logo

イー・ガーディアン、改正プロバイダ責任制限法対策サービスの提供を開始

イー・ガーディアン株式会社[マザーズ6050](リンク 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下イー・ガーディアン)は、プロバイダ事業者に対してインターネットを利用した選挙運動解禁に伴う、改正プロバイダ責任制限法に対応したサービス提供を開始いたします。

【背景・趣旨】
公職選挙法が改正案可決され、今夏に予定されている参議院議員選挙より日本で初めてインターネットを利用した選挙運動が開始されます。
それに伴い、インターネット上の投稿で個人の権利が侵害されるなどの事案が発生した場合、プロバイダ事業者などに対し投稿の削除行為などに対する権利者からの損害賠償責任を制限する「プロバイダ制限責任法」も改正されました。

具体的には、削除同意照会期間(この間に情報発信者から削除に同意しない旨の申出がなければ、プロバイダ事業者が当該情報を削除しても民事上の賠償責任を負わない期間)が「7日」から「2日」に短縮されます。

この改正でプロバイダ事業者には下記の懸念事項が考えられます。
 ・対応可能な範囲を超えて、短期間で通報が来る可能性が有る。
 ・仮に「削除請求された情報の発信者」が、「発信している情報は事実」という回答を返答してきた
  場合、プロバイダにて確認作業が発生するため、選挙期間中という限られた時間では対応困難な
  場合も考えられる。

このような懸念点から、プロバイダ事業者には従来の運用と比べ作業量が増えることが想定され、約14日間という短い選挙期間中のみ、専門チームの構築が必要になります。

【サービス概要】
■改正プロバイダ責任制限法対策サービス
イー・ガーディアンでは、プロバイダ事業者・メディア事業者様向けに、改正プロバイダ責任制限法対策サービスを提供します。
選挙期間中限定で、各所からプロバイダに寄せられる通報内容の確認・調査・対応までを専門チームで対応します。今まで培ってきたインターネット投稿監視やソーシャルメディア監視業務の豊富な経験とノウハウを生かした基準にて、運用作業を一本化し24時間365日対応で削除認定作業を迅速に行えるサービスを提供いたします。

イー・ガーディアンは、今後も安心・安全をベースに「楽しい」を提供していきます。

【イー・ガーディアン株式会社 会社概要】
代表者 :代表取締役社長 高谷 康久
所在地 :東京都港区麻布十番1-2-3 プラスアストルビル4F
設立 :1998年5月
資本金 :34,005万円(2013年3月末現在)
業務内容 :ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL :リンク
Facebook : リンク
Google+ : リンク

【本件に関するお問合せ先】 イー・ガーディアン株式会社
TEL : 03-5575-2561 FAX :03-5575-0621
Mail :info@e-guardian.co.jp 担当 :中川

このプレスリリースの付帯情報

改正プロバイダ責任制限法対策サービス

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。