logo

宗教的価値観が支えるインドネシア中間層消費者の生活マインド。強い上昇志向を持ちながらも、感謝を忘れず現在の暮らしをエンジョイ

~「インドネシア2大都市・中間層の正体を探る」調査:ジャカルタ世帯訪問調査レポート~

株式会社クロス・マーケティング(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐幹 以下、クロス・マーケティング)と、株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都中央区、代表取締役:桑田瑞松 以下、R&D)は、2013年3月にインドネシアの2大都市(ジャカルタ/スラバヤ)で20~49歳の中間層世帯男女(世帯月間支出:200万~350万ルピア未満)を対象に、共同で調査を実施いたしました。

■調査背景・目的
アセアン諸国の中でも、約2.4億人という人口を抱えるインドネシアは、現在、多くの日本企業から注目を集めています。 今回の調査では、インドネシアという「国」単位ではなく、大都市に住む「中間層生活者」にスポットを当て、個人の生活価値観や 生活意識、買い物行動などを尋ねました。また定量調査だけでなく、世帯訪問インタビューによる定性調査も実施し、その実態を明らかにしました。


■調査結果
・おしなべて宗教的な価値観にもとづく感謝の念が強く、現在の生活への満足度は高い。

・その一方で、5年後の生活目標として、20~30代の若い世帯では独立起業による更なる収入増、40代では子供の成長への期待が挙げられるなど上昇志向も強い。

・人付き合いの面では家族・親類との付き合いを大事にしている。
 SNSも利用しているが、その用途は使い分けられている。

・ショッピング面では、所得支出に余裕がある層は大型高級モールに出掛けるが、一般的な中間層は身近にあるスーパーマーケットや地元コンビニエンスストアで日用品を調達している模様。
 衝動買いはせず、堅実に商品を吟味する。

 ◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒ リンク


■調査概要
調査手法 :世帯訪問面接の手法に基づき調査を実施
調査対象 :インドネシア・ジャカルタ市内の20~49歳の中間層男女(世帯月間支出額:200万~350万ルピア未満)
      最初に12世帯に対し事前調査を行い、その中から更に6世帯に絞り、訪問面接を実施。 今回はその中から3世帯を選定。
調査期間 :2013年3月2日(土)~2013年3月3日(日) 


クロス・マーケティングとR&Dでは、「インドネシア2大都市・中間層の正体を探る」調査として、下記三本立てシリーズと世帯訪問レポートを発表してまいりました。

 シリーズ(1): インドネシア中間層の価値観・生活者マインド(2013/4/16 ご案内済み)
 シリーズ(2): インドネシア中間層のライフスタイルと消費意識・態度(2013/4/25 ご案内済み)
 シリーズ(3): インドネシア中間層のIT機器の利用状況と主要耐久財の保有・購入意向(2013/5/7 ご案内済み)
 訪問調査 : ジャカルタ中間層世帯 訪問調査レポート (今回)


■会社概要■
  会社名: 株式会社クロス・マーケティング(東証マザーズ:3629)
  所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目15番2号
  代表者: 代表取締役社長 五十嵐 幹
  資本金: 274,400千円
  設立 : 2003年4月1日
  URL: リンク
  事業内容:リサーチ事業、ITソリューション事業
 
  会社名: 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント
  所在地: 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目4番10号
  代表者: 代表取締役 桑田 瑞松
  資本金: 30,000千円
  設立 : 1968年1月17日
  URL: リンク
  事業内容:マーケティング・リサーチの企画設計、実施及びコンサルテーション
         経営・マーケティング活動の評価及びコンサルテーション


■本資料に関するお問い合わせ先■
株式会社クロス・マーケティング  広報担当 大島 
 TEL:03-3549-0328  e-mail:pr-cm@cross-m.co.jp
 
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント 販促担当 小林
 TEL:03-5642-7711(代表)  e-mail:radnews@rad.co.jp
 

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
 本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
 <例> 「クロス・マーケティングとリサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調査によると・・・」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。