logo

◎ポーランドに新オフィスビルをオープン 医療開発業務受託のCROMSOURCE

CROMSOURCE 2013年02月14日 17時02分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ポーランドに新オフィスビルをオープン 医療開発業務受託のCROMSOURCE

AsiaNet 52098
共同JBN 0155(2013.2.14)

【ベローナ(イタリア)2013年2月14日PRN=共同JBN】国際的な総合サービス方式の医療開発業務受託機関(CRO)であるCROMSOURCEは14日、ポーランドのワルシャワに新しいオフィスビルが完成してオープンし、主なサービス業務を配置したと発表した。

CROMSOURCEの最高経営責任者(CEO)、オリアナ・ゼルビーニ医学博士は「ポーランドはCROMSOURCEにとって、1994年の創業以来の中核拠点だった。ポーランドは臨床プロジェクトを請け負う重要な国で、わが社は大規模なチームを置いている。わが社はポーランドをはじめ中東欧諸国で独自の専門技術を持つため、提携先に対しては、高水準のクオリティーとコスト競争力、高い採用環境でプロジェクトを完成する機会を提供している。これは専門家と委託調査員の幅広いネットワークによるところが大きい。彼らとCROMSOURCEは相互信頼に基づいて強力な関係を築いてきた。ワルシャワでの新オフィスの完成と総合的なサービスの再配置によって、ポーランドにおけるプレゼンスを高めるというわが社の長期的プロジェクトの進展を発表できることは喜ばしい」と述べた。

CROMSOURCEポーランド法人のマネジング・ディレクター、ワンダ・マルコウスカ氏は「われわれは2011年、新用地のリースという選択肢を捨て、それに代わってポーランドで拡大するチームを支援するためにワルシャワでの新オフィスビル建設に投資する計画に着手した。このプロジェクトは自社ですべての資金を賄ったが、今では見事に完成し、それもわが社の業務や顧客サービスに支障を与えずに成就したことを報告したい」と語った。

新しいオフィスはワルシャワのジョリボシュ地区に位置し、シティセンターから4キロ(2.5マイル)、ショパン空港からわずか12キロ(7.5マイル)の距離にある。オフィスのスペースは1000平方メートル(1万750平方フィート)を超え、保管や保存のための安全地下室も備えている。ビルには臨床作業や要員派遣ソリューション、人材採用・選考、会計、財務の各部門が入る。多年にわたって開発した標準マニュアルに従って、全グループ組織のインボイスや会計、プロジェクト管理を担当する「フィナンシャル・サービス・センター」も置かれる。

▽CROMSOURCEについて
CROMSOURCEは製薬、バイオテクノロジー、医療機器の各業界向けにアウトソースサービスを提供して高い技術を誇る国際標準化機構(ISO)認定の国際的プロバイダーで、臨床開発、要員派遣のソリューションに特化している。1994年の創業で、顧客の治験プロジェクトを期限内に契約価格以下で提供することを顧客に約束する(End-to-End保証)という独自の方針を採用している。

▽問い合わせ先
Margherita Mosconi
CROMSOURCE
Phone: +39(0)45-8222811
Fax: +39(0)45-8222812

(European Headquarters)
Via Scuderlando, 10
37135 Verona, Italy
リンク

ソース:CROMSOURCE

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事