logo

「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス」が Linuxサーバにも対応

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都港区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックランド、以下 エフセキュア)は、クラウド型サービス「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス (PSB) 」にLinuxサーバの保護を追加した、サービスの提供を開始します。今日のビジネス環境における、業務系システムのサービス停止による影響範囲の重大さに対応しました。

WindowsやMac、Androidからサーバまで、企業が活用するOSの対象にLinuxを追加することにより、単一のサービスソリューションで幅広いプラットフォームを保護することが可能になりました。


Linuxは不特定多数の方から接続を受ける業務系サーバを中心に使用されています。業務系のサービスが悪意のあるプログラムや接続による攻撃を受けた場合、システムが停止することで企業や組織が受ける影響は甚大なものとなります。エフセキュアの「プロテクション サービス ビジネス (PSB) 」は、アンチウイルス対策により、Linuxサーバから重要な情報を外部に送信してしまうような悪意あるプログラムから保護します。さらにファイアウォールで、サービス停止を目的とした悪意を持つ接続から保護します。


また「プロテクション サービス ビジネス (PSB) 」は、クラウド型のサービスであるため、お客様は自社内に管理サーバの設置が不要であり、情報セキュリティ対策のための労力を最小限に留め、本来の業務に集中していただくことが可能になります。


ユーザーにもパートナーにも優しいモデル


「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス (PSB) 」は通常、エフセキュアの販売パートナーを通じて、企業向けに販売されます。ラップトップ、デスクトップ、スマートフォン、タブレット、電子メールおよびファイルサーバ向けの保護を包括的に実施できます。今回追加となったLinuxの保護では、Redhat、CentOS、Debian、SUSE、Turbolinux、Asianuxという幅広いディストリビューションを対象にしています。


「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス (PSB) 」は、単なるテクノロジやソフトウェアではなく、セキュリティサービスを簡便かつローコストで導入したいと考えている、ITリソースや投資に制限のある中小中堅企業に理想的な製品です。また販売パートナーは独自のブランドでの展開やリセラーを通しての販売が可能であり、ビジネスの展開が容易なライセンスモデルを採用しています。


製品詳細情報
リンク


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


エフセキュア株式会社 会社概要

リンク

エフセキュアは、IT先進国フィンランドで1988年に設立されて以来、23年にわたりセキュリティ製品に取り組んでいる業界の先駆者で、世界規模でセキュリティサービスを提供しています。1999年にOMXヘルシンキ証券取引所に上場し、以来、順調に成長を続けている株式公開企業のひとつです。


エフセキュア株式会社は、エフセキュア社100%出資の現地法人として設立され、以降、増収を続けながら順調に企業規模を拡大しており、2009年5月に日本法人設立満10周年を迎えました。


会 社 名: エフセキュア株式会社
カントリーマネージャ: アリエン・ヴァン・ブロックランド
所 在 地: 〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 6F
設  立: 1999年5月
事業内容: セキュリティ関連製品・サービスの販売およびサポート


本件に関するお問合せ先
エフセキュア株式会社
マーケティング部
Tel: 03-5545-8942  Fax: 03-5545-8945
Email: japan@f-secure.co.jp
〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館 6F
URL: リンク
Blog: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事