logo

ポーターズ新制度『今一度日本を洗濯いたし候制度』を開始

「日本の総理大臣になる」、「日本の未来を自らの手で変える」、「日本のために生きる」社員を応援するポーターズ

「日本の総理大臣になる」、「日本の未来を自らの手で変える」、「日本のために生きる」という高い志を持った社員が選挙に立候補するとき、当選するためには最低半年間は選挙活動に専念することが必要となります。

ポーターズはこういった志を持った社員を応援し、選挙活動に集中できる制度を構築しました。

人材ビジネスのためのクラウドサービスを提供するポーターズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:西森 康二)は、2012年12月より新制度「今一度日本を洗濯いたし候制度」を開始したことを発表いたします。


◆ 背景 ◆

使命感を持って社会の問題解決に取り組む人は宝だと思います。
ポーターズにも、そんな宝(社員)がいます。

「日本の総理大臣になる」、「日本の未来を自らの手で変える」、「日本のために生きる」という高い志を持った社員が選挙に立候補するとき、
当選するためには最低半年間は選挙活動に専念することが必要となります。

しかし、会社員が選挙に立候補する場合、
 ・多くの企業では選挙活動を理由とした休職を認めていない
 ・会社を退職したものの落選するとその後の生活が不安
 ・新人の立候補者が知名度等で現職議員に対抗するにはある程度長期間の準備期間が必要
等により、チャレンジすることが簡単ではないのが現状です。


◆ 内容 ◆

「今一度日本を洗濯いたし候制度」
 ・国会議員、都道府県会議員等の公職に立候補する社員が立候補準備、立候補、公職の期間中に休職できる制度

ポーターズは、高い志をもった社員を支援するために
「今一度日本を洗濯いたし候制度」を2012年12月より開始しました。
選挙立候補準備・立候補中の休職を認め、落選後の不安を払拭し、思う存分選挙に専念し
当選に向けて選挙活動をやり抜ける制度です。
高い志をもったものが積極的に政治の世界に挑戦できるよう支援するための制度です。


◆ 制度利用者 ◆

『渡辺美智隆』が東京都議会議員選挙(2013年6月23日投票)に立候補するために、
「今一度日本を洗濯いたし候制度」第一号利用者となりました。

渡辺美智隆(わたなべみちたか)
 2010年3月慶応義塾大学大学院卒業
 2010年4月ポーターズ入社
 2012年12月「今一度日本を洗濯いたし候制度」を利用し休職
  Facebook: リンク



【ポーターズ株式会社 会社概要】
URL: リンク
所在地: 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館5階
代表取締役: 西森 康二
設立: 2001年8月29日
事業内容:人材ビジネス向けクラウド型アプリケーションサービスの提供
     カスタマー・サクセス・サポートの提供
     人材紹介業界誌「ポーターズマガジン」の制作・発行



【本リリースに関するお問合せ】
ポーターズ株式会社
担当:渡辺泰介
TEL:03-5545-5829 MAIL:sales@porters.jp

このプレスリリースの付帯情報

ポーターズ株式会社

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://porters.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。