logo

スマートハウス 海外進出第一弾 シンガポールでHEMSの事業を開始します

大和ハウス工業株式会社 2013年01月25日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/01/25

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

スマートハウス 海外進出第一弾 
シンガポールでHEMSの事業を開始します

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)が開発した、「ECHONET Lite(エコーネット ライト)」(※1)に対応した「D-HEMS」(※2)が、シンガポール共和国の大手不動産開発会社等(※3)が分譲する高級タワーマンション「ECHELON(エシェロン)」に採用されました。
 「ECHONET Lite」に対応したHEMSが海外で採用されるのは、日本初となります。

 今後当社は、シンガポールの施設管理会社CBM(※4)と連携し、現地の生活スタイルに合わせたHEMSへのカスタマイズを行うとともに、「エシェロン」のマンションギャラリーに設置した「D-HEMS」を活用し、CBMが事業展開しているシンガポール共和国およびアジア各国を中心に販売を行います。
※1.2011年12月に経済産業省より推奨された日本国内でのHEMS構築のための標準通信規格。「ECHONET」は国際標準としても承認されている。(リンク
※2.当社スマートハウス向けに開発したHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)で、住宅内の消費電力を「見える化」する他、蓄電池等の家電・設備機器の制御にも対応。
※3.シンガポール共和国にて環境配慮型のマンションを推進するCity Developments Limited (CDL)と、JV(共同企業体)でHong Leong Holdings Limited、Hong Realty(Private) Limitedが分譲。
CDLは、不動産開発・投資、ホテル経営、施設管理等を展開し、300の子会社・関連会社を保有するシンガポール共和国の不動産開発会社のパイオニア。世界20カ国80地域で事業を展開。1963年創業。
※4.空調・設備機器の施工や保守管理、環境・エネルギー、警備サービス等も含めて、ワンストップで提供する施設管理会社。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。