logo

【美容経済新聞|市場調査】 「ノンシリコンシャンプーの利用実態」とは。

株式会社美容経済新聞社 2013年05月27日 00時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年5月23日

株式会社美容経済新聞社

ノンシリコンシャンプーの利用実態調査
~ノンシリコンシャンプー、「使ったことがある」はわずか3割~

株式会社美容経済新聞社(東京都港区)では、株式会社コンピューター・プランニング・リサーチ(CPR)と共同で、2013年4月23日~24日にかけて「シャンプーに関する調査」を実施しました。

近年、「シリコンシャンプーは髪に悪影響を与える」という情報が消費者の中で広まっており、最近では大手化粧品会社をはじめとして、多くのメーカーが「ノンシリコンシャンプー」を謳った製品を発売しています。
本調査では、消費者におけるノンシリコンシャンプーへの認知、使用状況、イメージなどを調査、ノンシリコンシャンプーがどの程度普及しているのかを分析することにより、今後の商品開発のヒントを探ることを目的としています。

【調査概要】
■調査方法 インターネット調査
■実施期間 2013年4月23日~24日
■調査対象 全国のコンピューター・プランニング・リサーチ保有のアンケート会員
■サンプル数 500件(20歳~60歳代の男女)


【調査結果ハイライト】
・ノンシリコンシャンプー、「使ったことがある」は3割にとどまる
・シリコン・ノンシリコンの違い、「わかる」はわずか6.8%
・ノンシリコンシャンプーのイメージ、「良い」は9割と圧倒的
・「髪質に合えばシリコン・ノンシリコンを問わない」が7割
・ノンシリコンシャンプーの利用経験者の満足度は高い

詳しくは、美容経済新聞サイトの「ノンシリコンシャンプーの利用実態調査」をご確認下さい。
※美容経済新聞サイト:リンク
※当該記事掲載ページ:リンク

◆調査協力
株式会社コンピューター・プランニング・リサーチ リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。