logo

グレースノートの最新技術で音楽認識アプリの認識スピードがさらに高速に

グレースノート株式会社 2013年06月12日 15時00分
From ValuePress!

最新のGracenote MusicID(R)技術で従来の5倍にスピードアップ

最新のGracenote MusicID(R) 技術は音楽認識パフォーマンスとスピードが5倍に向上し、この最新技術を搭載したアプリを使って曲名を検索すると、ほんの数秒で楽曲を認識し曲名を表示することが可能になります。iOS版、Android版に対応したアプリmusiXmatchの最新版は、この最新のMusicID 技術を実装した初めてのアプリとして現在リリースされています。

ソニーモバイルコミュニケーションズのTrackID、RhapsodyのSongMatch、SoundTrackingなど、いま世界で人気の音楽アプリはグレースノートのMusicIDを採用しています。今回のmusiXmatch最新版のリリースにあたり、弊社はオーディオ・フィンガープリント生成からアプリが楽曲を識別しGracenoteデータベースでマッチングするまで、楽曲認識のすべてのプロセスに改善を施しました。それにより、スマートフォンを使ってわずか数秒で曲名検索が可能となり、なかでも人気曲に関してはほぼ瞬時に認識できるにまで向上しました。

米Gracenote, Inc.の社長Stephen Whiteは、「ユーザーがスマートフォンを使って好きなアーティストや音楽を新たに見つける行為を支えているのがグレースノートの音楽認識技術です。最新のMusicIDが搭載されたアプリを使えば、楽曲認識技術のスピードと精度の向上、そして流行曲の認識カバー率アップなどを実感して頂けるはずです。」とコメント。

グレースノートは世界中のほぼすべてのアルバム・楽曲情報を網羅するメタデータを生成・分析しています。グレースノートの豊富なデータがMusicID認識技術と併用されることで、スマートフォンが楽曲を識別することが可能となります。その仕組みは、流れている音楽を数秒スマートフォンに「聴かせる」ことによって楽曲それぞれにユニークなオーディオ・フィンガープリントを生成しGracenoteデータベースとマッチングさせて楽曲を識別するというものです。Gracenoteデータベースは一日あたり5億件、ひと月にすると15億件ものクエリ数を取得しており、いまや世界で最も検索される音楽情報データベースとなっています。


【グレースノートについて】
グレースノートはデジタルメディア業界のパイオニアとして、音楽・映像のメタデータやコンテンツ認識技術を数々のエンターテイメント製品やメーカーに提供しています。音楽出版社、音楽レーベル、大手映画スタジオ、主要TVネットワークなど、エンターテイメント業界各社とパートナー関係にあり、ソニー・アメリカ (SCA) の100%子会社としてカリフォルニア州・エメリーヴィルに本社を構えます。東京、ミュンヘン、ベルリン、ソウル、台北など世界各国でもビジネスを展開しております。当社ウェブサイト、Facebookページもご覧下さいませ。
■ ウェブサイト リンク
■ Facebookページ リンク

Gracenote is a registered trademark of Gracenote, Inc. All other names are trademarks and/or registered trademarks of their respective owners.
*Gracenoteは、Gracenote, Inc.の登録商標です。その他の社名や商標・登録商標は各企業に帰属します。



【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:グレースノート株式会社
担当者名:角
TEL:03-3464-7149
Email:rsumi@gracenote.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。