logo

電通PRとメディア新日中が中国におけるリスクマネジメントモニタリング・レポート開始

株式会社電通パブリックリレーションズ 2013年02月12日 16時10分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2012年2月12日

株式会社電通パブリックリレーションズ
株式会社メディア新日中

電通PRとメディア新日中が共同で中国におけるリスクマネジメント
モニタリング・レポート「CHIMONI(チャイモニ)」開始

株式会社 電通パブリックリレーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:近見竹彦)と株式会社 メディア新日中(本社:神奈川県横浜市、社長:焦楊)は共同で、中国ビジネスを展開する日本企業経営層に向け、現地メディアを通して中国ビジネスのリスクや最新動向を監視し、的確な事業展開をしていく上での指針となる中国情報を提供するサービス「CHIMONI(チャイモニ)」を開始します。

新華網(国営通信社である新華社の公式サイト)が開発したモニタリングシステムを駆使し、新聞、雑誌、ウェブサイトだけでなく、BBSなどのSNSやテレビ番組(テレビ番組のモニターは、インターネット放送と文字情報から情報を収集)までモニターします。この圧倒的な情報量の中から、中国情勢を把握する上で重要な情報をキーワードで集約します。集約された情報は“専門サイト”に自動的に掲載され、毎日更新されます。さらに、それらの情報をもとに、新華網の特約アナリストや中国社会科学院のエコノミスト、中国メディアに精通する専門家の視点で分析を行い、見解をまとめたリスクマネジメント・レポートをウィークリーでお届けします。

昨今の日中関係はかつてない困難な状況にあり、中国でビジネスを展開する経営層は、中国社会・政府の微妙な変化や中国市場の最新動向をタイムリーに把握することで、スピーディーに判断し、慎重に事業を推進することが求められています。「CHIMONI(チャイモニ)」は、中国事業を展開する上で指針となる重要な情報を凝縮したレポーティングサービスです。

本サービスを通して中国関連の質の高い情報をレポートすることはもとより、新華網のオンライン番組(リスク事例解析番組)へのプロモートやテレビ番組へのモニタリングサービスのご提供も可能です。

4大メディア(テレビ、新聞・雑誌、ウェブサイト、ソーシャルメディア)を立体的に活用できるこの「CHIMONI(チャイモニ)」は企業・団体のリスク管理でも活用できます。


【CHIMONI(チャイモニ)の特徴】
(1)情報収集力:新華網が開発した新モニタリングシステムを使用しており、中国屈指の情報量とクオリティを有しています。
中国の新聞、雑誌、テレビ、ウェブサイト、ソーシャルメディアなど、カバーするメディアは中国屈指の数を誇ります。

(2)コンテンツ力:お客様が設定した3つのキーワード(オプションでキーワードの追加も可能です)のモニタリングを毎日行っており、その結果を専門サイト(中国語)上に毎日更新します。そのほか、中国社会動向を知る上で重要なコンテンツは、ウィークリーレポートを日本語で毎週お届けします。

(3)情報分析力:単なる情報の抜粋ではなく、新華網の特約アナリストや国営シンクタンク 中国社会科学院に所属するエコノミスト、または中国のメディアに精通する専門家が、モニタリング結果をもとにプロフェッショナルな分析を行い、レポートの形で提供します。

<株式会社電通パブリックリレーションズについて>
電通PRは、1961年の創立以来、クライアントとステークホルダーの良好な関係を生み出す戦略パートナーとして、国内外の企業・政府・団体のコミュニケーションをサポートしてきました。ソーシャルメディア、デジタル・マーケティングなどで高い専門性を備えたコンサルタントを含む、総勢221名の社員が、マーケティング・コミュニケーションおよびコーポレート・コミュニケーションの領域で、戦略提案からクリエイティブなソリューションの提供までフルラインでサポートします。
詳細は当社のウェブサイトをご覧ください。
   本サイト リンク
   デジタルマイクロサイト リンク

<株式会社 メディア新日中について>
メディア新日中は、日中のビジネスの懸け橋になることをめざし、1997年に設立されました。以来、創業の精神に基づき、日中双方のクライアントに品質の高い情報提供、広告・PR業務、翻訳・通訳、コンサルティングのサービスを提供しております。
詳細はメディア新日中のウェブサイトをご覧ください。 リンク

 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。