logo

ネットワンシステムズ、AMD社の業界最高クラスの省電力・省スペース型データセンター向け新マイクロサーバ「SeaMicro SM15000」シリーズを販売開始


 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下ネットワンシステムズ)は、AMD社/Intel社の次世代アーキテクチャの低消費電力モデルプロセッサを搭載することでさらなる省電力・高性能化を実現した、AMD社の省電力・省スペース型データセンター向け新マイクロサーバ「SeaMicro SM15000」シリーズを、本日より販売開始します。
 「SeaMicro SM15000」シリーズの主な販売対象は、電力とスペースの問題を抱えるデータセンター事業者やクラウドサービス事業者、そしてプライベートクラウドを所有する大規模企業・組織です。売上目標は3年間でSeaMicroシリーズ合計で20億円です。

 「SeaMicro SM15000」シリーズは、2012年のAMD社によるSeaMicro社買収後の初の製品群であり、高さがわずか10RU(約44.5cm)のシャーシの中に、256~512のプロセッサコア、最大4TBのメモリ、ストレージ、スイッチ機能、負荷分散機能、サーバ管理機能といった、データセンターに必要な機能を集約して搭載しています。これによって、同程度の性能のCPUを搭載したラックマウント型サーバと比べて、消費電力を1/2に、設置スペースを1/3に削減するとともに、12倍のネットワーク帯域を提供します。
 さらに、今回新たにVMware仮想環境および最大5ペタバイトの専用外部ストレージ接続に対応したことによって、「SeaMicro SM15000」1台だけでクラウド型データセンター化する「Cloud in A Box」や、仮想アプライアンス群を集約する「Virtual Appliance in A Box」として活用することが可能です。

【製品モデル:SM15000-OP】
・搭載プロセッサ:AMD Opteron EE-4365 (2.0/2.3/2.8GHz, 8コア, TDP 40W)
・搭載個数:64個
・プロセッサアーキテクチャ:Piledriver
・搭載メモリ(1CPU Socketあたり):ECC DRAM 8~64GB
・合計コア数:512
・平均消費電力:3.2 kW
・最小構成価格(税込):2,840万円~

【製品モデル:SM15000-XN】
・搭載プロセッサ:Intel Xeon E3-1265Lv2 (2.5/3.1/3.5GHz, 4コア, TDP 45W)
・搭載個数:64個
・プロセッサアーキテクチャ:Ivy Bridge
・搭載メモリ(1CPU Socketあたり):ECC DRAM 8~32GB
・合計コア数: 256
・平均消費電力:3.2 kW
・最小構成価格(税込):3,660万円~

【製品モデル:SM15000-XE】
・搭載プロセッサ:Intel Xeon E3-1260L (2.4/2.5/3.3GHz, 4コア, TDP 45W)
・搭載個数:64個
・プロセッサアーキテクチャ:Sandy Bridge
・搭載メモリ(1CPU Socketあたり):ECC DRAM 8~32GB
・合計コア数: 256
・平均消費電力:3.2 kW
・最小構成価格(税込):3,170万円~

【製品モデル:SM15000-64】
・搭載プロセッサ: Intel Atom N570 (1.66GHz, 2コア, TDP 8.5W)
・搭載個数:256個
・プロセッサアーキテクチャ:-
・搭載メモリ(1CPU Socketあたり):None ECC DRAM 4GB
・合計コア数: 512
・平均消費電力:3.2 kW
・最小構成価格(税込):3,060万円~

 「SeaMicro SM15000」シリーズの劇的な省電力・省スペース・低遅延・高帯域は、独自開発の「Freedom Fabric ASIC」により、I/O仮想化機能およびTIO(Turn It Off)機能を実装することによって実現されています。I/O仮想化機能によって、マザーボード上のCPU、メモリ、ASIC以外の部品を90%削減することでマザーボードを大幅にコンパクトにし、消費電力およびコストも削減しています。また、TIO(Turn It Off)機能によって、使用していないCPUとチップセットの機能を止めることができ、さらなる省電力化を実現しています。さらに、これらのマザーボード同士は「Freedom Fabric ASIC」によって、1.2テラビット/秒で高速かつ低遅延で相互接続されています。


<ネットワンシステムズ株式会社について>
ネットワンシステムズ株式会社は、常に国内外の最先端技術動向を見極め、ネットワーク領域とプラットフォーム領域において、自ら検証した製品に高品質な技術サービスを付加することによって、お客様のビジネス成功を目的として、生産性を高め、簡便に利活用できるIT基盤ならびにコミュニケーションシステムを提供している企業です。
技術研究やシステムの稼働検証を行うテクニカルセンター、製品の入出荷検査を行う品質管理センター、遠隔でシステムの監視・運用を行うエキスパートオペレーションセンター(XOC)、技術者教育サービスを提供するネットワークアカデミーなど、グループ全体で充実した事業基盤を保有し、高信頼性・高付加価値ソリューションを提供しています。(設立:1988年2月、売上高:1,576億33百万円〔2012年3月期連結〕)
詳細は www.netone.co.jp をご覧ください。

※NetOneSystems、ロゴはネットワンシステムズ株式会社の登録商標です。
その他の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>
ネットワンシステムズ株式会社 広報・IR室:西田武史
TEL:03-5462-0772 FAX:03-5462-0890 E-mail:media@netone.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。