logo

Googleペナルティによる検索順位低下を防ぐ「RecoveryFast」のリリース

株式会社データ復旧センター(代表取締役 藤井健太郎)は、現在、増えているGoogleからのペナルティに対し、ペナルティを抑制し、また仮に受けた場合でも、いち早くサイト順位復旧が出来るように手助けするツール「RecoveryFast1.0β」をリリースいたしました。

Googleペナルティによる検索順位低下を防ぐ「RecoveryFast」のリリース

株式会社データ復旧センター(代表取締役 藤井健太郎)は、現在、増えているGoogleからのペナルティに対し、ペナルティを抑制し、また仮に受けた場合でも、いち早くサイト順位復旧が出来るように手助けするツール「RecoveryFast1.0β」をリリースいたしました。

現在、Googleからのペナルティにより、検索順位がランク外になる現象が、企業によっては見受けられます。これは、自身のWEBサイトをSEO対策や外部リンク等によって意図的に順位を無理に上げようとした際、起こる事が多い現象です。

相応しくないサテライトサイト類を作成しそこからのリンクを自身のWEBへ受けるようにしたり、Googleからの検索順位を不正に上げようとした際に、手動、もしくは自動でGoogleからの警告と同時に、キーワードによっては、Googleへの検索表示(合わせてYahoo!Japanの検索結果)がされなくなる現象です。

しかし、Google側の意図とは反して、悪意ある第3者からのサイトリンクが自身へのサイトへ複数貼られた場合や、自社へのリンクを転用したりとすることでSEO対策へ流用したりと、自分とは知らない所で自社のWEBサイトがGoogleからの評価が悪くなっている場合が想定されます。

合わせて、自身がSEO会社へ検索順位向上を依頼していると仮定した場合、そのSEO会社が、どんなSEO対策を施し、どんな外部サイトを作ったり、何をしているかが分からない(教えてもらえない)事が多く、そのことが起因している事も多々あります。(中にはSEO契約を解約後、不正と思われるリンクを残したままにされたり、外部サイト類を競合他社と契約し順位を上げる事に流用する業者も見受けられます)

WEBからの集客が多い企業では、Googleペナルティを受けた場合、ある日突然、申込みや電話、注文が激減するといった事がリスクとして想定され、売上がその期間激減する事も想定されます。

今回提供のツールは、Googleが自社サイトに貼られている複数のリンク類を提供してくれていますが、それを巡回、ダウンロードし、毎日保存し続けるサービスです。
その提供されたリンク元が存在しているかどうかも自動チェックします。

合わせて、その自社WEBに貼られているリンクをWEBチェックした際に、ナチュラルなサイトなのか、怪しいリンクなのかをチェックした際に、それぞれがどのようなサイトだったのかをチェックし、後々対応できるように記録ボックスを用意しています。

また、そのリンク相手に対して、どのような対応を行ったのかの対応履歴も残せるようになっております。リンク相手やその運営元が対応してもらえない場合は、Googleのリンク否認ツールを使ったかどうかの記録簿も付いています。

この一連の作業を定期的に繰り返していく事で、Googleからのペナルティは、現状よりは来にくくなると想定されます。また、仮にGoogleからのペナルティが来た際は、Googleが提供するリンク類に対して、自社の対策は既に完了していることから、Googleへすべて対応した旨、(データを元に)早急に伝える事ができます。

また、常にGoogleから提供されるリンク類は変化していく事から過去分からを毎日取り貯め、最新と過去分差分も表示しチェックできるようにしています。(Googleからの提供リンクは定期的に変化し、昔の物もバックアップを取っておかねば閲覧できないものもあります。Googleから提供されるリンク類はGoogleが評価に使っていると思われるリンクのうちの一部です。)

なお、定期的なWEBリンク元サイト(ソース内容)チェック、悪質な外部リンクへの削除依頼・応対など自社で手間な場合、別途お見積り(契約)で、定期的なアウトソース作業としてお受けできます。

今後とも「お客様の困ったを解決するサービス」を提供して参ります。

<Googleペナルティ予防・対策ツール「RecoveryFast」概要>

主な機能:Googleの提供する自身へのWEBへのリンク集を毎日、定期的にバックアップし、リンク集として、差分も毎日記録し続けるサービス

主な機能


Googleから提供されるリンク類を毎日自動保存する

Googleから提供されるリンク類を毎日分、閲覧・ダウンロードできる機能

Googleから提供されるリンク類のリンク元の存在チェック

リンク類の差分データも日時と共に毎回提供。

リンク元サイトのカテゴリをチェック後、記録する記録簿

リンク元サイトへ削除依頼などアクションを起こした場合の記録簿

リンク否認ツールを使った有無の記録簿

Googleへ申請する為のリンク、カテゴリ、アクション内容、日付などを一括ダウンロードできる機能


金額

1ドメイン   月額2万円

募集内容
当初第1弾、申込み100社(実質トータル100ドメイン)で締切予定。先着順。

販売開始

申込み・応募は06月04日~
06月04日~06月30日はβ版を仮テスト運用し、各種機能を追加。
07月01日より日本国内本格提供開始(課金開始)。
08月01日より海外本格提供開始(課金開始)。


株式会社データ復旧センター
ネットプラスワン事業部
東京都新宿区新宿5-18-14新宿北西ビル3F

リンク
one@netplusone.jp
TEL 0120-102-994


<データ復旧センターや事業展開について>
株式会社データ復旧センターは誤操作によって消失したファイルを復元したり、故障した記録メディアからデータを救出するサービスを提供する国内最大のデータ復旧企業。

2002年11月に米国データリカバリーグループ社と日本における独占契約を締結。2006年7月にはニッポン新事業創出アントレプレナー大賞、中小企業庁長官賞、日本ニュービジネス協議会連合会会長賞受賞をトリプル受賞。
リンク

月間300万人が使う大容量データ送信ソリューション「データ便」を展開している。
リンク

近年、データ、セキュリティ、クラウド事業の融合に力を入れている。

<ネットプラスワン事業部>
「データ復旧」事業や「データ便」事業は、ネット上の広告や検索に関して、マーケット規模に対して企業数が多く、広告など熾烈な競争がある事から、自社のネットに関する施策が独自性のあるものが増え、ネット広告やサーチエンジン施策に対して他企業からの相談やコンサル、講演依頼、WEB広告に関する依頼が絶えない事から立ち上げることになった部門。ネット広告に関してのコメントが、日本経済新聞朝刊1面で自社が取り上げられた事がある。売上をなるべく落とさずにSEMに掛かかりうる費用、月間3000万円超を半年間で1/10以下にした等の実績等がある。代表がアイルランド政府から講演を依頼され、ダブリン城でネット広告に関する動向の講演をしたことがある。IT企業へのコンサルや顧問複数。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。