logo

「2013年版中堅・中小企業の海外展開におけるIT活用の実態と展望レポート」のご案内

有効回答数1000社のユーザ企業アンケートにより、中堅・中小企業の海外展開に関連するIT活用ニーズを網羅した一冊

2012年末の政権交代を経て、長らく続いた円高傾向は一転して円安へとシフトし、中堅・中小企業を取り巻く経済環境は大きく変わりつつあります。また、海外展開先として最も多い中国においては尖閣問題に端を発する大規模なデモ活動が発生し、依然として日中関係は政治的に冷え込んだ状態にあります。いずれも中堅・中小企業の海外進出という観点では抑制要因ではありますが、他方では東南アジアを含めた新興国の経済発展や自由貿易の広がりなど、中堅・中小企業が海外に目を向けるべき動きも出てきています。本レポートでは2012年~2013年にかけて実施したアンケート調査に基づき、中堅・中小企業に対しITソリューションを提供する企業が海外展開に関連して留意すべき事柄について分析しています。

株式会社ノークリサーチ最新レポート2013年5月13日

尖閣問題に端を発した日中関係悪化は中堅・中小企業の中国進出にどれだけ影響を与えるのか?
アベノミクスの金融政策によって生じた円安傾向は中堅・中小企業の海外展開を不要とするのか?

2013年版中堅・中小企業の海外展開におけるIT活用の実態と展望レポート

有効回答数1000社のユーザ企業アンケートにより、中堅・中小企業の海外展開に関連するIT活用ニーズを網羅した一冊


2012年末の政権交代を経て、長らく続いた円高傾向は一転して円安へとシフトし、中堅・中小企業を取り巻く経済環境は大きく変わりつつあります。また、海外展開先として最も多い中国においては尖閣問題に端を発する大規模なデモ活動が発生し、依然として日中関係は政治的に冷え込んだ状態にあります。いずれも中堅・中小企業の海外進出という観点では抑制要因ではありますが、他方では東南アジアを含めた新興国の経済発展や自由貿易の広がりなど、中堅・中小企業が海外に目を向けるべき動きも出てきています。本レポートでは2012年~2013年にかけて実施したアンケート調査に基づき、中堅・中小企業に対しITソリューションを提供する企業が海外展開に関連して留意すべき事柄について分析しています。

【調査対象企業属性】
対象企業年商:
5億円未満/ 5億円以上~50億円未満/ 50億円以上~100億円未満/100億円以上~300億円未満/ 300億円以上~500億円未満
対象職責: 以下いずれかの権限を持つ社員
・企業の経営に関わる立場であり、IT関連投資の決裁を下す立場
・企業の経営に関わる立場であるが、IT関連投資の決裁には直接関わらない立場
・ITの導入/選定/運用作業に関わり、社内の経営層に対する提案も行う立場
・ITの導入/選定/運用作業に関わるが、社内の経営層に対する提案は行わない立場
対象業種: 組立製造業/ 加工製造業/ 流通業/ 建設業/ 卸売業/ 小売業/ IT関連サービス業/サービス業(IT以外) / その他
対象所在地: 北海道地方/ 東北地方/ 関東地方/ 北陸地方/ 中部地方/ 近畿地方/ 中国地方/四国地方/ 九州・沖縄地方
従業員数: 20人未満/ 20人以上~50人未満/ 50人以上~100人未満/ 100人以上~300人未満/300人以上~500人未満/ 500人以上~1000人未満/ 1000人以上~3000人未満/3000人以上~5000人未満/ 5000人以上

本レポートに含まれるデータは2012年から2013年にかけての複数回の調査を元にしている。上記に述べた調査対象属性はいずれも同様であるが、サンプル数や実施時期によって以下の3つの調査に分けられる。以下の「設問番号」
の欄は各調査で実際に尋ねた設問番号を記載している。設問番号が同じであれば設定されている選択肢も同様であるため、調査実施時期による変化を見ることができる。
[2012年8月実施分] サンプル数: 1000社
設問番号: F1系列、F2系列、F3系列、F4系列、F5系列
[2012年11月実施分] サンプル数: 1000社
設問番号: F6系列
[2013年4月実施分] サンプル数: 1040社
設問番号: F1系列、F2系列(F2-1/F2-3のみ)、F3系列(F3-1のみ)

【設問項目】
【F1系列】海外向けのビジネス展開の全体状況について尋ねた設問群
F1-1.海外でのビジネス展開状況
F1-2.海外向けにビジネスを展開しない理由
F1-3.海外向けのビジネス展開を阻む要因(いくつでも)
F1-4.海外向けのビジネス展開は不要であると考える理由(いくつでも)
F1-5.海外向けのビジネス展開を今後加速させる要因(いくつでも)
【F2系列】海外向けのビジネス展開における拠点について尋ねた設問群
F2-1.拠点設置を伴うビジネス展開を既に実施している地域のうち最も主要なもの
F2-2.中国国内に既に設置している拠点がある都市(いくつでも)
F2-3.今後新たに拠点設置を伴うビジネス展開を予定している地域のうち最も主要なもの
F2-4.中国国内に今後新たに設置予定の拠点がある都市(いくつでも)
【F3系列】海外ビジネス展開の目的、投下した資本、売上、従業員数、組織運営における課題と解決などの設問群
F3-1.海外へのビジネス展開を実施/予定している主な目的(いくつでも)
F3-2.海外拠点設置から5年以内に投じた資本金額規模
F3-3.海外拠点から直接計上される年間の売上規模
F3-4.海外拠点に勤務する従業員数
F3-5.海外拠点設置から5年以内に投じたIT関連投資規模
F3-7.海外拠点における組織運営上の課題として最も重要なもの
F3-8.海外拠点における組織運営上の課題に対する解決策として有効と考えられるもの(いくつでも)
【F4系列】海外ビジネス展開に伴うIT活用の基本方針策定や支援における依頼/相談の相手について尋ねた設問群
F4-1.海外へのビジネス展開に伴うIT活用の基本方針に関する依頼/相談の相手として最も主要なもの/望ましいもの
F4-2.海外へのビジネス展開に伴うIT活用において支援を依頼する販社/SIerを選ぶ際に重視する点(いくつでも)
F4-3.海外へのビジネス展開に伴うIT活用において支援を依頼する販社/SIerに望む事柄(いくつでも)
【F5系列】IT関連カテゴリ毎に、選定の際の権限、導入状況と理由、導入形態などを尋ねた設問群
設問番号は「F5-M-N」という書式になっており、Mは以下のIT関連カテゴリ番号(1~18)、Nは1~6までの設問番号となっている。(設問項目については次頁に記載)

1.生産管理システム
製造業における部品表や製造工程の管理などを主に担うアプリケーション
2.会計管理システム
財務会計や管理会計を担うアプリケーション
3.販売・仕入・在庫管理システム
見積、売上、仕入、棚卸、請求といった販売と購買に伴う管理機能を担うアプリケーション
4.人事・給与・就業管理システム
給与支払い、出退勤管理、社員の職責や福利厚生などに関する管理機能を担うアプリケーション
5.ワークフロー
申請/承認や業務プロセスを扱うアプリケーション
6.グループウェア・メール
社内外の情報共有を担うアプリケーション
7.運用管理・資産管理
IT機器の棚卸やPC操作ログによる監視などを行うアプリケーション
8.マルウェア対策・IPS・IDS
サーバやPCへのマルウェア感染や外部からの攻撃を防ぐアプリケーション
9.CRM・SFA
顧客関連情報を管理するアプリケーション
10.DWH・BI
業務システムのデータを集計/分析するアプリケーション
11.文書管理・ファイル管理システム
文書データを管理/保管するアプリケーション
12.帳票関連システム
業務システム内のデータを整形して出力するアプリケーション
13.システム連携(EAI、SCMなど)
システム同士のデータ連携を担うアプリケーションやミドルウェア
14.サーバおよびストレージ
業務システムを稼働させるサーバハードウェアおよびストレージ機器
15.PC
個々の社員が利用するパソコン(スマートフォンは除く)
16.インターネットアクセス回線
事業所からインターネットまでを接続する回線サービスを指す
17.日本国内事業所との接続回線
VPNなど自社の拠点間を接続するための回線サービスを指す
18.データセンタ
ハウジング/ホスティング/クラウドなど、インターネットを介して社外に置かれた業務システムを利用する形態


前頁に挙げたIT関連カテゴリ毎に以下の設問が対応する。
F5-M-1.「****」の選定における権限
F5-M-2.「****」の導入状況
F5-M-3.「****」を導入しない理由について最も良く当てはまるもの
F5-M-4.「****」の提供者に関する現状または予定
F5-M-5.「****」の提供者を選んだ理由(いくつでも)
F5-M-6.「****」の導入形態に関する現状または予定
F5-M-7.「****」における課題(いくつでも)
※1 「****」には1~18のIT関連カテゴリが入る
※2 Mが15、16、17、18の場合は[F5-M-6]の設問は設問内容が該当しないため存在しない


本レポートのサンプル(調査報告リリース)は下記URLよりご覧いただけます。
リンク


価格とお申込み方法
【価格】180,000円(税別)
【媒体】CD-ROM (分析サマリ: PDF形式、集計データ: Microsoft Excel形式)
【お申込み方法】弊社ホームページからの申し込みまたはinform@norkresearch.co.jp宛にご連絡ください
【発刊日】2013年5月13日


年刊調査レポートのご案内
ハードウェア、ソフトウェア、サービスなど様々なカテゴリを網羅した多数の年間調査レポートを発刊しています。
多くのIT企業様が中堅・中小企業市場をウォッチする有効なツールとして購読されています。
年間調査レポートの一覧についてはこちらをご参照ください。
リンク


カスタムリサーチのご案内
「カスタムリサーチ」はクライアント企業様個別に設計・実施される調査とコンサルティングです。
1.調査企画提案書の提示:
初回ヒアリングに基づき、調査実施要綱(調査対象とスケジュール、費用など)をご提案させていただく
2.調査設計:
調査企画提案に基づき、具体的な調査方法の選定、調査票の設計/作成やインタビュー取材計画立案を行う
多彩な調査方法が活用できます。
定量調査(アンケート調査)
ユーザ企業の実態とニーズを数値的に把握したい
販社やSIerが望む製品やサービスの動向を知りたい
定性調査(インタビュー調査)
ユーザ企業が抱える課題を個別に詳しく訊きたい
販社やSIerがベンダに何を期待しているかを訊きたい
デスクトップリサーチ
競合他社の動向などを一通り調べたい
3.実施と集計:
設計された調査を実施し、その結果を集計する
4.分析:
集計結果を分析し、分析レポートを作成する
5.提言:
分析結果を基にした提言事項を作成し、報告する

株式会社ノークリサーチ
調査設計、分析、執筆:岩上由高
東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705
TEL 03-5244-6691 FAX 03-5244-6692
inform@norkresearch.co.jp リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事