logo

OKI、2013年 OKI社長 川崎秀一 年頭挨拶(抜粋)

Tokyo, Jan 7, 2013 - ( JCN Newswire ) - OKIの川崎秀一社長は本日、2013年社長年頭挨拶を行いました。抜粋は以下のとおりです。

明けましておめでとうございます。

昨年は、ノーベル賞受賞、東京スカイツリー開業など、日本の技術力の高さを再認識した年でした。我々日本のメーカーは、今もなお高い技術力と、モノづくり力を持っています。この力を源泉とする日本流経営の良さをもう一度認識し、自信を持って、グローバル化したマーケットに適応することで、ニッポン発の明るい世界を築くことができると考えています。

2013年は、中期経営計画の最終年度となる「真剣勝負」の年です。OKIグループが取り組む 「グローバル市場への展開」「お客様の『持たない経営』の支援」「スマート社会を実現する新事業の創出」においても、成果が出始めています。最後まで気を緩めることなく、「真剣勝負」をすることで、しっかり、やり抜く年にして行こうではありませんか。目標達成に向けて、各部門それぞれが事業に対する強い執念をもって、決して諦めない姿勢で、粘り強く活動していってください。

OKIは昨年、スペイン子会社の問題により、ステークホルダーの皆さんに多くのご迷惑とご心配をおかけしました。全ての役員・従業員一人ひとりが、日々の業務のあらゆる面において、「法令の 遵守は勿論のこと、社会的良識をもって、誠実かつ健全な企業活動を行う」ことを肝に銘じ、コンプライアンスの観点から業務のやり方を見直し、実際に行動していかなければなりません。

その為には、全社のコミュニケーションを活性化させることが大事で、「言う、言える、聞く」風土への改革を実施します。そして、このことは「真剣勝負」に勝つための、組織としての力を強めることにも繋がるはずです。このような風土を作り上げ、私を先頭にOKIグループ全員が一丸となって、2013年という新しい年に挑戦していきましょう。決して諦めず、ブレずに一歩一歩確実に行動していけば、必ず明るい未来が拓けていきます。

最後になりましたが、今年も、社員の皆さん一人ひとりが、ご家族の皆様と共に、ご健康とご多幸であられることを心から祈念しまして、私の年頭の挨拶とさせていただきます。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 田中
電話 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事