logo

Skeed、欧州・ルクセンブルクで開催の ICTスプリングに初出展

株式会社Skeed 2013年06月19日 11時00分
From DreamNews

【発表の概要】
今年で4回目を迎える「ICTスプリング」は、フランス、ドイツ、ベルギーに囲まれたルクセンブルクで開催され、世界60か国から3500人が集まる欧州でも急成長のテック・イベントとして注目されています。来場者は大半がビジネス関係者であり、欧州各主要都市から1時間以内のフライトというアクセスの良さもあり、ICT分野における事業者間の活発な交流が期待されます。今回の出展事業者は通信キャリア、通信機器、ソフトウェア、ゲームソフト、人工知能、オンライン決済、ネットワークセキュリティなどから大手56社を含む176社に上ます。
ルクセンブルクが加盟するEU(欧州連合)は、現在27カ国が加盟し、国土面積で日本の約11倍(399万Km2)、主要都市間ではリスボン(ポルトガル)―ヘルシンキ(フィンランド)間で約3370kmと広大な面積を有しています。さらに経済統合による国境を越えたデータトラフィックの増大が見込まれ、2017年には全世界の月間のモバイルデータトラフィックの1/4以上が欧州地域で発生すると予測されています。※1
Skeedはこの欧州地域のポテンシャルに着目し、日本から参加するスタートアップ企業の1社として参加します。本会場ではブース展示とスピードピッチで欧州の市場関係者に向けて日本発の大容量高速コンテンツデリバリー&ファイル転送ソフトウェア製品「SkeedSilverBulletTM」の特徴である、既存ネットワーク環境下において遠距離間では数十倍(FTP比)もの高速性とセキュア性に優れた転送性能をアピールします。本出展を手始めに、今後、Skeedは欧州をはじめとする海外事業の展開を加速してまいります。
※1:Cisco Virtual Networking Index Global Mobile Data Traffic Forecast Updata,2012-2017より
【ICTスプリング2013】
ルクセンブルクで6月に開催する国際ICTイノベーションフォーラム。今年は大企業56社、スタートアップ企業120社が参加。また、日本からはスタートアップ企業10社および大手ITベンダの欧州現地法人2社も参加しています。
日時:2013年6月19日、20日(2日間)
開催場所:LUXEXPO(ルクセンブルク市)
URL:www.ictspring.com
【SkeedSilverBulletTMについて】
SkeedSilverBulletTMは、長距離通信や回線品質の劣化に伴い伝搬遅延を来すという、TCPの欠点を克服するため、コンテンツデリバリーやファイル転送に特化した独自プロトコル“SkeedSilverBulletProtocol(以下SSBP)”を実装したソフトウェア製品です。SSBPを用いることで、他の通信と公平に共存しつつ、通信距離やファイル容量を気にすることなく、FTPの数十倍といった大容量高速ファイル転送を実現します。
・SkeedSilverBulletTM 製品Webサイト:リンク
・SkeedSilverBulletTM動画サイト:リンク

■株式会社Skeedについて: リンク
 Skeedは、Winny開発者の金子勇のリーダーシップのもと、革新的技術開発で市場を牽引しています。例えば、クラウドコンピューティング、ビッグデータ時代の進化するネットワーク利用ニーズに応えるべく、多数マシンの協調動作によるオーバーレイネットワークを用いた効率性と信頼性に優れたファイル配信・保管を実現、また大容量・長距離でのセキュアなデジタルデータ転送基盤の実現などにより、ターンキーソリューションを創出しています。

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社 Skeed 広報担当:松岡
TEL:03-5487-1032  E-mail:pr@skeed.co.jp




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事