logo

[J.D. パワー]2013年米国自動車初期品質調査(IQS)

株式会社ジェイ・ディー・パワー アジア・パシフィック 2013年06月20日 11時11分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年6月20日

株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック

J.D. パワー 2013年米国自動車初期品質調査(IQS)

J.D. パワー報道資料:
改善困難な設計由来の不具合が、顧客が新車で経験する不具合の3分の2を占める

GMが、シボレー5モデルを含む、8モデルにおいてセグメント別ランキングで1位
ブランド別ランキングのトップはポルシェ


※本報道資料は、日本時間6月20日午前2時に米国で発表された資料を翻訳したものです


米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジ(2013年6月19日): 新車購入後90日以内に顧客が経験する不具合の大多数は、製造上の欠陥ではなく設計に起因している。本日デトロイト・アスレチック・クラブで行われた自動車記者協会の昼食会において発表されたJ.D. パワー2013年米国自動車初期品質調査SM (IQS) によると、これら設計上の不具合は、欠陥とは異なり、ディーラーレベルで解決される可能性は非常に低い。

J.D. パワーの初期品質調査は、新車の品質を調べる業界のベンチマークの役割を果たしているが、2013年には調査設計の変更が行われ、今日の車両の品質をより良く測定できるよう、特に新テクノロジー・機能面での強化が行われた。それに加え、27年目となった本調査から、新車の所有者からより詳しい内容のフィードバックが得られるように変更を行った。

新車購入後90日以内に顧客が経験した不具合の3分の2は、正常に機能が作動しないという不具合ではなく、車両の設計に関するものであった。部品自体は設計されたとおりに作動しているが、操作の方法が分かりにくい、あるいは操作が困難である場合には、顧客はそれを不具合と見なすということである。

設計上の不具合は、故障が原因ではないため、新車購入後90日以内では、これらの問題を経験した顧客のわずか9%しかディーラーに修理を依頼しておらず、そのうち不具合が解決したのは13%に過ぎない。それに対し、製造不具合や故障を経験した顧客の場合、28%が車をディーラーに持っていき、そのうちの42%は修理がなされている。

「自動車メーカーは何十億ドルも投資して、設計や車両の製造を行い消費者が望むテクノロジーを加えているが、時には車両の設計や搭載されているテクノロジーが、顧客のニーズとマッチしないリスクもある。」とJ.D. パワーのグローバル・オートモーティブ部門バイス・プレジデントのデヴィッド・サージェントは述べ、「留意していただきたいのは、自動車メーカーは、様々なタイプの消費者にアピールする車を設計しようとしているが、大多数にとって役立つものでも、全ての人に役立つとは限らないということだ。成功しているのは、顧客が欲するテクノロジーを、全ての顧客が使いやすいと感じられるに十分な直観的方法で提供する手立てを見つけ出した自動車メーカーである。」と指摘している。

業界全体の初期品質としては、100台当たりの不具合指摘件数 (PP100)の平均は113であった。 顧客が経験する不具合の多くは、音声認識、ハンズフリー技術、携帯電話に対応させたブルートゥース、ナビゲーションシステムなどドライバー用インターフェースに関するものであることが、本調査で明らかになった。

サージェントは「購入時にセールス担当者がテクノロジーの使用方法を説明することにより軽減される問題もあるだろうし、ソフトウェアの変更により修理できる場合もある。しかしながら、顧客にとって操作が困難、理解しにくい、または不便な場所に取り付けられているような機能は、その車に乗り続ける限り問題として残るだろう。」と述べている。

「新車をさらに充実させること、特にテクノロジー関連の機能の搭載を顧客は望み、自動車メーカー側はそれに応えようと努めている。大部分の顧客は不具合を経験することはないが、経験した顧客の場合は不満が募る。何か問題があれば短期間で買い替えのできるスマートフォンに比べれば、自動車の場合は往々にして新車に5年以上乗り続ける。このことを考えれば、それは無理もないことだ。」とサージェントは述べている。

■2013年ランキングのハイライト
ポルシェは、平均不具合指摘件数が80PP100で、この調査のランキング対象となった全ブランド中、第1位となった。第2位はGMC (90 PP100) で、第3位はLexus(94 PP100)である。インフィニティ (95 PP100) とシボレー (97 PP100) がそれに続く。
26に上るセグメント別モデルランキングでは、シボレーが5つのセグメントでアワードを受賞、ホンダ、起亜、マツダ、ポルシェは、それぞれ2つのセグメントでの受賞となった。セグメント別で受賞したシボレーのモデルは、アバランチ (同率1位)、カマロ (同率1位)、インパラ、シルバラード HD、タホである。ホンダで受賞したモデルは、シビックとCRV、起亜ではソウルとスポルテージ (同率1位)、マツダではMAZDA2とMX-5 ミアータ、そしてポルシェではボクスターと911であった。  

ラージ・プレミアムのセグメントでトップをとなったレクサス LSは、本調査に含まれる全てのモデルの中で、平均不具合指摘件数が59 PP100と、最も少なかった。

その他に、アキュラ TL、 ビュイック アンコール (同率1位)、キャデラック エスカレード、クライスラー タウン & カントリー、フォード マスタング(同率1位)、GMC シエラ LD(同率1位)、ヒュンダイ ジェネシス セダン、インフィニティ FX、メルセデス・ベンツ GLKクラス、日産ムラーノ、スマート フォーツー、トヨタ カムリが、セグメント別アワードを受賞している。

■プラントアワード
トヨタ カムリを製造する米国インディアナ州のトヨタのラファイエット B プラント (SIA) が、不具合指摘件数が最も少ないモデルを生産してプラチナ賞を受賞した。プラントアワードには、設計不具合は含まれず、製造不具合の平均値のみに基づいて判断される。

アジア太平洋地域では、レクサス LXおよびトヨタ ランドクルーザーを製造する、トヨタの吉原 (TABC) 工場がプラントアワードのゴールド賞を受賞した。

欧州/アフリカ地域では、アウディ A4、A5、A6、A7、 A8を製造するアウディ AGのネッカーズルム(ドイツ)プラントが、プラントアワードのゴールド賞を受賞している。

2013年の米国自動車初期品質調査は、2013年型の自家用車、ライトトラック、マルチアクティビティ車を購入もしくはリース契約した83,000人以上の対象者に、購入(またはリース)後90日を経てから調査した回答を基にしている。本調査は、233の質問から構成され、自動車メーカーに不具合の特定を促し、車の改善に役立つ情報を提供することを目的とし、2013年2月から5月にかけて実施された。

調査の結果は、世界中のメーカーがその生産の品質向上、そして消費者が自動車を購入する際、より良好な購入の判断材料として、幅広く活用されている。初期品質は長年、消費者の購入決定に直接影響する長期的耐久性の良き予測判断材料となることが示されている。


尚、J.D. パワー アジア・パシフィックでは2013年日本自動車初期品質調査SM (IQS)を8月29日(木)、2013年日本自動車商品魅力度(APEAL)調査SMを9月26日(木)に発表する予定である。

■図表 4枚あり

<J.D. パワーについて>
米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジに本社を置くJ.D. パワーは、パフォーマンス改善、ソーシャルメディア、顧客満足度に関するインサイトとソリューションを提供している国際的なマーケティング情報サービス企業である。当社は、毎年数百万人の消費者からの回答をもとに、品質や顧客満足度に関する調査を行っている。自動車レビューと評価、自動車保険、ヘルスケア、携帯電話の評価、その他に関する詳細情報はウェブサイト参照。J.D. パワーはマグロウヒル・フィナンシャルの一部門である。
JDPower.com リンク



<マグロウヒル・フィナンシャルについて>
マグロウヒル・フィナンシャルは国際的な金融並びに商品市場に対する信用格付、ベンチマーク、情報・分析サービスを提供する事業を行う金融情報サービス企業である。主なブランドはスタンダード&プアーズ レーティングサービス、S&P Capital IQ、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、プラッツ、クリシル、J.D. パワー・アンド・アソシエイツ、マグロウヒル・コンストラクションおよびアヴィエーション・ウィークである。世界27カ国に約17,000人の従業員を有する。
詳細はウェブサイトリンク



<当調査に関するお問い合わせ先>
J.D. パワーのメディア関係連絡先
John Tews(米国ミシガン州トロイ):電話+1 (248) -680-6218、電子メールmedia.relations@jdpa.com
Syvetril Perryman(米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジ):電話+1 (805) -418-8103、電子メールmedia.relations@jdpa.com

(株)J.D. パワー アジア・パシフィック
コーポレート コミュニケーション
住 所: 東京都港区虎ノ門5-1-5 虎ノ門45MT ビル(〒105-0001)
電 話: 03-4550-8060
FAX: 03-4550-8152
e-mail: cc-group@jdpower.co.jp

<ご注意>
本紙は報道用資料です。(株)J.D. パワー アジア・パシフィックの許可無く本資料に掲載されている情報および結果を広告または販促活動に転用することを禁止します。www.jdpower.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。