logo

◎Peabody Energyの会長が「21世紀の石炭」の中国への利点強調

Peabody Energy 2013年04月03日 14時45分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Peabody Energyの会長が「21世紀の石炭」の中国への利点強調

AsiaNet 52621
共同JBN 0367 (2013.4.3)


【セントルイス2013年4月3日】北京での中国開発フォーラム経済サミット(China Development Forum Economic Summit)での演説で、Peabody Energyのグレゴリー・H・ボイス会長兼CEOは「21世紀の石炭」が中国のエネルギー、経済、環境の目標をどのように前進させられるかについて見解を明らかにした。

ボイス会長は「中国の前例のない都市化は続いており、この国が自らの環境目標を達成しながら社会的、経済的進歩を推進するための豊富で手ごろな価格のエネルギーを提供するのに必要とするホリスティックな道を石炭は提供する」と述べている。

「21世紀の石炭」というコンセプトは、中国、米国両政府が石炭からのクリーン・エネルギー・ソリューションの開発を進めるために、2009年に導入した。中国の発展についての個人的な知見、政策勧告を求められたボイス会長は、「21世紀の石炭」の利用増加を通じて中国がどうすれば経済、環境目標を達成できるかについて、次のような3点の重要な勧告を行った。

-自国の豊富な石炭資源の利用を通じて、経済的、社会的発展と国民生活の向上を推進する権利を強く主張し続けること。

-中国の石炭燃料発電所に近代的な排出規制技術を配備する努力の強化を続けることによって、都市の大気汚染の問題を解決できることが米国で証明されているモデルに従うこと。

-労働者の安全、資源の回収、土地の復旧、採掘部門での水の利用で最高の標準を実行することによって、「21世紀の石炭」の原則を採用すること。

「21世紀の石炭」についてのPeabodyの貢献は数社の多国籍企業が準備し、先週中国の李克強首相に提出された中国開発研究財団の「エネルギーと環境イニシチブ」リポートに含まれている。

ボイス会長は「中国は現在、問題点を明白にする時期にある。前例のない都市化が続き、この偉大な国のリーダーたちは継続的な発展は大気と水の質への配慮と調和しなければならないことを認識している」と語っている。

同会長はさらに「中国がエネルギーへのアクセス、経済成長、環境保護を進めるというエネルギー政策全般への包括的なアプローチをしていることを賞賛する。数十年後には中国は『21世紀の石炭』に基づいて持続可能なエネルギーの将来を構築する世界的な青写真の提供で世界をリードする立場にある」と述べている。

Peabody Energyは世界最大の民間部門の石炭会社で、持続可能な石炭採掘、クリーン石炭ソリューションの世界リーダーである。同社は6大陸の25カ国以上で冶金、熱利用石炭顧客に奉仕している。

▽問い合わせ先
Kirsty McDonald
+1-314-342-7562

(Photo: リンク
(Logo: リンク

ソース:Peabody Energy

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事