logo

結婚式場を決める時、イマドキの親の「口出し」度合いは?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年03月21日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:鬼頭秀彰)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、『ゼクシィ結婚トレンド調査2012』から見えてきた親の関与度に関する分析をお伝えいたします。

▼『親の関与度に関するレポート』はこちら
リンク

▼『ゼクシィ結婚トレンド調査2012首都圏版』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
1.カップルへ、アドバイスや要望をするのは1割程度。
――――――――――――――――――――

『ゼクシィ結婚トレンド調査2012』にて、2011年4月~2012年3月までに結婚式(挙式もしくは披露宴・披露パーティ)を実施した人に、挙式・披露宴・披露パーティ会場を選ぶ際の、親の関与度を聞きました。
「高い関心や興味があった」という親が28.3%であったのに対し、「積極的に情報収集をしていた」親は3.1%しかおらず、カップルへ対して「たくさんのアドバイスや要望があった」という親も13.5%でした。

また、挙式・披露宴・披露パーティ会場を選ぶ際に、「興味・関心はあまりなかった(なかった)」という親は52.7%でした。
半数以上の親が、カップルの選択に任せているようです。

――――――――――――――――――――
2.最もアドバイスや要望をするのは、青森秋田岩手エリア。
――――――――――――――――――――

エリア別で見てみると、結婚式場を選ぶ際に親からの「たくさんのアドバイスや要望があった」と答えたカップルの割合が最も多いエリアは、青森秋田岩手エリアで、21.0%でした。
首都圏エリアより、7.5ポイントも高い結果となっています。

青森秋田岩手エリアは、結婚式の招待客に「親の友人、知人、近所の人」が入る割合が、全国のエリアで最も高いこともあり、親側もアドバイスや要望しやすい環境なのかも知れません。



▼結婚トレンド調査2012『親の関与度に関するレポート』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートマーケティングパートナーズのブライダル事業本部に設置されている調査・研究組織です。
恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“リクルート ブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。


▼『リクルート ブライダル総研』について
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。