logo

ISID、テレビの未来をITで創造するプロジェクトチーム「テレビラボ」を立ち上げ

エリア限定配信など3つの先進テクノロジーを「IMC/Interop Tokyo 2013」に出展

Tokyo, June 11, 2013 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)のオープンイノベーション研究所(イノラボ)は、ITを活用してテレビの未来像を研究・創造するプロジェクトチーム「テレビラボ」を6月11日に発足しました。活動の第一弾として、6月12日から14日まで幕張メッセ(千葉県幕張市)で開催される「IMC/Interop Tokyo 2013」に出展し、「エリア限定配信プラットフォーム」や「テレビアプリプラットフォーム」など、未来のテレビのあり方を提案する3つの先進テクノロジーのデモンストレーションを行います。

近年、テレビ番組とスマートフォンやタブレットを連携させたマルチスクリーンアプリや、テレビ番組とソーシャルメディアの連携、コンテンツのオンライン視聴など、テレビを起点とする様々なサービスが模索されています。テレビラボはこうした潮流に着目し、未来のテレビは、動画コンテンツの視聴という従来の枠組みを超えて、動画を活用したあらゆるサービスを内包するものに進化していくと予測しています。今回の出展は、こうした考えのもとで、ISIDイノラボがこれまでプロトタイプ開発と実証実験を重ねてきた、映像配信技術やソーシャルメディア連携技術を、未来のテレビを構成するテクノロジー要素として提案するものです。

■テレビラボが提案する3つのテクノロジー■

IMC/Interop Tokyo 2013のイノラボブースにて、テレビラボが研究開発に取り組む、以下の3つのテクノロジーのデモンストレーションを行います。

(1) エリア限定配信プラットフォーム 「potaVee(ポタビ)」

potaVeeは、無線LANを利用して、スマートフォンやタブレット端末に映像・音声・テキストなどを同時配信する、エリア限定型の配信プラットフォームです。一般に無線LAN通信では、1台のアクセスポイントあたり50~100ユーザー程度の同時接続が限界と言われていますが、potaVeeはISID独自の放送技術により、さらに多くの同時接続を可能とします。将来的には1,000ユーザー規模の同時接続を実現する計画で、イベント会場やショッピングモールなど大勢の人が集まる特定エリア内の映像・データ配信サービスとして、早期の実用化を目指しています。

potaVeeは、Interop Tokyo 2013 Best of Show Award モバイル&ワイヤレス部門にノミネートされています。

(2) テレビアプリプラットフォーム 「ミテレ」

ミテレは、スマートフォンやタブレット端末をセカンドスクリーンとして連携させることにより、テレビ番組をより楽しむためのアプリケーションプラットフォームです。ユーザーの視聴状況に応じて視聴ポイントを付与する番組会員サービスや、TwitterやFacebookとの連携、番組のプッシュ通知など、番組の特性に合わせたテレビアプリのフォーマットを提供します。

(3) ソーシャルビューイングリモコン 「EriMO(エリモ)」 【参考出展】

EriMOは、放送されているチャンネルの映像がサムネイルで表示される未来型テレビリモコンのプロトタイプです。自分が番組を見ながら感じたことを、絵文字でリアルタイムに仲間と共有するSNS機能を備えています。映像伝送技術とソーシャル連携技術の融合によって、テレビリモコンにイノベーションをもたらします。

<IMC/Interop Tokyo 2013出展概要>

会期: 2013年6月12日(水)~14日(金)
会場: 幕張メッセ
出展ブース名称: イノラボ (ブース番号: 6R06)
URL:
IMC Tokyo 2013 リンク
Interop Tokyo 2013 リンク

ISIDイノラボは今後も、先端技術の研究・検証や実証実験を通じて、ユーザーに新たな体験価値をもたらすサービスの開発に取り組んでまいります。

<ご参考資料>

関連プレスリリース

- ISID、スマートフォン・タブレット向けエリア限定放送実験に成功 ~鈴鹿サーキット会場で、一般来場者に場内放送番組を配信~(2013年3 月28日)
リンク

- ISID、スマートフォン向け Wi-Fi 利用放送と エリアワンセグ放送を組み合わせた放送実験に成功 ~さっぽろ雪まつり会場で、マルチデバイス・多地点対応のエリア限定放送を同時配信~(2013年2月14日)
リンク

オープンイノベーション研究所(イノラボ)について

ISIDが2011年4月に設置したオープンイノベーション研究所は、様々な先端技術の実用化に向けて、企業や教育機関などと協働し、技術研究やサービス開発に取り組んでいます。「未来のテレビ」「未来の街づくり」「次世代教育」などをテーマに、各分野のスペシャリストと共同でアプリケーションのプロトタイプ開発や実証実験を推進しています。 リンク

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,295人(2013年3月31日現在)
連結売上額: 727億6,400万円(2013年3月期)
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
* Androidは、グーグルインコーポレイテッドの商標または登録商標です。
* iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【テレビラボに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
オープンイノベーション研究所 戸田、熊谷
E-Mail: dv-info@isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
経営企画室 広報担当 李、清水
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事