logo

ネットワンシステムズ、自社の仮想環境を最新ネットワーク・ファブリック技術を活用した全社共通の仮想基盤へリニューアル


 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下ネットワンシステムズ)は、東京地区データセンターにおける自社の仮想環境を、シスコ社とブロケード社の最新ネットワーク・ファブリック技術を活用した、全社共通の仮想基盤へとリニューアルしました。これは、将来的に東京地区・大阪地区双方のデータセンターを、あたかも一つのものとして、ICTリソースを最大限に有効利用可能な“Active/Activeなデータセンター”として連携させることを視野に入れたものです。

 ネットワンシステムズは2009年から2011年にかけて、全国各拠点に点在していた物理サーバを仮想化によってデータセンターに統合・集約し、TCO(総所有コスト)削減を実現していました。今回のリニューアルでは、この仮想環境を全社共通の仮想基盤に刷新することで、ICTリソースの最適配置による柔軟性・冗長性・運用効率の向上を実現しました。さらに、この設計・構築・運用のノウハウをお客様へと提供することで、データセンター構築事業を加速します。

■ 構成概要図(リニューアル前/リニューアル後)


■ リニューアル前の主な課題
 リニューアル前は、仮想化によって物理サーバの統合・集約が進められたものの、業務システム単位で独立したサイロ型仮想環境が並んでおり、主に以下の課題が発生していました。

業務システムにICTリソースを柔軟に割り当て出来ない
サイロを隔てた別の仮想環境へ仮想サーバを移動できないことから、CPU/メモリ/ディスクなどのICTリソースに余裕がある業務システムと、枯渇している業務システムが発生。

特定の業務システムにおけるネットワーク帯域が不足
社員のアクセスが集中する仮想デスクトップシステムの増設やファイルサーバのデータ量増加に伴い、これらのシステムにおいてネットワーク帯域が不足。

運用体制が複雑化
仮想環境ごとの個別最適の形で運用担当組織とその対象領域が定められており、全体的な視点では非効率に。またバックアップポリシーも、アプリケーションごとの運用方針やストレージの機能に依存しており、業務システムごとに異なる状態。

■ リニューアル効果
 今回のリニューアルで全社共通の仮想基盤を構築することによって、ICTリソースを柔軟に業務システムに割り当てることが可能になりました。ネットワークも10GbEに統一し、かつファブリック型にすることで均一で効率的な帯域の割り当てを実現しています。運用体制については今回の共通仮想基盤に適する形で組織体制を改善し、さらなる運用効率化を図ります。さらに、基盤の柔軟性向上によってICTツールの試験導入が容易となることで、最新ICTの利活用による生産性改善の取り組みを加速し、そのノウハウをお客様に還元します。
 また、今回のリニューアルに合わせて各社とライセンス契約を見直し、TCOを大幅に削減するとともに運用効率を向上する先進ツール群の実験導入を進める予定です。

■ リニューアル後の主な導入機器
 先端技術の構築・運用ノウハウを蓄積するため、データセンターネットワークとして、Cisco Nexus 7000シリーズ/Nexus 5000シリーズ/Nexus 2000シリーズによる「Cisco FabricPath」、および、Brocade VDX 6700シリーズによる「Brocade VCS Fabric」と、2つのネットワーク・ファブリックを構成しています。
 仮想化ソフトはVMware vSphere 5を採用し、サーバは仮想環境に最適なCisco UCS、ストレージはEMC VNX 5700を使用しています。バックアップには重複除外機能を持つEMC DataDomain 640およびEMC Avamarを用いています。


 今後、現在バックアップ用途として使用している大阪地区データセンターを拡張し、仮想環境を導入することで、Active/Standbyのシステムを構築する予定です。さらに、将来的には、東京地区・大阪地区双方のデータセンターを、あたかも一つのものとしてICTリソースを最大限に有効利用可能な“Active/Activeなデータセンター”として連携させることを予定しています。

 ネットワンシステムズは、2012年7月に開設した次世代ICT基盤のデモンストレーション施設「ソリューション・ブリーフィング・センター」において、国内未発売のマルチベンダー製品群を含めて、お客様の環境に即したICT利活用の課題・将来像を提案しています。また、2013年5月に本社オフィスの移転を予定しており、「ICTを利活用した、人を中心とする新しいワークスタイル」を実験・実践します。
 これらの新しい取り組みを具現化するため、自社のデータセンターで先端製品を導入し、設計・構築から運用にわたるノウハウをお客様に提供することで、将来構想と実稼働環境の双方でお客様のICTの利活用を支援します。


<ネットワンシステムズ株式会社について>
ネットワンシステムズ株式会社は、常に国内外の最先端技術動向を見極め、ネットワーク領域とプラットフォーム領域において、自ら検証した製品に高品質な技術サービスを付加することによって、お客様のビジネス成功を目的として、生産性を高め、簡便に利活用できるIT基盤ならびにコミュニケーションシステムを提供している企業です。
技術研究やシステムの稼働検証を行うテクニカルセンター、製品の入出荷検査を行う品質管理センター、遠隔でシステムの監視・運用を行うエキスパートオペレーションセンター(XOC)、技術者教育サービスを提供するネットワークアカデミーなど、グループ全体で充実した事業基盤を保有し、高信頼性・高付加価値ソリューションを提供しています。(設立:1988年2月、売上高:1,576億33百万円〔2012年3月期連結〕)
詳細は www.netone.co.jp をご覧ください。

※NetOneSystems、ロゴはネットワンシステムズ株式会社の登録商標です。その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>
ネットワンシステムズ株式会社 広報・IR室:西田武史
TEL:03-5462-0772 FAX:03-5462-0890 E-mail:media@netone.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。