logo

トゥービーソフト、韓国大手金融機関「シンハン アイタス(株)の次世代トレーディングシステムのビジネスUXをXPLATFORMにて実現

ビジネスUX市場における韓国No.1ベンダである株式会社トゥービーソフトの日本法人、株式会社トゥービーソフトジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長: 金 永玄 、以下「トゥービーソフトジャパン」)は2013年1月29日に韓国大手金融機関「シンハン アイタス(株)」の次世代トレーディングシステムのビジネスUXをXPLATFORMにて構築したことを発表した。

「シンハン アイタス(株)」は投資信託と投資会社の一般事務管理業務処理および総合資産運用サービスを販売するファンド サービス専門会社です。同社の次世代トレーディング システムである「アイ トレーダー(ai Trader)」は資産運用会社のファンドマネジャーなど機関投資家のためのトレーディング システムです。日々の大量なトレーディング業務を迅速かつ安定的に処理することが何より重要です。多様な顧客資産を統合管理するシステムであるため複雑になりがちな画面遷移をビジネスUXを取り入れ、トゥービーソフトのビジネスUX開発プラットフォーム「XPLATFORM」で開発することで、直観的で生産性が高い画面構成を実現しました。「XPLATFORM」は「アイ トレーダー」の大量なデータトランザクションも安定的且つ高速に処理するUIを構築しました。また、シミュレーション処理やコンプライアンス関連処理、注文・締め切りなど各プロセスに最適化されたUIを実現することによって取り引き失敗などのオペレーション リスクの最小化も実現しています。

「シンハン アイタス(株)」は国内と海外トレーディング システムの統合、事前コンプライアンス機能強化などこれまでの顧客ニーズを積極的に取り入れた今回の新トレーディングシステムにより、国内はもちろん海外市場に対するサービス競争力を強化できると期待しています。

トゥービーソフト国内事業部門チェ・ヨンホ社長は「今回のプロジェクトが機関投資家を対象としたファンド サービスの最大手である「シンハン アイタス(株)」のトレーディング システム構築件であっただけに、先導的な事例を成功させなければならないという責任感が大きかった。」とし、「お客様とのビジネスUXプロジェクトの成果により、性能と安定性、デザインなど全てが最適化されたシステムUIを構築できました。高い運営効率性と利便性を実現させることができました。」と述べています。

■■UX(ユーザ・エクスペリエンス)について
製品やサービスなどを利用した時に得られる体験のことを指します。ユーザインターフェース(UI)や個別の機能や使いやすさのみならず、ユーザが真にやりたいことを楽しく、心地よく実現できるかどうかを重視した概念です。最近では、ビジネス・ユーザ・エクスペリエンス(BUX)のような企業向けアプリケーションでもUXに重点が置かれるようになり、ERP、 CRM、SCM、ビックデータ、モビリティー開発環境においても採用が始まりつつあります。
なお、関連資料として「【第二版】企業向けユーザインタフェース統合ソリューション:ビジネス・ユーザ・エクスペリエンス(BUX)が企業にもたらす価値」を以下のページにて公開しています。
リンク

■■株式会社トゥービーソフトジャパンについて
当社は、韓国の企業向け RIA(リッチインターネットアプリケーション)市場で 50%を超えるシェアを持ち、市場占有率 1 位企業として成長し、2010年KOSDAQ市場に上場いたしました。また、当社のXPLATFORMはサムスン電子、LG 電子、現代自動車、SK テレコム等の標準ツールとして選定され、国内外において現在まで約 1,300社以上のお客様に採用されています。韓国内においては大統領賞、国務総理賞、長官賞等各種受賞歴を持ち、7件の特許を保有しています。 なお、技術力と実績を認められ、グーグルやVMware 社等が招待されたアメリカのモルガン・スタンレーCTO サミットに、韓国企業として初めて招待された企業としても知られています。
リンク

【お問い合わせ】
株式会社トゥービーソフトジャパン 営業担当宛
Mail:sales-j@tobesoft.com
TEL. 03-3541-0364 / FAX. 03-3541-0349

【報道関係者からのお問い合わせ】
株式会社トゥービーソフトジャパン 広報担当:吉政 忠志
Mail:pr-j@tobesoft.com
TEL:080-3079-4441  FAX:03-3541-0349

※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。