logo

オンライン英会話Englishtownのスクールがバージョンアップ

イングリッシュタウン株式会社 2013年04月18日 15時41分
From PR TIMES

オンライン英会話Englishtownのスクールがバージョンアップ。より効率的な学習環境と、実際のビジネス・日常生活に即した教材を提供。ご要望にお応えしグループレッスン開校時間も増加

世界最大級のオンライン英会話 EF Englishtown(イーエフ・イングリッシュタウン)の日本法人、イングリッシュタウン株式会社(リンク)は、スクールシステムのアップデートバージョン「Efekta(エフェクタ)13」をリリースしました。

英語を勉強したくても忙しく「時間がない」と感じる方に、より短時間で集中して英語学習を行い、効果的に英語力を伸ばす学習環境を提供いたします。また、The Common European Framework of Reference for Languages (CEFR・ヨーロッパ言語共通参照枠)の標準に合わせた自己学習教材につきましても、より実際のビジネス・生活シーンに即したものに改良いたしました。




【新しいEfekta13の改良点】
1. 学習中にリアルタイムフィードバックを提供
自己学習のためのタスクが数分で学習できるように設計されており、今回の改良では即時に正解を取得できるようになりました。iPadからも利用できるため、朝の通勤中や忙しい日々の隙間時間を使って効率的に英語を学習できます。

2. グループレッスンの増加
これまで、毎時00分~に開講していたグループレッスンが、毎時30分~も参加可能となりました。レッスン時間は1回あたり45分間です。

3. 300本の新しいショートムービーの追加
これまでもEnglishtownでは、ハリウッドで制作する本格的なショートムービーをご提供しておりましたが、今回はさらに300本の新しいショートムービーが追加となり、常に最新コンテンツをお届けします。
4. 教材内容を今まで以上にビジネス・日常生活シーンに基づき改訂いたしました
5. ユーザーインターフェイスを改良し、フルスクリーン対応いたしました


【Englishtownについて】

EF Englishtownは世界最大級のオンライン英会話スクール。1994年、エデュケーション・ファースト(EF)とアップル社のEFオンライン部門のジョイントプロジェクトとしてスタートしました。現在、世界120ヶ国、1,500万人以上が利用し、1,200社以上の企業が語学研修プログラムとして導入しています。

・ 世界中で、毎月1,020,100時間以上のオンライン自己学習教材、グループレッスン、プライベートレッスンを提供。グループレッスンは毎日4,000時間以上実施されています。
・ 自己学習教材は16レベルに分類され、各レベルを修了するとハルト・インターナショナル・ビジネス・スクールからの修了証が発行されます。
・ 24時間常にオンデマンドで利用可能。iPadアプリでも同じく利用可能。
・ ケンブリッジ大学と提携。さらに北京五輪や2014年のソチ五輪など公式の語学学習サプライヤーとして研修を行っています。日本でも2012年に『日本e‐ラーニング大賞』の総務大臣賞を受賞いたしました。


【Education First(EF)について】

EF Education First (EF)はEducation First『教育を第一に』をモットーに1965年、Bertil Hultにより、スウェーデンで設立された世界最大級の私立教育機関。現在では50ヶ国以上の国々に3万5千人のスタッフと450を超える事業拠点及び直営語学学校を擁し、グローバルに教育事業を展開しています。同社は15の事業に分かれた教育機関で、2週間から参加できる語学研修コースから専門英語を学ぶマスターコース、試験準備コース、インターンシップコース、社会人専門コースなど、さまざまなプログラムを提供しています。また1,200社以上の企業で語学研修を担当し、2014 年冬季ソチオリンピック大会のオフィシャル語学サプライヤーに認定されています。 Englishtownは15の事業の中の一つとなります。


【イングリッシュタウン株式会社】

所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー27F

代表者:代表取締役 大前 エニオ

設立:2000年5月

事業内容:インターネットによる英語教育事業

URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事