logo

フォード・ジャパン、エクスプローラー LIMITED EcoBoostを限定100台で発売

フォード・ジャパン・リミテッド 2013年01月25日 16時47分
From Digital PR Platform


フォード・ジャパン・リミテッド(本社:東京都港区虎ノ門4-3ー13、代表取締役社長:森田 俊生)は、フォードのグリーンガソリンエンジン、2.0L EcoBoostエンジンを搭載したモデルに上級装備を追加した「LIMITED EcoBoost」を限定100台で2月2日(土)より全国のフォード販売会社を通じて発売する。

エクスプローラー LIMITED EcoBoostは、好調な販売を続けているFWDのエクスプローラー XLT EcoBoostに、4WDの人気グレード「LIMITED」専用装備を追加したモデルで、エクステリアにデュアルサンルーフやカラードグリル、カラードドアミラーなどを採用し高級感を高め、インテリアには上質なチャコールブラックの本革シートや、12スピーカープレミアムオーディオを採用、さらに運転席、助手席に10wayのパワーシート、シートクーラー、3列目シートにはシートアレンジを容易にするパワーフォールディングシートを装備。より上質で快適なモデルに仕上げられている。

エクスプローラーは、2011年9月にフルモデルチェンジ、2012年2月には2.0L EcoBoostエンジンを搭載した、XLT EcoBoostを追加、2012年の年間の販売は前年比171%を達成するなど好調に推移しているが、そのうちEcoBoostエンジン搭載モデルは約50%を占める。

EcoBoostエンジンは直噴(高圧燃料噴射)、Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)に先進のターボ・テクノロジーを組み合わせ、さらにそれをコントロールモジュールによって最適に制御するエンジンで、同程度のパワーを持つ従来の4.0 V6エンジン搭載モデルと比べて燃費は約25%※改善されており、その優れた燃費性能と動力性能は市場でも高い評価を得ている。

フォード・ジャパンでは、魅力的な限定車を投入することで、さらに幅広いユーザーにエクスプローラーの魅力を訴求できると考えており、好調なエクスプローラーの販売を維持すると同時にフォードのブランド・ポジションの明確化および強化を推進して いきたいと考えている。

※JATA(日本自動車輸送技術協会)による日本仕様の10.15モード測定値での比較

【特別仕様】
エクステリア
・デュアルパネルサンルーフ(フロント電動開閉式)
・ボディカラードフロントグリル
・ボディカラードドアミラー
・パワーリフトゲート

インテリア
・ブラックインテリアカラー(本革シート)
・12スピーカー390Wプレミアムオーディオ
・運転席&助手席10Wayパワーシート
・運転席&助手席シートクーラー
・3列目パワーフォールディング
・運転席シートメモリー
・ステアリングヒーター
・電動アジャスタブルペダル
・ウッド調トリムアクセント
・アンビエントライティングなど

安全装備
・BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)
 走行中、ドアミラーからリアバンパー、さらにリアバンパーから後方約3mまでのドライバーにとって死角となりやすいゾーンに車両がいる場合、ドアミラーのインジケーターでドライバーに警告する。
 また後退時にはCTA(クロス・トラフィック・アラート)として作動、左右から接近する車両があるとドアミラーのインジケーターでドライバーに警告する。


【ボディカラー&インテリアカラー】
ボディカラー:タキシードブラック/ブラックホワイトプラチナム
インテリアカラー:チャコールブラック(本革)


【全国希望小売価格】
4,900,000円


【販売台数】
全国限定 100台


【発売概要】
発売日 2013年2月2日(土)


【全国統一展示会】
2013年2月2日(土)~2013年2月3日(日)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事