logo

データベース・リアルタイム・レプリケーション・ツール「DBMoto」の最新バージョンの8を発表

株式会社クライム(東京都中央区)は米国HiT Software社が開発し、クライムは国内で販売・サポートする異機種データベース間リアルタイム・レプリケーション・ツール「DBMoto」の最新バージョン8を2013年4月11日、本日より発売することを発表しました。DBMoto 8は分析データベース「Actian Vectorwise」に加えて「HP Vertica Analytics Platform」へのリアルタイム・データ・レプリケーションをサポートし、ビッグデータ・データベースとデータストアへの対応を拡大しました。

DBMoto Version 8の主な新機能:

1. 「HP Vertica Analytics Platform」と「Actian Vectorwise」の高速分析データベースのサポート
2. 複数のユーザが並列レプリケーションを可能とするように管理メタデータへのアクセス管理を改善
3. Open APIの強化 : 他のアプリケーションやシステムとのインターフェイスを可能に外部アプリケーションからDBMotoに対して使用できるAPIにカタログ、スキーマ、テーブルをブラウザするAPIを追加
4. Microsoft SQL Serverのトランザクションログであるディストリビュータを使用したレプリケーションをよりさらに高速化
5. イントラネットやインターネット環境でX.509証明書をサポートし、セキュリティ通信を強化
6. IBM DB2 10.1以降(Linux、Unix、Windows版)を完全サポート
7. DBMoto管理・運用ツールを完全日本語化

■ 弊社ホームページ(リンク)で評価版のダウンロードサービスも開始中です。
株式会社クライムは2004年10月にHiT Softwareと国内販売代理店契約を締結し、「DBMoto」を含むHiT Software製品の販売を行っています。

【ニュースリリースへのお問合せ先】
株式会社クライム 
ソフトウェア事業部
TEL: 03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp
http::www.climb.co.jp

□ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、アプリケーション開発、ソフトウェア販売サポート、アウトソーシング・サービス、Webコンテンツ企画・制作を提供しています。自社コンテンツとして日本市場と米ITベンチャーを結ぶ情報ゲートウェイ「Silicon Valley Gateway」などがあります。

□ HiT Softwareについて
HiT Software(本社:米国カルフォルニア、サンノゼ)は1994年に設立されたデータベース・アクセスのための業界標準を基礎とする製品・ツールを提供するソフトウェア会社です。「DBMoto」以外の製品としてリアルタイムXML-RDB変換ツール「Allora」、IBM DB2データベース・アクセスツールの「DB2 Connectivity」、インターネット通信セキュリティー・ツール「SafeConduct」があります。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。