logo

立教大学経済学部の学生が経済産業省後援の「グローバルキャリア教育プロジェクト」に参加

学校法人立教学院 2013年03月26日 16時54分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年3月26日

立教大学

「日本の食材を使って台湾マーケットを席巻せよ」
立教大学経済学部の学生が経済産業省後援の
「グローバルキャリア教育プロジェクト」に参加
3/30~31 台湾で開催されるSUPER GIRLS FESTAで企画商品を販売

立教大学経済学部(東京都豊島区西池袋3-34-1 総長:吉岡知哉、学部長:池上岳彦)の学生4名が、「日本の食材を使って台湾マーケットを席巻せよ」という課題に取り組む「グローバルキャリア教育プロジェクト」に参加。3月30日から31日までの2日間台湾の台北展演二館(台北市松廉路三号)にて開催される「SUPER GIRLS FESTA 最強美少女盛典」(吉本興業グループ主催)で、学生たちが自ら企画した商品の販売に挑戦します。

「グローバルキャリア教育プロジェクト」は、次世代の日本の産業を担う人材育成にはグローバルな課題に真摯に向き合う機会を学生に提供することが必要であるとの認識の下、立教大学をはじめ6大学が実行委員会を結成し、合同で企画したものです。プロジェクトの企画・運営は株式会社リンクアンドモチベーションが全面サポート、経済産業省が後援しており、産学官連携によるグローバル人材育成の新たな取り組みとして今年から実行されています。

学生は大学混合の5~6名1チームの3班に分かれ、3回の事前研修に参加した上で、「SUPER GIRLS FESTA 最強美少女盛典」での商品販売に臨みます。事前研修では台湾を中心としたアジア圏の歴史や文化からアジア人の趣味・嗜好を想像し、日本の優位性や独自性をどのように具体的な商品として表現するかを議論しました。台湾現地におけるイベント当日は、企画した商品の販売を実践しながら、事前に自分たちが設定した仮説に対しアジア人がどのような反応を見せるのかを検証します。単なる海外での販売体験ではなく、グローバルな舞台でビジネスを遂行していくために必要な感覚を養うことができる教育プログラムとなっています。なお、最も売り上げの多い商品は、台湾TSUJIRI辻利茶屋で販売される予定です。

立教大学経済学部ではキャリア教育の強化に取り組んでおり、その一環として今回のプロジェクトへの参加を決定しました。今後も多様な主体と連携しながらグローバル教育の充実を図っていきたいと考えています。

※参考
「SUPER GIRLS FESTA 最強美少女盛典」公式サイト
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。