logo

KBCとしては初 公営学童保育施設の運営を受託 4/1から東京・港区「東麻布学童クラブ」の運営開始

株式会社キッズベースキャンプ 2013年04月01日 13時36分
From Digital PR Platform


 東京、神奈川で民間学童保育施設20箇所を運営するキッズベースキャンプ(東京都世田谷区桜新町、略称:KBC)は、4月1日(月)より、東京都港区からの委託業務として、「港区立東麻布学童クラブ」の運営を開始します。
 
 今回運営を受託した東京・港区では現在、急激な人口増加に伴い、就学前児童が増加しており、今後、学童保育の需要拡大が見込まれています。こうした背景から、旧港区立飯倉小学校の一部を活用し、学童保育の充実を図る港区緊急暫定学童クラブ事業の実施が決定し、入札の結果、民間企業として豊富な経験と専門性を持つKBCが受託に至りました。
 
 KBCは、「放課後の時間を“消費”から“投資”へ」をテーマに、小学生の子どもたちに安全な放課後を提供し、遊びや学びの体験の中から“社会につながる人間力”を育む、新しい学童保育です。2006年に1店舗目となる民間学童保育施設をオープンし、現在では、東京・神奈川で20店舗を運営しています。
 
 港区立東麻布学童クラブでは、小学生の特徴・行動特性を熟知したリスクマネジメント、保育のプロフェッショナル「キッズコーチ」の配置、子どもの個性を引き出す「コーチング」によるコミュニケーションといった専門性をベースに、KBCが掲げる「社会につながる人間力」の育成や、“自分軸”と“社会軸”の2軸からなる「12の知恵」の養成といったプログラムを反映させながら運営に当たっていきます。旧小学校跡という立地を活かして、地域社会に溶け込み、愛される学童保育を目指すとともに、港区東麻布という地域の特性を最大限に活用し、国際文化交流や芸術、伝統文化に特化したイベントも実施していく予定です。
 
 KBCは、港区立東麻布学童クラブの運営に当たり、保護者・児童のニーズに応えるとともに、地域社会との関係構築、世代間の交流を進め、施設の効用の最大化と質の高い学童保育の提供に努めて参ります。



【 「港区東麻布学童クラブ」 概要 】

* 概要
施設名: 港区東麻布学童クラブ
所在地: 港区東麻布二丁目1番1号(旧港区立飯倉小学校4階)
利用時間: 学校授業終了時~18時30分(夏季・冬季・春季の長期休業日、学校振替休業日は8時30分~18時30分)
休業日: 日曜日、国民の祝日及び12月29日~1月3日
定員: 40名
利用対象: 港区内に在住または、港区内小学校に在籍する1年生から3年生までの児童
利用料: 無料 (別途おやつ代として1ヶ月あたり 2,000 円)

* 運営理念・保育方針
運営理念:東麻布学童クラブは、家庭、地域と協働して、子どもの成長・自己実現を徹底支援し、親にとっても子育てが楽しめ、子どもが未来に夢を持てる社会の実現に貢献します。
保育方針:子どもたちが将来自分の生きたい道を切り開いていくための土台となる力の育成を図ることを目的とし、以下の点を重視しています。

1. 毎日の活動を通して、礼儀・挨拶・言葉使い等の道徳心や社会性、自立心を育成します。
2. 毎日の学習習慣とともに自分で考える力を育成します。
3. 他校生や異学年の友達、地域社会との交流を通じて、コミュニケーション力や社会性を育成します。
4. スタッフが積極的に子どもたちとかかわり、常に子どもの個性を肯定的にとらえ認めることで、子どもの自己肯定感とやる気を育成します。
5. 小さな怪我を恐れずに、自己判断を尊重し、自立心・危険回避能力を育成します。
6. 子どもの権利を尊重し、差別やいじめ、暴力を排除します。
7. 国際文化への理解を深め、多様な価値観を知り、違いを認め合える心を育成します。

* 実施予定プログラム(※ 一部抜粋)
・「キッズMBA」
子どもたちにとって身近な例を用いて、ゲームや紙芝居などで楽しみながら仕事や経済の仕組みについて学び、自分と社会の“つながり”を知ってもらうことを目的としています。「東麻布学童クラブ」では、区内の事業所を見学するプログラムの実施も検討しています。

・「エコボラキッズ研究所」
身近に起きている環境問題を知り、自分たちが地球のためにどんなことができるのか、子どもたちに考えてもらう機会を設けています。活動の一環として、毎月、近隣地域のゴミ拾いを実施していく予定です。


【KBCの「社会につながる人間力」・「12の知恵」を育むプログラム】

キッズベースキャンプでは、将来子どもたちが、自分の生きたい人生を切り開いていくための土台となる力「社会につながる人間力」を、日常プログラムやイベントプログラムを通じて、自分と社会の2軸から「12の知恵」を身につけることで養成していきます。小学生は多感な時期だからこそ、小さな自信を積み重ね、自立心などの「自分軸」や、コミュニティーで揉まれることで自然と身につくコミュニケーション力などの「社会軸」を育てることを大切だと考えます。

※ この他、KBCのプログラム・サービスの詳細については、HP(URL:リンク)をご参照下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事