックアップでき、またバックアップ元の物理サーバだけではなく、仮想環境への復元も可能。

2. 無制限にP2Vが可能、1ライセンスにつき、何台でもゲストOSのバックアップが可能
物理サーバを仮想サーバに移行するにあたり、無制限にP2Vを実施できる。また、1ライセンスにつき、何台でもゲストOSのバックアップが可能。

3. 簡単にセットアップでき、運用もらくらく
現在物理サーバ10台、仮想サーバ20台ほどをアクロニス製品でバックアップしているが、システムインテグレーター企業の方にお願いしなくとも、自社で設定から導入を完結することができる。

■シーネットの事例資料詳細は以下からダウンロードできます
リンク


【報道関係者のお問い合わせ先】
アクロニス・ジャパン株式会社 マーケティング  担当 北尾(PR担当)
TEL: 03-6430-1442/ Email: Media_jp@acronis.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事